銚子円卓会議は、まちづくりに関わる多様な主体が連携し、「ヒト」「モノ」「コト」「カネ」などの地域資源を発掘・育成・架橋することで地域課題の解決に取り組もうとする地域づくりプラットフォームです。
加速する人口減少社会の中で、希望を紡ぎ生きていける地域の創造には、私たち市民一人ひとりが地域づくりの主体的な担い手であるという意識と行動が必要です

地域貢献型電子マネー「犬吠WAON」カードを媒体とする電子地域通貨「すきくるスター」は、域内消費喚起に寄与し、まちづくり活動の寄付財源にもなるものです。この特長は、地域に新しいお金の流れを生みだし、持続可能な地域社会の駆動力となる社会関係資本を可視化し醸成するものであると考えます。

地域通貨「すきくるスター」の流通促進を創造の起点とし、分断されがちな従来の枠組みに徹底して架橋する事、多世代・異業種・異文化間のつながを意識した対話の場をつくり合意のプロセスまで寄り添う事、次世代を担うまちづくり人材を育成する事、そして常に外部からの資源提供を内部の資源循環へとつなぐ視点をもつ事が、円卓会議の使命であり役割です。

2016年4月作成した『2020円卓ビジョン』は、ドゥタンクとして、市民自治を進めるための円卓会議自らの行動指針です。折々に活動のひとつひとつの目的を検証し、軌道修正を加えることを恐れず、役割を果たしていきたいと考えます。

2020円卓ビジョン(PDF:801KB)  2020円卓ビジョン

 

実施体制

銚子銚子まちづくりパートナーシップ協定

銚子円卓会議規約

銚子円卓会議 Facebook銚子円卓会議 Twitter銚子円卓会議 Youtube動画チャンネル