Category: 寄付 (page 1 of 5)

銚子円卓会議 法人設立特設ページ ~「つなぐまちづくり」を前へ

銚子円卓会議は、2013年度(平成25年度)千葉県「地域コミュニティ活性化支援事業」を契機に発足した、多様なまちづくりの主体が連携する協議体です。

2015年(平成27年)6月10日、銚子市との「銚子まちづくりパートナーシップ協定」の締結に基づき、「地域資源である「ヒト」「モノ」「コト」「カネ」の発掘・育成・架橋によって、協働のまちづくりを推進し、魅力と活力あふれる地域社会の実現を目指す」活動を重ねてきました。

また、2019年 3月(令和元年)、銚子市は総合計画を策定するにあたり、まちづくりを進めるための基本方針を示している。それは(1)「わたしたちのまちづくり(市民自治)」の推進、(2)「まちづくりのちから」の創造と活用、(3)「つなぐまちづくり」の3点であり、行政や中間支援団体(各種連合組織、円卓会議など)は「つながる」ための媒介役としての役割を期待されています。

そこで、銚子円卓会議の発足から10年、この間に紡がれた多様な社会関係資本を基盤とし、地域資源の循環を生み支える中間支援組織として、ローカルコミュニティ財団を設立いたします。

設立にあたる資金、並びに運営に係る費用はすべて、ご賛同いただける個人、企業、団体からの志金(資金)とさせていただきたいと考えております。

「つなぐまちづくり」を前へと進めるために、一人でも多くの皆様のご参加を何卒よろしくお願いいたします。

石上 てる代(DELKUI3 期生受入企業/銚子商工会議所 常議員/(株)イシガミ 代表取締役社長)
伊東 勝彦(銚子商工信用組合 業務推進部 部長)
伊藤 剛康(銚子信用金庫 地域サポート部 部長)
北村 卓 (R3 銚子円卓会議委員・R4 この指とまれ!WGメンバー/銚子市社会教育委員長)
木村 栄広(OSUSOWAKE WG メンバー/千葉科学大学危機管理学部 学部長)
坐古 拓也((一社)銚子市観光協会 理事/丸徳商事(株)代表取締役)
櫻井 公恵(H29 銚子円卓会議事業(企業研修)受入れ企業 /櫻井謙二商店 代表取締役社長 )
松岡 明夫(R25-R3 銚子円卓会議委員・R4 この指とまれ!WGメンバー/銚子信用金庫 前理事長)

設立を目指している法人は、公益財団法人への移行を目指す一般財団法人です。
税ではなく、地域の今と未来への投資と考える個人、企業からの寄付金を設立基金とするため、市民財団、地域コミュニティ財団と呼ばれることもあります。
財政状況が非常に厳しい銚子市では、市民のまちづくり参画、NPO活動等の推進と協働によるまちづくりは、今後ますます求められていくと考えます。

そこで潜在的な個人、企業の力がこれまで以上に可視化され、つながることにより、新たな価値を生み出し支える環境を整える必要があります。
お寄せいただきました志金(ご寄付)に関しましては、下記の通りに活用させていただきます。

▶ 法人設立資金として 目標金額 300万円
一般財団法人設立に必要な300万円を目標としています。

●設立資金 一口 1,000円~
どこにお住まいの方でも、下記オンライン寄付専用サイトから法人設立にご参加いただけます。

▶運営資金として会員制度 目標金額 200万円

<個人> 設立資金 一口   1,000円
<企業> 設立資金 一口 20,000円

上記、いずれも、下記サイトからお申込みいただけます他、メール等にていつでもお問合せください。

「つなぐまちづくり」を前へ!地域の基盤づくりに、ご協力ください! | 銚子円卓会議 (congrant.com)


法人運営は理事会及び評議会によって行われます。
銚子円卓会議法人組織体制(PDF)
*組織図(現在準備中です)
*法人定款案(現在最終確認中です)


これまで銚子円卓会議で取り組んできた下記3つの基本事業を中心に、地域中間支援組織として、地域課題の提起と解決に向けた対話の場づくり、何より地域の次世代が伸び伸びと生きぬく社会づくりに貢献し、それを支えるおとなのwell-beingを叶える事業づくりや事業支援に持続的に取り組んでまいります。

