Author: 銚子円卓会議 (page 1 of 22)

横浜国立大経営学部「マーケティングプラクティス」報告

横浜国立大学、前期の選択授業「マーケティングプラクティス」の講師、NPO法人ETIC.の伊藤淳司さんからのお声がけで、テーマ設計やフィールドワークなど環境支援等、コーディネートさせていただきました。

以前、銚子でのフィールドワークの様子をこちらのブログでも紹介しましたが、昨日はいよいよ最終報告ということで、大学にお邪魔しました。

大学が駅から案外遠い!大学の敷地が広い!
そしてカメラが気になる今回のお題提供企業 根本商店さん(笑)

ETIC.インターンの廣部さんと講義室へ。


フィードバック用紙。


評価項目を改めてじっくりと確認。

いよいよ根本商店チームの発表です。


4人で分担しながら、丁寧に提案に至る背景とプロセスを発表。


銚子で行っているDELKUIインターンとは異なり、4人1チームで1企業を担当しますので、成果を出すためにはチームワークがとても重要。
授業終了後のこの笑顔が、達成感と充実感を表わしています!

さて、肝心の発表内容ですが、以下の資料からどうぞじっくりとごらんください。
週1回 約4か月の授業。たかが、されど、です。
プレゼン資料がきれいでとても見やすかったですし、発表の仕方、話し方も◎でした。

コメの実-最終発表-2

参考資料:その他アクション-詳細-1(PDF)

お題企業の根本さんですが、最初からとても熱心に学生さんと向き合い、学生さんの学びに良質の刺激を与え続けてくれました。
「こうしたい」というご自身の意志を明確に示しながら、学生が当初つかみきれなかった商品への理解を少しずつ深められるよう、根本さんの想いとのギャップを埋めるための「問い」を辛抱強く繰り返してくださいました。
営業活動の場面に学生さんを同行くださったり、メッセージグループやZOOMを活用したオンラインでのやりとりにも積極的に時間を多く割いてくださり頭が下がります。本当にありがとうございました。

大学生の皆さん、大学関係者、企業の皆様。
銚子には、出る杭を伸ばす風土があります!
「学びたい。」「学ばせたい。」「成長を実感できる機会を。」
ぜひ銚子円卓会議事務局までご連絡ください。
プロジェクト設計や環境支援などコーディネートいたします。

おまけ♫
チームメンバーのひとり、永田ミユキさんが横国ミスコンに参加中!
応援よろしくお願いいたします(^^)

【事務局_B】

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!7月「子どもと女性の被害を防止しよう!」生活安全課

銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」7月は、「子供や女性の被害を防止しよう!」をテーマに生活安全課の吉原課長にお話しをおうかがいしました。

番組の前後の雑談の中でもっとも印象的だったことは、「夏休み中、どうしたら子供たちが犯罪に巻き込まれず、元気に過ごすことができるか?それがとにかく一番気がかり。」と課長が繰り返し子供たちへの想いを口にされていることでした。

「子育て施策」というと、どうしても目に見えるもの、直接的なものが話題になりがちですが、実際には目には見えない良質の取り組みがたくさんあることに改めて気づかされます。

現在、銚子警察署では市内各団体組織との積極的な連携を進めているそうです。
細やかな連絡体制がスムースな対応を生み出し「安心」「安全」につながっていくと思います。

市民一人ひとりも防犯意識を高めながら子供達の成長を見守りたいですね。

さて、番組の内容をちょっと先にご紹介♬

・子供たちに絶対覚えてほしい「いかのおすし」って?
・不審者に注意!「はちみつじまん」
・特に女性に意識してほしい「あおぼーし」

ユニークな合言葉は覚えやすいですし、思い出して確認しやすいと思います。
防犯対策は、一人ひとりの意識と行動から、ですね!

さてさて上の3つの合言葉。それぞれどんな注意点かわかりますか?

「いかのおすし」=危険を回避する合言葉
いか・・・ついて「いか」ない
の・・・知らない車には「の」らない
お・・・「お」お声=大声を出す
す・・・「す」ぐ逃げる
し・・・「し」らせる

「はちみつじまん」=不審者を見分ける合言葉
は・・・話しかけてくる
ち・・・近づいてくる
み・・・見つめてくる
つ・・・ついてくる
じ・・・じっとしている
ま・・・待っている
ん・・・ん? ←これ大事!ん?と感じたら、ちゃんと疑ってみる

「あおぼーし」=主に女性の被害防止
あ・・・歩きスマホはやめましょう!
お・・・大声を出しましょう!&遅くなったら迎えかタクシーを!
ぼ・・・防犯グッズを活用しましょう!
|・・・エスカレーターやエレベーターでは周囲を警戒
し・・・下着は室内に干しましょう!

