Category: FANFUNな事務局通信♪ (page 2 of 11)

FANFUNコミュニティーBLOG

平成29年度 寄付スター数が確定しました!& 応援できる新しい活動も加わりました!

日常のお買い物で貯まる地域通貨を、寄付して応援できる「この指とまれ!プロジェクト」。
平成29年度 寄付スター数が確定いたしましたのでご報告申し上げます。

平成29年度分 寄付スター数 261,692スター(前年比116%)
内訳:
こちょっぴーからの寄付スター 11,269スター
その他寄付スター商品、ふるさと納税、失効スターなど 250,423スター 

寄付で参加、寄付で活動を応援してくださったすべての皆様に心から御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。

以下、各プロジェクトの寄付スターです。

〇ちょーぴーをお風呂にいれてあげよう!(銚子商工会議所青年部)
8,894スター(累計 109,617スター)

〇花を植えよう!(ナルク銚子拠点くろしお)
6,851スター(累計 71,484スター)

〇ほうれんそう(千葉科学大学学生警察支援サークルスターラビッツ)
3,948スター(累計 97,108スター)

〇犬吠埼エンデューロ(NPO法人銚子スポーツコミュニティ)
19,275スター(累計 71,994スター)

〇海と月のグリーンマーケット in 銚子(月と海)
5,922スター(累計 38,119スター)

〇銚子の海を知ろう!感じよう!((有)銚子海洋研究所)
6,990スター(累計 79,876スター)

〇郷土の太鼓でまちを元気に!(銚子はね太鼓保存会)
4,412スター(累計 40,049スター)

〇こどもたちの楽しめるお祭りやっぺよ!(銚子大漁節保存会ひびき連合会)
196,762スター(累計 373,669スター)

〇てうしの歴史を調べよう!(銚子郷土史談会)
4,017スター(累計 8,002スター)

〇SMILE LINK(SMILE LINK CREW)
4,621スター(累計 4,621スター)

実は、平成25年度にはじまったこのしくみを通して、市民活動に寄付されたスター数は、1,123,888スターとなり、当初目標としていた100万スターを、5年かかってようやく達成することができました。

応援したり、応援されたり。
暮らしの中で、自らの意志で行動し、選択し、意識的につながり、支え合おうとできる人が自然に育まれる地域でありたいと改めて思います。

そしてもう一点。
銚子円卓会議が設置する地域貢献プログラム「この指とまれ!プロジェクト」選定委員会での審査を経て、平成30年度から新しいプロジェクトが加わることになりました。

(一社)銚子青年会議所の活動から生まれた「NPO法人サタデーすくーる銚子」です。
活動をはじめたばかりの「サタすく」さんは、活動の様子を広く伝え、イベント・行事への申し込みが簡単にできる双方向のコミュニケーションツールとしてホームページを作成しよう!とされています。

プロジェクト選定委員会の皆様からは、審査の際、以下のような意見、アドバイスが寄せられました。

・子供と親を通じて、まちづくりへの波及効果が高く期待できる活動であると思考される処より、積極的に支援したい。
・今後の幅広い巻き込みを図っていくためにも、他団体・他市等の”つながり”を意識して土俵づくりを図ってもらいたい。
・子どもたちの活動の受け皿を自負している団体や事業は数多いように思います。それらとつながることができればさらに発展していくように感じました。
・寄付目標に達するかは難しいが、事業全体の主旨(子育て支援、成長支援等)は、大変意義深いと思う。

この指とまれ!プロジェクトは、子どもたちが直接参加し、推進する活動もあります。
大人が子供たちのために行う活動もあります。
活動状況などそれぞれの情報がシェアされ、地域の力になっていけるようプラットフォームの役割も前に進めてまいります。

5月中旬より、こちょっぴーからの寄付受付再開に向け、現在、準備を進めています。

どうぞ、日常生活の中に、小さく誰かに「がんばれ!」のエールを。
街なかのお店でお買い物、そして貯まったスターをこちょっぴーから地域の活動に寄付を。
銚子ならではの市民のまちづくり参加のしくみが、当たり前になっていきますように。
皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

【事務局_B】

『この指とまれ!プロジェクト』 からのお知らせ~新年度プロジェクト募集!