▶この指とまれ!プロジェクト
市民活動を市民等からの寄付で媒介するみんながつながる寄付活動です。
さまざまな視点とスタイルで、地域の今と未来をもっとより良くしようとする地域の活動へ寄付を媒介しています。
登録のご希望、募金箱の設置のご希望、寄付商品の企画開発に関してなどいつでもお問合せください。
オンラインからご寄付も可能です!⇒「この指とまれ!プロジェクト」へのご寄付をお願いいたします! | 銚子円卓会議 (congrant.com)

▶ローカルキャリア DELKUI
次世代育成を通した地域の活力向上を目指す、ローカルキャリア教育支援事業を展開しています。
地元事業者がゲストとなり中学生と対話する「DELKUIジュニア」、マネジメントについて学ぶ「DELKUI high school」、大学生のインターンシップ事業「DELKUI」、また多世代でのまちづくりワークショップの更新版「DELKUI time」や「コミュニケーションスキルアップ講座」などローカルキャリアを通した人と地域のwell-beingをつくります。
詳しくは、こちら⇒https://choshientaku.com/category/internship/

▶共助の循環備蓄 OSUSOWAKE
自助、共助、公助がゆるやかに結びついた日本初!銚子発!の取り組みは、地域資源を活かした多様な協働スタイルと事業内容が評価され、令和3年度ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)受賞した本事業。「もしも」のための「いつも」のつながりを創出する大切な取り組みとして今後広く全国の皆様に参画を呼び掛けていきたいと考えています。
詳しくは、こちら⇒災害支援を視野に入れた共助のローリングストック「OSUSOWAKE」 | 銚子円卓会議 (congrant.com)

*設立に際し、ご寄付くださいました皆様のお名前をご紹介いたします。

寄付専用サイトはこちら

【銚子円卓会議】 人と地域のすこやかな未來を支える「つなぐまちづくり」を進めています! | 銚子円卓会議 (congrant.com)

寄付の種類を知って、より良く思いを伝えよう

新しいカレンダーに変わりました。
2024年もどうぞよろしくお願いいたします。
本日は、水谷衣里さん(株式会社 風とつばさ 代表取締役)のSNS投稿(1/4投稿)をご紹介させていただきます。
とてもわかりやすく、まとめてくださっています。

【寄付の種類を知って、より良く思いを伝えよう】

<この投稿の言いたいこと>
①あなたが手元で「すぐに寄付できた」からと言って、「すぐに被災者に届く」わけではない
②誰を支えたいのか、どう支えたいのか考えよう
(判断軸は2つ)
—-
能登半島の地震に際し、「今すぐできること」として「寄付」の重要性が言われていますね。
こうした傾向は、東日本大震災、熊本の震災、西日本豪雨など、この10年強、多くの自然災害を経験してきた私たちの国で、少しずつ「寄付という名の応援」が根付いてきた結果だと感じます。
同時に
・「寄付の性格の違い」や「種類」にバラエティが出てきたこと
・呼びかけや拡散のスピードが速まったこと
も、大きな変化だと思います。
頻発する大規模災害の結果、定型化されたシステムを使って、あるいはあらかじめ寄付先を決めて、即、寄付募集を開始できるよう備えるケースが増えています。
大手のネット募金も同様です。
東日本大震災の後は特に、システムとフローを平常時に決めて、即立ち上げられるように準備している会社さんが増えてきたなと感じます。
そこに、オンライン決済やポイント利用など手段の多様化とSNSが相まって、寄付の手段の多様化と拡散のスピードが進んでいるのかな、と。
そんな多様化を前に、多くの方が「寄付」に触れる災害時だからこそ、
「寄付の種類を知って、より良く思いを伝えること」
「即時の寄付が、即時の支援につながるわけではないこと」
を理解する重要性が増しているのではないか?
そう思うことからのポストです。
—-
なお、本投稿は、寄付先を網羅しているものではありません。
また、私が書いている今回の投稿は、あくまでも1/3時点の情報を基にしていますので、今後情報が更新される場合もあります。

さて、それでは本題です。
—-
冒頭に書きました「2つの判断軸」。
これは、簡単に言いますと、
1.即時性ある支援に使いたいのか、そうでないのか?
2.公的機関(自治体)を経由したいのか、民間にダイレクトに渡したいのか?
という2軸です。

