Author: 銚子円卓会議 (page 1 of 9)

銚子市が主催する総合計画策定「市民ワークショップ」が開催されます!

同じまちで暮らしていても、知らない人ってたくさんいます。

誰もが日常に追われ、自分自身の日々の充実を目指すことで精一杯。

本を読んだり、音楽を聴きながら、自由に想像の世界を旅していた時間も、SNSの世界に縛られ、「知らない誰かの日常」への想像の幅が、ずいぶん狭くなっているように感じます。

全く知らない人が、実は同じお店で買い物をしていたり、あの店のあの味が好きだったり・・・。
同じ空の下で、同じものを見ているのに、全く違う想いを抱いていたり・・・。


銚子円卓会議では、さまざまなつながりは、地域のより良い「あした」の土台になると信じて、人が出会う場「まちづくりワークショップ」を開催してきました。
多世代、異業種の出会いの時間は、発見と希望を紡ぐ大切な時間になりました。
(ぜひ過去の投稿や、銚子円卓会議HPから会場の雰囲気や詳細をご覧ください!)

今年度、銚子市が主催する「市民ワークショップ」で求められているのは、このまちに生まれた子供たちが、このまちで育っていく姿を想像することなのでは?と思います。

今を生きるさまざまな世代、一人ひとりが想像してみる、意見を交わしてみる、驚いてみる、悩んでみる。
そのプロセスがすべて、まだ見ぬ次の世代へのメッセージになるはずです。

まちづくりワークショップに参加していた方も、ワークショップって何?という方も「参加」してみませんか?

総合計画策定「市民ワークショップ」
第1回 市民ワークショップ
■ 日時:2017年6月23日(金)19:00~21:00
■ 場所:銚子市保健福祉センター すこやかな学びの城 2階 会議室
■ 内容:〇第一部 講演「総合計画と市民参加」
    〇第二部 グループワーク テーマ”10年後の銚子市”
    発表・講評
■ 申し込み方法など詳細はこちらから!http://www.city.choshi.chiba.jp/sisei/housin/2017-0623-workshop.html

銚子円卓会議は、総合計画策定のための「市民ワークショップ」開催に協力しています♪

銚子警察署「☆を逃がすな!」6月第1回 警察官募集&犯罪被害者支援活動

6月最初の☆を逃がすな!は、警務課 本木課長がご担当くださいました!

3月に赴任され3か月。
スポーツ万能で、身のこなしもスマート。
4歳になる孫娘さんがいらっしゃるとは驚きです。お孫さんがいつでも一緒にお買い物に行きたがるカッコイイおじいちゃんを目指していらっしゃるそうで、なるほど、納得です。(^-^)

さてそんな本木課長から、はじめに警察業務の各課のお仕事や、普段なかなか市民には見えない大切なお仕事についてうかがいました。

テレビでも、このラジオでもおなじみの交通課や生活安全課、警備課などは、お仕事の内容もおよそイメージできますし、その存在が見えることで体感治安があがる効果も理解できます。しかし裏方となる警務課のお仕事は少し想像してみないと見えてこない業務です。

今回は、改めて警察官募集の件と、犯罪被害者支援活動についてご紹介をいただきました。

警察官の募集に関しまして、すでに1回目の募集は終了しておりますが、2回目の募集が7月4日から8月10日まで行われるそうです。
「頼れる・誇れる・思いやりのある警察官」を育てていきたいという本木課長の言葉は、市民にとってもうれしく感じられるものです。

また犯罪被害者支援活動に関してですが、銚子地区犯罪被害者支援連絡協議会が設置されており、3月にも会議が開催されているそうです。
犯罪被害者支援は、一警察単位だけでなく、広域な支援も各警察署が協力して行っているそうです。

見えないけれども、確かにあるということは、安全の条件です。そして弛まぬ安全への努力と工夫が、安心を約束してくれることを感じます。

音声はこちらから!
https://youtu.be/vqjBvrHVhqk

「この指とまれ!プロジェクト」寄付報告vol.5

平成28年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付報告が届いています!
それぞれ順番に報告させて頂きます。

プロジェクト名:月と海のグリーンマーケットin銚子
団体名:月と海

〇寄付金について
チラシ&ポスター印刷代として、昨年の12月は17,800円かかりました。
今回の寄付金は、このイベントを広くお伝えするための宣伝費に活用させて頂きたいと思います。
今後も目標金額まで活動を充実しながら継続し、宣伝費に活用したいと考えています。