それぞれ、なるほど納得&興味深いです。

さて、日ごろ気になることがあっても、なかなか警察署には連絡しにくいと思われる方は少なくないと思います。
しかし実際のところ、警察の皆さんはとても気さくな方ばかり。
小さな「ん?気になる」を、後ではなく今伝えることも大切な防犯活動です!

どうぞよろしくお願いいたします!

地方創生インターンシップDELKUI3期生_企業向け説明会に関して

銚子円卓会議では、多様なまちづくりの主体が連携し、人、企業、地域が共にそれぞれの成長を目指す「実践型=プロジェクト設計型インターンシップ事業DELKUI(デルクイ)」に取り組んでいます。

具体的には、企業経営者がもつ将来の事業アイディアや、通常業務の中では忙しくてなかなか取り組めない課題について、専門性を有するコーディネートチームが企業とともに実現・解決への仮説をプロジェクトとして設定し、域内外の大学生が企業のインターン生となり、その検証を行っていくものです。

挑戦する人材の受け入れ、育み、活用を通して、短期的には、各企業の仮説検証が進み、地域に新たな学びの機会が生まれることや関係人口が増えることを成果ととらえながら、長期的な視点では、多世代・多分野の人々の関り合いや豊かな対話が根付き、各々のキャリア形成を支えることができる地域へ成長したいと考えています。

本説明会は、次世代の成長を促す人材育成事業であり、企業と地域が協働で成果を模索する地域力向上事業であるDELKUI(デルクイ)の「実際的な成果は?」「企業の負担は?」「具体的なスケジュールは?」「どんな学生がくる?」「地域はどう変化するか?」など詳細につきまして、全国各地に数多くの実践事例をもつ専門家や、地元受け入れ企業の皆様のご意見ご感想を共有いただける内容となります。

市内、近隣の企業、事業者の皆様をはじめ、どなたでもご参加いただけます。
どうぞお気軽にお越しください。

<お申込みに関して>
企業名、参加者(代表者・役職)・人数、住所、連絡先電話番号を記載し、以下のアドレスからご連絡ください。
メール:info@choshientaku.com

〇FANFUNブログのカテゴリー「学生・おとなインターンシップ」から、実際の様子、学生が作成した資料や、企業からのコメントなどを詳しく掲載しています!ぜひご覧ください。

☆彡探しています! インターン生が生活する 住居を探しています。貸出可能な空き家 等お持ちの方、 ホームステイ をご検討いただける方、住宅宿泊事業(民泊)の届出をされている方などの 他、 インターン生の生活支援 にご協力いただける方からの情報、ご連絡をお待ちしております 。

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!6月「絶対!交通安全!!」交通課

今月の銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」は、宮内交通課長にお話しをいただきました!
パーソナリティは澤田裕江さん(銚子大洋自動車教習所 社長)

さて「銚子市内の上半期の事故発生状況」は?

今年1月から5月末までの交通人身事故については65件の発生で前年に比べ9件、率にして約16%も増加しているそうです。

死亡事故は3件発生、3名の方の尊い命が犠牲になっており、非常に厳しい状況であると言えます。

事故の特徴として
1 死亡事故のすべてが車と歩行者の関係する事故である
2 交差点、交差点付近での事故が増加傾向にある
3 高齢者の関係する事故が多発している
という3点があげられるそうです。

漫然とした運転、無理な横断。。
どちらも避けられるはずです。

また、駅前や国道などの主要道路の交差点や交差点付近は、特に車や自転車、歩行者の交通量が多く、意識的に気を引き締めていくことが必要ですね!
警察でも協力団体と連携して、該当監視やパトロール、指導取締の強化をはかってくれているそうです。

そして気になる高齢者が関係する事故が多発。。。。
運転に関しての課題は、宮内交通課長も、澤田社長も、十二分に課題として実感され、さらにその解決に向けて具体的なご努力もされていらっしゃいます。

今回の放送では、リスナーの皆さんへのメッセージとお願いを2つお話くださいました。

ひとつは、行動について。
「横断歩道のない道路を横断することは、絶対にやめてください!!!」

そう、ちょっとだからね、というその気持ちがダメ、絶対。
車やほかの歩行者に、早く自分の所在を認識してもらうことが重要でもありますね。
目立つ服装、反射材を利用したものを身につけるなどの工夫も大事とのことです。

そしてもうひとつは、こんなうれしい提案。
「交通安全講話します!!!ぜひ銚子警察署交通課へご連絡ください!!!」

わかりやすく面白く交通安全を伝えてくれるので、ぜひ参加、または企画してみてください!