「これは、ほっとけないよ!」「こんな地域にしたいな!」「こうしたらもっと笑顔が増える!」
そんな想いで、自主的に地域づくり活動をはじめている(はじめようとしている)団体や個人の皆さんによる活動「この指とまれ!」プロジェクトから、2つのお知らせです!

1 新年度のプロジェクトの募集を開始します!
銚子円卓会議では、市民自らの手で地域づくりを実践されている人や団体に対して、地域通貨「すきくるスター」からの資金調達を含む活動のPR、さらに円卓会議構成主体ならではの専門性を活かしたアドバイスなどを通して、より良い活動となることを共に目指します。
ご応募、お待ちしております!

〇募集期間:平成30年4月6日(金)~5月1日(火)

【詳しくはこちらから!】
この指_募集要項2018
この指とまれ!_申請用紙
この指とまれ!_申請用紙_記入例

ご不明な点など、問い合わせフォームからお気軽にお寄せください。

2 今年度の寄付スター受付は、今月15日(日)までです!

寄付端末「こちょっぴー」から、皆さまの「がんばれ!」をどうかお届けください。お待ちしております。

地域通貨「すきくるスター」が貯まる使えるオールスターズの情報は、ちょうしノートから!

【事務局_B】

お買い物には【犬吠WAONカード】をご利用ください!

まちづくりワークショップ開催報告

3月28日(水)18:30~20:30 銚子市勤労コミュニティセンター2階ホール
銚子円卓会議主催「まちづくりワークショップ」を開催いたしました。

今回はこれまで以上に「学ぶこと」を意識したプログラムになりました。

地域通貨の寄付で応援できる市民活動「この指とまれ!」プロジェクトの各活動報告では、若者向けイベントの開催、子供たちの経験値を増やそうとする取り組み、伝統芸能の継承、高齢者の生きがいづくりとまちづくりの参加を叶える活動など、いずれも素晴らしいものばかりです。
多分野で活動する皆さんが、共通する想いや課題に気づく機会になりましたが、さらに地域にもっと市民主体の活動が広がり、それらを応援する人が増えていくように、地域通貨を効果的に活用できる工夫や、これまでのやり方にとらわれない新しい取り組みについても、活動している皆さんと一緒に考え、進めていこうと思いました。

 

さて今回参加者一同で学んだテーマは、「共有(シェア)」!

マカイラ株式会社 代表取締役 藤井宏一郎様を講師にお迎えし、シェアリングエコノミーの現状や事例をうかがったのち、千葉大学 関谷昇教授とのトークセッションにより、まちづくりへの考えを深めていくことができました。

◆当日の内容◆

1 動画(3mins)
https://www.youtube.com/watch?v=9Jb0yXBGLPQ

2 この指とまれ!プロジェクト活動報告(30mins)
参加団体 6/10
・SMILE LINK
・ナルク銚子拠点くろしお
・銚子海洋研究所
・銚子郷土史談会
・銚子大漁節保存会 ひびき会
・銚子商工会議所青年部
*銚子円卓会議ホームページからすべての活動をご覧いただけます。
全体講評:関谷 昇先生

3 講話「シェアリングエコノミーってなに?」(40mins)
講師 藤井 宏一郎氏(マカイラ株式会社 代表取締役)

講師プロフィール:
●藤井宏一郎氏(マカイラ株式会社 代表取締役)
テクノロジー産業や非営利セクターを中心とした公共戦略コミュニケーションの専門家として、地域内コミュニケーションから国際関係まで広くカバーする。科学技術庁・文化庁・文部科学省にて国際政策を中心に従事した後、PR会社フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社にて企業や非営利団体のための政策提言・広報活動を行った。その後、Google 株式会社執行役員兼公共政策部長として同社の日本国内におけるインターネットをめぐる公共政策の提言・支援活動や東日本大震災の復興支援活動などを率いた。
東京大学法学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営学院卒 MBA(マーケティング及び公共非営利組織運営専攻)。PHP総研コンサルティングフェロー。国際協力団体・一般社団法人ボランティアプラットフォーム顧問。
日本PR協会認定 PRプランナー。