〇寄付者の皆様へ
この度は沢山の寄付を頂きまして、有難うございます。
このイベントは、オーガニックや無添加の農産物や食加工品、オーガニックや天然素材の雑貨、食やその他の様々なワークショップ、そしてキッズコーナーもございますので、小さなお子さん連れの方はもちろん幅広い年代の方に楽しんで頂けるイベントです。
そして、少しでも皆様の健康に役立てる事が出来ればと思い企画・運営に励んでいます。
皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

「この指とまれ!プロジェクト」寄付報告vol.4

平成28年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付報告が届いています!
それぞれ順番に報告させて頂きます。

プロジェクト名:てうしの歴史を調べよう!
団体名:銚子郷土史談会

○寄付金について
 市の事業仕分により、研究家の講話をきくことがむずかしくなっているため、講師講演料として6回分3万円が目標です。
 市の総合計画や、しごと・ひと・まち創生総合戦略、ジオパーク等でも歴史が重要だといわれているので、地域通貨「すきくるスター」を活用して「協働によるまちづくり」、歴史を使ったまちづくりに協力していきたいです。

○寄付者の皆様へ
 親睦・研修の輪を広げ、ふるさとてうしを調べています。
 私達、銚子市郷土史談会は、郷土の歴史、文化財について学ぶために、毎月例会をもち、会員相互の研究調査発表や研究家の講話をもとに、座談会や現地見学などを行っています。
 会員の研究調査の主なものは、郷土史・史跡・文化財・民話・伝説・伝統行事や信仰・産業や文化の発展に尽くした人々などです。
 郷土に関する知識を高めようとするものです。
 日本遺産となった磯めぐりや寺社について、今年は研究していく予定です。
 どうぞよろしくお願いします。

○参考資料等
 銚子の歴史と伝説
 続 銚子の歴史と伝説

「この指とまれ!プロジェクト」寄付報告vol.3

平成28年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付報告が届いています!
それぞれ順番に報告させて頂きます。

プロジェクト名:銚子の海を知ろう!感じよう!
団体名:(有)銚子海洋研究所

○寄付金について
 プロジェクト名「銚子の海を知ろう!感じよう!」ということで海に囲まれた地元銚子の子供達でも、船に乗って海から銚子を見たことがない、そもそも船に乗ったこともないという声を多く聞きました。
そこでもっと多くの子供達に海を感じてもらいたい!と小学生無料乗船を始めました。
以前は無償だった体験乗船も、今はこのプロジェクトに参加させて頂き、皆様から頂いた貴重な寄付金を船に係わる経費として使わせて頂いております。

○寄付者の皆様へ
 この度は、貴重なご寄付を頂き、誠にありがとうございました。
頂いた寄付を活用し、今年度も小学生対象の体験乗船を実施致します。
その時は小学生の皆さん、ぜひ乗船して頂き、海から見る銚子、海の生物たちを実際に自分達の目で見てたくさんのことを感じて頂ければと思います。

「この指とまれ!プロジェクト」寄付報告vol.2

平成28年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付報告が届いています!
それぞれ順番に報告させて頂きます。

プロジェクト名:郷土の太鼓でまちを元気に!
団体名:銚子はね太鼓保存会

○寄付金について
 皆様のお陰で太鼓を修理し、多くの子供たちが練習できるようになりました。
その元気な姿は、多くのメディアで取り上げていただきました。
3月はフジテレビの「千葉からの贈り物」で、4月は千葉テレビ「熱血BO-SO-TV」で、5月はテレビ朝日「じゅん散歩」で、地域の話題と一緒に太鼓を打つ元気な子供たちの姿が放送され、多くの方に楽しんでいただけました。

○寄付者の皆様へ
 これまでご支援くださりありがとうございました。
皆様の応援により多くの場で郷土の太鼓をうつための活力をいただきました。
1月の初日の出行事に始まり、ゴールデンウィークのウォッセ和太鼓まつり、夏の祭りや老人ホームの慰問、秋はハーフマラソンや農水産まつりなど地元の催しの他、日本一の成田太鼓祭や伊勢神宮日本太鼓祭、福島飯坂温太鼓まつりなど全国各地の催しに呼んでいただき、多くの方に見ていただき、銚子の宣伝もして来ました。
皆様の応援の気持ちを大切にし、今後も郷土の太鼓の継承と普及、また地域のPRに励んでいきたいと思います。