さて関連してもうひとつ、素敵なプロジェクトのご案内です。
それは「ひまわり絆プロジェクト」

平成23年に交通事故により命を奪われた4歳の男の子の事件がきっかけとなり、そのご両親や事件を担当していた警察官の「交通事故をなくしたい!」という思いから生まれたプロジェクトだそうです。

「 ひまわりの絆プロジェクト|千葉県警察」
詳細こちら→https://www.police.pref.chiba.jp/keimuka/orders_forVictim_sunflower.html

銚子警察署では、銚子大洋自動車教習所さんの協力で花壇を作り
6月に種まきをして、ちょうど芽が出てきたところだそうです。

夏には教習所の国道沿いにひまわりの花が咲くんですね!
教習生もプロジェクトの意味を知ることで、車を運転をする心構えも少し変わってくるのではないでしょうか。

銚子警察署には、昨年とれたひまわりの種があるそうです。
ご連絡をいただければお分けしていただくことができるそうです。

活動が広がり、交通事故の根絶につながっていくといいですね!

最後は「夏の交通安全運動」のご紹介です。
7月10日~7月19日までの10日間で、スローガンは「歩行者を 守る気づかい 思いやり」です!

梅雨があけると本格的な夏の行楽シーズンです。
ある意味、とても銚子らしい季節、ともいえます。
ご家族やお友達と、交通安全について話てみるのも良いですね。

番組が小さなきっかけになれば嬉しいです。

【犬吠WAONってキャッシュレスでハートフル】ハートフルな企画!『癒しのワークショップ!』をご紹介

キャッシュレスな犬吠WAONカードは、心を込めて使うことができる電子マネー!
そんな想いで準備が進む企画をご紹介します。


チャージで参加!「犬吠WAON抽選会」&癒しのワークショップ(^^♪

銚子円卓会議インターン、高橋さんを中心にオールスターズや大学生の協力を仰ぎ運営されます。

日時:6月30日(日)午前10時~午後3時まで
場所:イオンモール2階しおさいプラザ

内容1 犬吠WAONにチャージしたレシートを持参してください!
チャージ金額の5%分の地域通貨「すきくるスター」をプレゼントしちゃいます。
オールスターズで使うもよし!この指とまれ!に寄付するもよし!
これぞ犬吠WAON×地域通貨「すきくるスター」の醍醐味。満喫してください(^-^)

内容2 犬吠WAONをかざして抽選!
もう、これ、シンプルで子供も、大人も、すっごく楽しいやつです。
当たり賞品は、購入することで「この指とまれ!」プロジェクトに寄付になる寄付つき商品。
リプリーズの「オリジナルトートバック」、サントノーレの「咲咲食パン」、根本商店の「コメの実」に加え、今回新たな寄付商品が加わる予定です。楽しみ、楽しみ。

そして、今回の注目企画は同時開催「癒しのワークショップ」です。

インターン生高橋さんは、ハワイの高校を卒業していますが、その卒業にあたっての個人研究が「Relaxation of the Human Body」癒しについて考え、まとめる ことでした。
これには、高橋さんのお母様の存在が大きく影響しています。

彼女のお母様はオールスターズ。美と健康のお店カテゴリーにある「リラックスサロンRommy’s」オーナー。癒しのプロです。
☆彡「ちょうしノート」より
MISE  リラックスサロン Rommy’s
HITO  高橋裕美さん【リラックスサロンRommy’s】

お母様からのアドバイスを受けながら、高橋さんが企画した癒しのワークショップでは、アロマオイルとハンドマッサージを受けて、感覚からの癒しを感じていただこう!というもの。
さらにハーブティの試飲できゅう覚や、味覚からも癒され、束の間のゆったりした気分を味わっていただこうとするものです。ハーブティは、DELKUI2期生受入企業、浜鈴総芸が運営する「ハーブガーデンポケット」に協力いただきます。
(参加無料・女性限定)
協力店舗 ハーブガーデンポケット
☆彡「ちょうしノート」
MISE海のそばのハーブ園_ハーブガーデンポケット
HITO 鈴木浩之さん【海の近くのハーブ園-ハーブガーデンポケット】