4 トークセッション(30mins)
藤井 宏一郎氏 × 関谷 昇先生
*グループ討議・質疑応答など

◆アンケート報告◆

満足度(5段階評価) 4.15
「シェアリングエコノミー」を知ることができた、興味がでた、内容が参考になったなど多数。
“これからの希望に”“大変関心あり”という感想の一方、“銚子くらいの規模なら個人のSNS発信で募集できプラットフォームいらないのでは(1名)”、“人と人のつながりのむずかしさをかんじた“(1名)という意見が比較的若い方からありました。

その他のご意見
「シェアリングエコノミー」について:
・いろいろな問題も考えられるが、これからの時代には必要になりそう
・今回初めてだったので、何が何だかわからなかったが、話を聞いているうちに少しわかってきました。
・自分の知識の無さを知りました。
・そういうことが仕事になるなんてすばらしい!と思います。
・可能性を感じる話だった。遊休物件は市であるのでは?シェア事業は市が積極的に取り組んでほしい。市有地の有効活用。

「この指とまれ!」の活動支援のあり方について:
・プラットフォーム化
・皆さんが行っている活動がすばらしいので、どうやって周知を図っていくかが課題であると思いました。

【事務局_B】

【地方創生インターンシップ】DELKUI 1期生 になってくれた皆さんへ

4月になりました。
皆さんが銚子を離れてから、まだほんの1週間ですが
3月がとても懐かしくてたまりません。

先週は穏やかなお天気の日が多く、これなら自転車も気持ちよかったろうな、とか
春休みで時間を持て余している中学生や高校生と会うと、インターン生に会わせたかったな、とか
市内のあちこちで咲く桜の花をみながら、きっと今週はバイト、バイトで桜なんて見てないだろうな、とか

折々に皆さんの顔を思い出しています。

先週28日、銚子円卓会議の議論の中で、インターンの皆さんは銚子市の「関係人口」だと発言がありました。

これまで銚子となんの関りもなかった皆さんが、1ヵ月間、銚子に暮らして、インターンとして仕事をし、課題から逃げずに、考え、動くその姿に、どれだけ希望を感じて、勇気をもらったことか!

銚子に暮らしている私たちが実感をもって「関係人口」だ、と思える成果をくれたことに、心の底からお礼を言いたいです。

DELKUI1期生になってくれて、本当にありがとう!!!

私達は、皆さんからのご意見やアドバイスをもとに、今年度も地域でチャレンジしようとする若者たちが、伸び伸びと活動できるように準備を進めていきますね。

皆さんには、どうか時々銚子を思い出してほしいと思います。
そして、銚子を忘れてしまうほど、夢中で努力し「何か」をつかみ、「すごく、すてきな人」になってほしいと願います(笑)

皆さんが「すごく、すてきな人」になることで、銚子はいつか「出る杭を伸ばす地域」だと証明できると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

あ、地域通貨「すきくるスター」の有効期限は180日です。
失効する前にぜひ、今度はのんびり遊びに来てください!

ちなみに、成果報告会の時、泣いてて写真が全く取れていないという….いつもながらの失態。
会場の雰囲気だけ。

【事務局】

まちづくりワークショップ テーマは共有(シェア)!

銚子市内を流通する地域通貨「すきくるスター」は、一人ひとりの意志と行動が反映される可視化された社会関係資本です。このしくみを活用し、市民協働のまちづくりを推進するとともに、多様な地域資源がつながり、新たな価値を創造すること、地域課題に当事者意識をもって解決にあたるまちづくり人材の発掘・育成が進むことを目指し、多世代が参加し共に学び、考える「まちづくりワークショップ」を開催いたします!

3月28日(水)18:30~20:30
銚子市勤労コミュニティセンター 2階ホール

内容:
この指とまれ!プロジェクト活動報告
講話「シェアリングエコノミーって?」 講師:藤井 宏一郎氏(マカイラ株式会社)
トークセッション「まちづくりに生かすシェアリングエコノミー」 聞き手:関谷 昇氏(千葉大学大学院 社会科学研究院 教授)

「シェアエコ」とも呼ばれる循環経済は、全く新しい概念ではなく、むしろ日本人にもなじみのある考え方と言われます。
ICTを活用することで、世代や地域のつながりづくりの範囲がぐっと広がっていることは事実。
一方で、地方都市の現状を、希望ある未来につなぐことができるどうかは、地域の考え方が問われるところでもあります。
専門家の議論を直接うかがいながら、「私たちにできること」をじっくりと考えていくための勉強会です。

どなたでもご参加いただけます。
お問い合わせは事務局まで! 
info@choshientaku.com

自分へ、地域へ、がんばる人へ。笑顔をつなぐギフトを贈ろう♪ギフトスター販売中!

