【地域の可能性を拓く実践型人材育成が支えるローカルサービス生産性向上事業】
犬吠WAONカードと、その機能を活用し、地域資源の好循環と社会関係資本の充実を進めてきた銚子円卓会議が今年度取り組む「地方創生インターンシップ」。
数多くの日本一を持つ「本物が存在する銚子市」だからこそ、「本物が育つ風土である」ことを再確認、再発信しながら、出る杭となる若者を積極的に受け入れ、地域も共に成長していける事業となることを目指していきます。
尚。本事業は地域再生計画に位置づけられたものです。
銚子市外に本拠地を置く企業様に、企業版ふるさと納税を通して応援いただける事業となっております。

地方創生インターンシップ受入促進・体制構築

地域課題の解決に、実践型インターンという選択肢を増やします。
今年度、市内企業や事業者の皆様にも参画をいただきながら、銚子を知る、銚子の人とふれあう見学型、体験型に加え、3~4週間という期間をかけて、大学生インターンが地元事業者の課題解決に寄与するプログラムの実践に挑みます。
銚子円卓会議では、地元企業の皆様と、本気の学生とのマッチング、コーディネートに取り組みます。

スタートアップとなります説明会の開催日も決まりました!
実践型インターンとは何か?受け入れ事業所のメリットは何か?他地域ではどのような効果が生まれているのか?など、講演を通して学び、グループ討議では銚子ならではの仕組みづくりについて、意見交換をする予定です。
チラシはこちら … オモテ / ウラ

ワーキンググループ活動のご紹介

銚子円卓会議では、本事業に係るワーキンググループを設置し、銚子の課題解決及び、魅力向上につながり、インターン生も、受け入れ先事業者も、地域も共に成長できる三方良しのインターンシッププログラムの構築と実践を目指します。

事業サポーター NPO法人ETIC.

実践型インターンシップの可能性を提唱し、全国で好事例を生み出し、さらに良質なネットワークを紡ぎ、新しい取り組みにも果敢に挑戦するNPO法人ETICさん!
銚子でも以前から、数多くの学びのチャンスと、学生たちとのご縁を結んでいただいています。豊富な実践と、確かなネットワーク構築力を、銚子のプログラム開発と実践に注いでくださいます。
【HP】http://www.etic.or.jp/

インターンシップ活動支援

銚子円卓会議が運営するサイト「ちょうしノート」は、地域通貨発行ご協力店『オールスターズ』を中心とする市民及び行政が協働で提供するサービスです。
市民はもちろん、市外から訪れる方々にもぜひ銚子での滞在を楽しんでいただける内容になっています。
コンテンツは、数多くの学生・おとなインターンが作成、更新しています。
地域と関わり、地域で学ぶ楽しさを実感していただきながら、若者力を、産業力、地域力にしていくひとつの小さな実践の現場となっています。

銚子の産業力を身近に感じていただきたいとの思いから、NEWSでは、日々の水揚量や、農業の現場からのレポートなども更新中です。
BASHO(場所)・HITO(人)・KOTO(こと)・MISE(店)・MONO(もの)など、それぞれのコンテンツには、カテゴリーを横断する関連情報が添えられています。
記事で出会った人やお店に実際に訪れてみる楽しさをぜひ、体験してみてください。

継続的な中間支援事業など

・この指とまれ!プロジェクトの活動支援
・多い世代交流促進型まちづくりワークショップ等
・中間支援組織に関する研究
・広域的なサービス共有を想定した適正規模地域調査事業