銚子には一人ひとりの美と健康を大切に考え寄り添うお店があるということを伝えたいと思い、PRリーフレットでも、美と健康カテゴリーのお店をご紹介しています。
☆彡「ちょうしノート」
カテゴリー:オールスターズ_美と健康

これをきっかけに、自分自身の身体と心をメンテナンスしてみませんか?

子供さんやご主人様にも楽しんでいただけるように、お米を使った新食材、大好評♫ おいしいワークショップ「コメの実」も同時開催。

6月30日は、ぜひイオンモール銚子2階 しおさいプラザにお立ち寄りください!

【事務局_B

2019この指とまれ!プロジェクト 新しい活動がはじまっています

思い切って一歩踏み出す。
ゆっくり手さぐりで進む。一歩、また一歩。

2019この指とまれ!プロジェクトに、そんな表現がぴったりの活動が誕生しました。

プロジェクト名:「みんなのCORE(コア=芯)を育てよう!」(CORE代表 伊藤千恵子さん)
「学習障害のお子さんをお持ちの保護者の方やお子さん達のサポートや支援をしていきながら、子供達が自立できる様にしたい。協力者を増やしていくために、この指とまれ!プロジェクトに申請します!」

「寄付者の皆様へ。学習障害をお持ちの保護者の方やお子さん達のサポートや支援をおこなっていきます。そのステージ(年齢やおかれている状況など)に合った問題や悩みを色々な方たちと解決しながら、子供達の夢と芯(CORE コア)を育てていきたいです。」

地域に生まれたばかりのこの活動は、湧き上がる想いでスタートした一人の女性の物語でもあるように感じます。
多くの皆様からの智慧と行動を受けて、この活動が伸び伸びと育まれますように。
この活動によって、自分自身の心の芯を育てようとする人が増えていきますように。

CORE(コア)の活動は、この指とまれ!プロジェクトに登録されています。
犬吠WAONに貯まる地域通貨「すきくるスター」からの寄付で応援していただくことができます。
「こちょっぴー」から活動をご確認ください。

CORE(コア)では、一緒に活動をする方などを募集しています!
下記より、お気軽にご連絡ください。
お問合せメール:info@choshientaku.com(銚子円卓会議事務局)

課題解決のHINT(ヒント)がみつかる!

課題解決の「HINT(ヒント)」を探しに銚子を訪れる方は決して少なくありません。

東京から近すぎず、遠すぎず。
気候が温暖。自然が美しい。
命をつくる「食」素材が豊か。
そして「人」が個性的。

魅力あるこの地域で、これから「学び合う機会」をどのように創り、「学び合う意識」をどのように育てていけるのか。
銚子円卓会議が大切にしている視点のひとつです。

大型連休が終わったばかりの平日。
横浜国立大学の学生さん4名と、コーディネート役の大学生1名が銚子を訪れました。

DELKUIでお世話になっているNPO法人ETIC.伊藤淳司さんが担当する授業「マーケティングプラクティス」の一環で、受講学生さん約25名が、5つのグループにわかれ、全国各地5つのリアルな企業のプロジェクトに取り組もうとするものです。

そのうちの1グループが今回、銚子の根本商店さんの新商品「コメの実」を都心部で販売する戦略を考察し、7月15日の授業で提案してくれることになっています。
この日は現地調査でした。


観光客の視点で@ヤマサ醤油工場



製造の現場を知る・見る・感じる@根本商店



販売の現場を見る・知る・考える@犬吠埼テラステラス・銚子セレクト市場・すきくるステーション

銚子円卓会議では、協力企業のご紹介とプロジェクト設計、現地コーディネート、学生さんへのフォローなどを協力させていただいていますが、実際には、学ぼうとする学生さんの姿勢に大いに刺激をいただき、結果的にはDELKUIやYOSOMON!同様、地域に暮らす私たち自身が学べていることを実感します。
これらの経験を重ねながら、出る杭を育む風土づくりへとつなげていきたいと考えます。