Happy Star キャンペーン進捗 ~3月14日(水)

〇プレミアムスター 100口、完売いたしました。
〝地元でもっとお買い物しよう♬″ を目指す「プレミアムスター」は、販売予定数の100口を完売いたしました。
お買い上げいただきました皆さまには、オールスターズでのお買い物をどうぞお楽しみください!

〇寄付スター商品:ギフトスター 5,000円 は3月14日まで販売しております!

・2500スター入り犬吠WAONカード
・灯台の絵柄がおしゃれなクリアファイルセット(A4/A5 各1枚)
・この指とまれ!プロジェクトの活動へ500スターの寄付
上記、プレミアムスターの財源となるなど、地域の笑顔をつなぐ贈り物をテーマとしたローカル寄付商品です。
ご不明な点など、お問合せフォームからお気軽にお尋ねください。
また、お問合せフォームからご予約もいただけます。

詳細、最新情報は、FANFUNを紡ぐコミュニティサイト「ちょうしノート」トップページの【Happy Star キャンペーン】のバナーからご確認ください。
ちょうしノート:http://choshinote.com/
Happy Star キャンペーン(リンク)

【事務局_B】

Happy Star キャンペーンで目指すこと

2月1日(木) Happy Star キャンペーンが始まります。

プレミアムスターの発行と、それを支える寄付スター商品の同時発売。

休眠預金等に係る資金の活用についての国の資料(事務局案1)に「本制度は我が国では前例のないわゆる「社会実験」である。」という記載がありますが、このキャンペーンも ローカルなアクションをグローバルな視点と志でチャレンジしてみよう!とする銚子市では前例のないものです。

キャンペーンの最新情報を含め、購入方法など詳細は、コミュニティサイト「ちょうしノート」からどうぞご覧ください!
「ちょうしノート」http://choshinote.com/

応援が必要なのに、誰に応援を求めていいかわからない、ということは、きっと様々な場面で数多くあると思います。

応援したり、応援されたり、誰もがどちらの立場も行ったりきたりできることがわかっていれば、今より「きっと大丈夫」を信じられるようになる気がします。

銚子円卓会議では、ギフトスターの販売を通して、銚子の魅力を分かち合い、高め合おうとする人が増えていくことを目指しています。

【事務局_B】

【地方創生インターンシップ】「地域を学び、魅力を伝える」インターンシッププログラム参加者募集について

 銚子円卓会議では、平成28年度より地域をフィールドとする学びの場と機会を提供しております。

 今年度は「地域の店舗経営者様、事業者様への取材及び記事作成」を具体的な業務内容とする学生・おとなインターンシッププログラム参加者を募集いたします!
 
 取材先との日程調整を含み、人と話すこと、聞いた話を原稿としてまとめるなどの一連の業務は、あらゆる仕事においての基本となるものです。間違いなく貴重な社会経験になること思います。
 
 事前学習時間・資料があること、また取材対象者にはあらかじめ事業内容のご理解をいただいておりますことなどから、安心して業務に取り組んでいただけます。

 今回 1月生として4名を募集いたしますが、月内で1名が1、2か所程度、4名で計4~8か所の記事作成を想定しており、学生の授業等にも支障がない分量かと思います。
 またパート等のお仕事をお持ちの方や、主婦の方でも、ご自身のスキルアップや社会参加の機会としてご参加いただくことも有効かと思います。

 2月以降も継続的に受け入れ可能です。
 作成された記事は、銚子円卓会議が運営する「ちょうしノート」で公開するなど、成果を実感できるようサポートしています。

■参加対象者
高校生以上~一般
特に、地元学や、地域活性などに興味がある方

■定員
1月生 4名 (3月まで、各月4名程度を募集します。継続参加も可能です。)