「この指とまれ!プロジェクト」寄付報告vol.1

平成28年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付報告が届いています!
それぞれ順番に報告させて頂きます。

プロジェクト名:花を植えよう!
団体名:ナルク銚子拠点「くろしお」

 昨年12月初旬、地球展望館下の「ふれあい広場」に花を植えました。

花苗   500本 @60円     30000円
草刈り機 替え刃@650×4枚×5人  13000円
燃料代他              9500円
合計 52500円
(ほかの団体と合わせて花苗は1000本植えました。)

○寄付者の皆様へ
 私たちは高齢者の助け合いクラブです。
第2の人生を有意義にと思い種々の活動に参画しています。
来銚する観光客が大勢立ち寄る地球展望館周辺を気持ちよく散策していただけるように、他の団体と協力して整備し、花植え・草刈りなどを実施し銚子観光のイメージアップに少しでも貢献できればと思っています。
頂いた寄付金は花植えや草刈り機の燃料・替え刃等の消耗品の購入に利用させていただいております。
ご寄付を頂いたおかげで、パンジーの花が観光客の目を楽しませることができたと思っています。
 いつも私たちの活動にご理解を頂きありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

平成29年度 「この指とまれ!プロジェクト」について

こんにちは!
おとなインターンの邊見早織です!

6月に入りましたが、まだまだ過ごしやすくお天気の良い日が多いですね!
梅雨の気配も少しずつ感じますが、これからのじめじめした空気に負けず、明るく元気に過ごしましょう☆

さて、本日は平成29年度の「この指とまれ!プロジェクト」についてお知らせです。
平成29年度「この指とまれ!プロジェクト」の寄付先登録手続きが順次進んでいます。
今年度は、昨年ご登録頂いた団体の他に、もう1団体申請を頂きました。
只今審査委員会にて審査中ですので、来週には皆様に発表できることと思います。
楽しみにしていてくださいね!

今年度も、地域通貨「すきくるスター」で支えられる地域活動・団体へ、ぜひ皆様のご理解・ご協力をよろしくお願い致します!

銚子警察署「☆を逃がすな!」5月第2回:「高齢者講習制度の変更・海水浴での注意事項について」

皆さんこんにちは!
5月後半の銚子警察ラジオ「☆を逃がすな!」
前回に引き続き、本日もおとなインターンの邊見が投稿させて頂きます♪
あっという間に5月も終盤です。
暑い日が増えてきて、少しずつ夏を感じますね。
本日も気持ちのよいお天気でした!

担当は、銚子警察署移動交番の皆さんです。
主任の岩瀬さん、相談員の小林さん、さらに今回は新メンバーの飯嶋さんをお迎えしてお送りしました。
パーソナリティはBeCOMの西田です。

移動交番は、千葉県内の各警察署に配備されている移動する交番です。
地域の実情に沿った犯罪抑止活動や情報発信活動を展開していくために開設されます。
移動交番の開設の要望は、2ヶ月以上前に銚子警察署地域課で要望を受け付けているそうです。

そんな移動交番の皆さんから、2つのお話がありました。

1つ目は、「高齢者講習制度の変更」についてです。
70歳以上の高齢運転者の方は免許証の更新の際、高齢者講習が必要です。
この講習時間が、75歳未満の方は3時間から2時間に変更となります。
有効期間の切れる約6ヶ月前に案内が届くそうなので、ご確認をお願いします。
また75歳以上の方は、高齢者講習を受講する前に認知機能検査を行わなければなりませんが、検査の結果により専門医師による診断書の提出、もしくは高齢者講習(2時間または3時間講習のいずれか)の受講が必要になります。
診断書で認知症と判断された場合は、免許証の取り消し・停止等処分の対象となります。
認知症のおそれがない方は3時間の高齢者講習を受講することになります。
さらに、75歳以上の高齢運転者が、認知機能の低下により行われやすい信号無視や、止まらなければいけない場所で止まらない指定場所一時不停止など18項目の違反をした場合、臨時認知機能検査を受け、結果、診断書提出や臨時高齢者講習を受講する制度が導入されるということです。
自分は大丈夫と決め付けず、ご家族や周りの方々、そしてご自身の安全を確保するため、対象の方はしっかりと確認するようにしましょう。