さて、学生さんの提案、実践活動はどのようなものになっていくのでしょうか?
明日も根本さんと学生はオンラインでMTGを行う予定です。
企業さんの想い、学生さんの発想力と行動力が掛け合わさる協働、共創のプロセスは、傍で見ているだけで希望を感じ、新しい何か、円卓会議のロゴマークにも入っている”something new”が生まれる期待感にドキドキします。

大学生、企業さん、双方の学びが深まるよう、より良いコーディネートを実践したいと思います。

大学関係者の皆様、企業の皆様。

ぜひ銚子に課題解決のHINT(ヒント)を探しにいらしてください!
課題のリフレクション研修(チェック&アクション)、設計研修(プラン)、そして現場研修(Do)までコーディネートさせていただくことが可能です。
また、銚子円卓会議事業は地域再生計画に位置付けられたもので「企業版ふるさと納税」で応援いただくことができます。
どうぞ事業の内容や今後の計画に関しましてお気軽にお問合せください。

【事務局_B】

2018この指とまれ!プロジェクト 寄付スター数のご報告


地域通貨「すきくるスター」で応援できる『この指とまれ!プロジェクト』の2018年度寄付スター数が確定いたしました。
ご寄付いただきました皆様には、活動団体に代わり、心から御礼を申し上げます。

これからもそれぞれの活動が地域の彩りとなりますよう、引き続きまして応援をよろしくお願いいたします。

▶ちょーぴーをお風呂に入れてあげよう!→8,385スター
(銚子商工会議所青年部:ちょーぴークリーニング代)

▶花を植えよう!→3,891スター
(ナルク銚子拠点くろしお:花苗代)

▶ほう・れん・そう→37,792スター
(千葉科学大学 学生警察支援サークル スターラビッツ:無線購入費)

▶犬吠埼エンデューロ→2,583スター
(NPO法人銚子スポーツコミュニティ:イベント費)

▶海と月のグリーンマーケットin銚子→2,514スター
(月と海:イベント費)

▶銚子の海を知ろう!感じよう!
((有)銚子海洋研究所:小学生無料乗船)

▶郷土の太鼓でまちを元気に!→3,616スター
(銚子はね太鼓保存会:太鼓等修理等活動支援費)

▶こどもたちの楽しめるお祭りやっぺよ!→151,392スター
(銚子正調大漁節保存会ひびき連合会:舞台修繕等活動支援費)

▶てうしの歴史を調べよう!→2,514スター
(銚子郷土史談会:活動支援費)

▶サタすくホームページの作成→7,627スター
(NPO法人サタデーすくーる銚子:ホームページ作成費)

▶世代を超えて笑顔をつなげるスマイルリンク→76,652スター
(スマイルリンク:活動支援費)

2018年度寄付スター総数     314,613スター(314,613円相当)
累計寄付スター数(2013年度~) 1,438,501スター(1,438,501円相当)

【事務局_B】

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!5月「地域警察官の活動」地域課

タララタッタター!
銚子警察署インターネットラジオ☆を逃がすな!の今月の放送は、ユーモアたっぷりの武田地域課長!
パーソナリティのビーナスさわっちこと、澤田裕江さんとの息ぴったりの楽しい番組をお届けします。

武田課長:令和元年、第1回目の放送ですから・・・
澤田さん:ですから・・・?

☆彡さぁ!この続きはぜひ、放送をお聞きください!

武田課長:制服を着ている警察官で紳士的なのが、地域警察官で・・・・

☆彡え~?そんなこと、おっしゃっていいんですか?

 

(^^)ちょっと真面目に内容をご紹介。
番組で紹介されている「巡回連絡カード」は、その活用を知ることで、地域の中のつながりづくりや、ご近所の方々とのお付き合いの大切さを実感すると同時に、地域警察官の日々の活動があることでの安心を改めて感じます。

自転車の盗難件数は、昨年中、約40件、今年はこれまに10件とのことですが、実際にはこの数は被害届を受理した件数だそうです。
放置自転車になり、防犯登録から所有者を調べて連絡すると「実は1ヵ月前に盗まれてました」というようなこともあるそうです。
まず、自転車の所有者になったら、防犯登録をすること。
盗まれた場合はすぐに被害届を出すことが大切です!
人から譲り受けた場合は、自転車の名義変更は忘れずに。
使用に関しては必ず施錠をするように心がけましょう。

楽しくってためになる!
銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」はこちらからお聴きください♪

 

 