■取材対象者
地域貢献型電子マネー「犬吠WAON」カード利用協力店・事業者(市内80か所)の経営者様、またはその経営者が指名する従業員様
=オールスターズ様

■取材場所
原則として店舗等の所在地(銚子市内)

■その他
事前学習場所は、銚子円卓会議協働事務局でもあるNPO法人BeCOMを予定しています。
記事作成場所の規制は特にありませんが事務局をお使いいただくことも可能です。
ボイスレコーダー、カメラ、原稿作成用PCなど貸与いたします。

◎事前学習資料(PDF)はこちらから
2017インターン事前資料

◎エントリーシートはこちらから
エントリーシート

ご質問等お問い合わせは、下記メールアドレスまたは、お問合せフォームからお問い合わせお気軽にお寄せください。
お問合せ:info@choshientaku.com

銚子で20歳になった君へ

銚子市の成人式は、7日(日)に開催される予定です。

記念品は、地域通貨「すきくるスター」500スターが入っている「犬吠WAON」カード。
今年はFANFUN BOOK最新号も同封されています。
そして手紙の全文はこちらです。

************

銚子で20歳になった君へ

成人おめでとう。

銚子市から心を込めて記念品を贈ります。

地域通貨「すきくるスター」は
オールスターズ(協力店)での支払いと、
市民活動への寄付に使える特別なお金。

そして「犬吠WAON]カードは、全国どこで使っても
その金額の0.1%が銚子市に寄付される
地域貢献型の電子マネー。

一人ひとりが自分の意志で行動することで
地域とつながるこのしくみ。
新成人になって君に知ってもらい、
共に支えてほしいと願います。

銚子に暮らしていたも銚子から離れていても、
君を育てたこの風土が
いつまでも、どこよりも
誇らしいものであり続けるために。

平成30年1月7日

第70回 銚子市成人式

【事務局_B】

意見募集のお知らせ

新しい年のはじまりを、健やかにお迎えでしょうか?
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、銚子市のホームページから2つ、意見募集が目に留まり、ご案内です。

ひとつは、12月28日に公開された「銚子市歴史文化基本構想概要版(案)へ意見を募集」です。
募集締め切りは、平成30年1月26日(金)まで。
生涯学習課ホームページ「まなびのたね」から概要と、参考資料をPDFで読むことができるようになっています。
http://www.city.choshi.chiba.jp/edu/sg-guide/rekibun/public.html

【銚子市歴史文化基本構想(案)概要版】rekishibunkagaiyou
これだけですと少々難しそうな感じがしますが、タイトルがついています。

銚子を知ることで、銚子が好きになる。
市民が郷土に誇りをもち、輝き続けるまちへ。

文化財の保存と活用は、専門的な知識が必要な分野であることはもちろんですが、一方で、市民感覚、学生目線など、より多様な視点が大切なんだよ、という想いを感じるタイトルです。

おそらく、この指とまれ!プロジェクトの「銚子郷土史談会」の皆さんの学びやご意見なども活かされているのはないかと思いますが、さらに数多くの関わりを生まれ育つよう、広く情報を伝えて、また引き受けられるようになっていけると良いですね!
せっかくの意見募集の場です。まちづくりの「ちから」を高めていくためにも、一言感想を寄せてみることも大切なことと思います。

もうひとつは、銚子市障害者福祉計画・第5期障害福祉計画・第1期銚子市障害児福祉計画(案)に対するパブリックコメントです。

www.city.choshi.chiba.jp/osirase/2018/2017-1227-1559-24.html
ここでも市民に求められているのは、「わが事」「丸ごと」の理念のもとでの合理的配慮です。
こちらの締切は、1月31日(水)まで。

新しい年のはじまりをかみしめながら、お正月に久しぶりに会った友人や親戚の方々と交わした会話を思い出し、これまで関心を持たなかった新しいことを見てみる、考えてみるというのはいかがでしょうか?

最後は、スマイルリンクの坂尾さんが今日送ってくださった写真!

アフロきゃべつの収穫、はじまったそうです。

銚子電鉄の犬吠駅で、おしゃれな無人販売所もスタートしています。

FANFUNを紡ぐコミュニティサイト ちょうしノートも、どうぞよろしくお願いいたします♪ http://choshinote.com/

Older posts Newer posts