2つ目は海水浴場での注意事項です。
・遊泳禁止場所で絶対に泳がない。
・お酒を飲んだり二日酔いの状態で海に入らない。
・親御さんはお子さんから目をはなさない。
・無茶をしない。
・監視員の指示は必ず聞く。

また、自動車泥棒や車上荒らしにも注意するようにとのことです。
・必ず窓ガラスを閉めてエンジンキーを抜き、ドアロックをする。
・警報装置やハンドルロックなどを活用し、対策をする。
・車内に、小銭・バッグ等、貴重品を外から見えるように無造作におかない。

海開きの期間は臨時に銚子マリーナ海水浴場でも移動交番を開設するとのことなので、移動交番をみかけたり、困ったことがあったりしたら是非立ち寄ってみてください。
ルールや注意を守って、楽しい海水浴シーズンにしたいですね!

最後には警察官募集についてお知らせがありました!
7月4日から8月10日までの募集だそうです。
今年は募集の人数がとても多いとのことなので、興味がある方はぜひ千葉県警を受験してみてはいかがでしょうか。

夏に向けて、開放的な気持ちになっていくことと思いますが、マナーや自己防衛は常に様々な楽しみと一体となっていることを忘れてはいけないなと感じるお話でした。
皆さんも、ご家族やお友達と楽しい計画を立てる際、ぜひ参考にしてください☆

※↓こちらから放送をお聞き頂けます。

【おとなインターン 邊見】

銚子警察署「☆を逃がすな!」5月第1回:「電話de詐欺・110番通報・警察官の職務質問について」

はじめまして!
本日はおとなインターンの邊見が投稿させて頂きます!

5月前半の銚子警察ラジオ「☆を逃がすな!」
放送日はあいにくの雨でしたが、GW連休中には晴れている日が多く、だいぶ暖かい気候になって過ごしやすくなりましたね!
銚子も多くの人であふれていました。

担当は、銚子警察署 渡辺地域課長と澤田裕江さん(銚子大洋教習所 代表取締役社長)です。

渡辺地域課長から、3つのお話がありました。
1つ目は、「電話de詐欺」について。
近頃、高齢者を狙った「電話de詐欺」が銚子警察署管内でも発生しているといいます。
郵便局員や警察官を語ってキャッシュカードを騙し取ろうとしたり、息子や孫になりすましてお金を振り込ませようとしたり、市役所の職員のふりをして医療費の還付金があるなどいってATMへ誘導しお金を振り込ませようとしたり…
とても様々な手口で言葉巧みに詐欺を行うそうです。
もしそのような電話があっても、お金の話があったらおかしいと思い、1人で慌てず必ず家族に確認をすることが大切だといいます。
警察官がキャッシュカードや通帳を直接取りにくることはないので、そのような電話の場合も名前と警察署を聞いて確認をしてもらいたいとのことでした。

さらに2つ目は「110番通報」について。
110番通報は緊急電話なので、緊急性のない問い合わせは最寄りの警察署にお願いしたいとのことです。
ただ、事件や事故にあったとき、見たり聞いたりしたときは躊躇せずとにかく早く110番通報してほしいというお話もありました。
事件などの犯人を捕まえるためには、110番通報への市民の理解と協力も大切なんですね。

そして3つ目は「警察官の職務質問」について。
職務質問は、犯罪が発生した場合や不審な人物を見かけた時以外にも、防犯指導のために市民に声をかけることもあるそうです。
私たちが暮らす銚子を安心安全で住みやすい地域にするため、こういった職務質問にも快く協力して1人1人が防犯意識を持つことが大切です。

これからどんどん暖かくなって人の動きも多くなる季節です。
本日のお話を覚えておくと、もし何かあったときに役に立つと思いました。
私もこれまで知っているようで詳しくは知らなかったお話がたくさんあり、とても勉強になりました。
皆さんにとっても、生活の中で防犯を意識をするきっかけになるといいなと思います!

※↓こちらから放送をお聞き頂けます。

【おとなインターン 邊見】

Older posts