【DELKUI】2期受入企業所感:(株)銚子大洋自動車教習所 澤田裕江氏

DELKUI2期生受入では、手探りだった1期生受入時とは異なる仮説がいくつも立ち、それらの検証も進められました。
澤田社長の「自社に若手・新人を育成できるメンターを育てていきたいと思い、それがうまく実現できた」という成果報告会でのご発言は、コーディネートチームにとって、大変うれしいものでした。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
企業名:(株)銚子大洋自動車教習所
プロジェクト名:海と太陽と、お魚のまちの「ドライビングスクール」で、教習生と地域をつなぐコーディネータ募集! 関東最東端から、安全運転を叫ぶ!
プロジェクト詳細:https://www.project-index.jp/intern/17488
業務内容:合宿免許生用観光メニューの開発、及びホームページへの掲載
インターン生:熊谷ほのか(横浜国立大学 経営学部2年)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

2月19日から約4週間半の期間、初めてインターン生を受け入れました。
2月中旬から3月中旬といえば、教習所は一年の中で最も忙しい時期です。
受け入れに際し、果たしてこの時期で大丈夫なのか、と考えましたが、逆に一年でお客様が一番多い時期であり、教習所らしさがあり、もしリサーチが必要であれば絶好のタイミングであるとも感じました。受け入れに当たり、インターン生の社内のサポート担当として、中堅で社内でも若手社員のサポートをしてくれている田村さんにお願いしました。

今回のプロジェクトのテーマは、「教習生と地域を連なくコーディネータ」です。合宿教習にいたした方に、良いところがたくさんある銚子を好きになってもらいたい!もっと知ってもらいたい!と「銚子の良いところ巡りツアー」のサイト作成のプロジェクトです。インターン生は、20歳前後のお客様世代ですし、銚子を初めて訪れる方の目線もあるので、良いサイトが作れるとお願いすることにしました。

弊社にいらしたのは、秋田生まれで、現在横浜に下宿をしている熊谷ほのかちゃん(「ちゃん」と呼んでごめんなさいね)。最初にエントリーシートを拝見して、趣味は「散歩や街歩き、カフェ巡り」と書かれていて、まさにこのプロジェクトにぴったりな方だ!と楽しみにしておりました。実際にお会いして、色の白さと素直な「はい」という返事に癒され、控えめかと思うとバリバリと取材をして歩く行動力に感心ました。彼女の素直さは、社内の誰もが認めるもので、毎朝の朝礼にも頑張って参加して頂き、毎日一番大きな声で「ハイ!」と返事をしてくれ、最後には朝礼リーダーを務めてくれたことは、その表れの一つではないでしょうか。

私がほのかちゃんにお話しする時にいつも心にあったのは、彼女が社会人になった時に、このインターンの生活で得たことが少しでも役に立ってほしい、ということでした。今考えると「母心」に近かったかもしれません(笑)。いろいろと押しつけがましく、普段社員にも話さないような仕事観を話せたのも、ほのかちゃんがいつも素直に頷いてくれたからです。彼女と接していて、私自身も心を引き出されたような、そんな感覚を持った時もありました。

このプロジェクトはHPのサイトを作って頂くことでしたが、終わって思ったことは、「DELKUIで出会った人との仕事を通しての密度の濃い4週間」でした。一つの目的に対しそれぞれの役割があり、どのようにコミュニケーションを取りながら進めていくのか。結果ではなく、プロセスが非常に勉強になった経験でした。

突然見知らぬ人たちの中に飛び込んで来て、しかも皆年上の人ばかりの会社で、それでも共にコミュニケーションを取りながら目的を達成できた、そんな頑張りは、サイトがプロ並みに完成したこと以上に、プロジェクトのチームとして何より嬉しいことです。プロジェクト終了時に、ほのかちゃんに「一生懸命な気持ちは、人の心を動かすんですよ!!!」と伝えましたが、本当に彼女のまっすぐな一生懸命さに、周りのたくさんの人の心が動かされました。

物事への取り組み熱さを思い出させてくれた、熊谷ほのかさんに感謝の気持ちをお伝えするとともに、円卓会議、ETICその他関係する方々、インターン受け入れ企業の方々、本当にありがとうございました。

▼アクション宣言!▼
人は財産。関わる方たちとしっかりと向き合い、ともに成長し続けることをお約束します。

【(株)銚子大洋自動車教習所   代表取締役社長  澤田裕江】

Older posts