■1:困っている人に資金を届けたいなら義援金。でも実際の配分には時間がかかることを覚えておこう。
(図でいうところのの左下、青いエリア)
手数料を取られたくない、中抜きは嫌、全額困っている人に届けたい、NPOは信用できない、団体ではなく被災者そのものに、という声を聞きます。(私はそう思いませんが)そう思う気持ちの方も、実際いらっしゃるのでしょう。
もしもあなたがそう思うのならば、「自治体」へ「義援金」を送るのが良いと思います。
ただ、覚えておくべきことは、義援金が実際に被災者の手元にわたるには、時間がかかる、ということです。

義援金の配分は
・集まった義援金の総額(あるいは想定額)を基に
・都道府県に設置された「配分委員会」において
・「配分ルールと配分額」が決められ
・決まった額が基礎自治体に届けたられた上で
・職員が、被災者の個人の口座に振り込む
というルートを辿ります。
そのプロセスには、一定の時間がかかります。
つまり、「即」届けられる性質のお金ではない、ということです。
例えば、2011年の東日本大震災の後、宮城県の義援金配分委員会は、2021年までに合計14回、開かれています。
また配分委員会のたびに、被災者の方に届けられる金額は変化します。都度、集まる金額や配布対象者の数に変化があるからです。
具体的にみてみると、例えば第1回の義援金配分額は、家屋や人的被害の程度に応じて18万~38万までに分かれます。
最終回の第14回の配分額は、同じく程度に応じて1千円~5千円にとなっています。
「自治体への義援金」という仕組みは、日本に長く定着してきた仕組みですし、「自治体」や「公的団体」に対する信頼が高い方には、向いている寄付先だと思います。

なお、現時点では、石川県・富山県・新潟県は義援金募集の窓口を開けていません。
内閣府のサイトにも、義援金募集の掲載はまだありません。
日本赤十字社も、義援金の募集をスタートしていません。(1月3日時点)

加えて解説しておきますと、
「日本政府が国として集めた義援金」も
「日本赤十字の義援金」も
「各県に置かれた日本赤十字社の支部の義援金」も
「第三者が集めた義援金」も
都道府県に設置される義援金配分委員会に送られます。

つまり、都道府県単位の義援金に集約されます。
ですので、入口は違っても、届く先は同じです。
今回寄付を募っている各種クラウドファンディングプラットフォームや、IT大手プラットフォームの中には、自治体への義援金を表明して寄付先を募集しているケースが存在します。

例えば
・campfire
https://camp-fire.jp/projects/view/731863
は、決済手数料を除いた全額を、被災自治体への義援金として使うことを表明しています。
ここで覚えておいていただきたいことは、
「寄付募集サイトがすばやく立ち上がることと、それが被災者の手元に届くスピードとは別の話である」ということです。(ここ、大事なところです。)
一般に、寄付は災害直後の方が集まりやすいです。
また寄付はつらい現実を前に「何かしたい」という人の優しさを受け止め、形にする手段として、大事な役割を持ちます。従ってスピード感ある寄付募集やサイトの立ち上げが、意味がないということではありません。
それはそれで大切なことです。
ただ、寄付する側は、「寄付募集サイトがすばやく立ち上がることと、それが被災者の手元に届くスピードとは別の話である」という点を理解しておく必要があると思います。

■2:緊急支援を支えたいなら、そうした活動実績のあるNPOへ。但し使途の明確さや、余剰分の利用方針などに納得できる先を探そう(図の右上、赤いエリア)
では緊急時を支えられる寄付手段はないのか?
あります。発災後すぐ、緊急支援フェーズに行動を起こすNPOが日本にもあり、寄付を募集しているからです。
例えば
・ピースウィンズ・ジャパン
https://donation.yahoo.co.jp/detail/925072
https://readyfor.jp/projects/helpnoto
・認定NPO法人難民を助ける会/AAR
AAR Japan[難民を助ける会]
https://donation.yahoo.co.jp/detail/243036…
・シビック・フォース
公益社団法人Civic Force(緊急即応チーム)
https://www.civic-force.org/index.html
https://readyfor.jp/projects/earthquake202401
などは、その代表例だと思います。(ほかにもありますが、まずは一例ということで)

彼らの中には、自組織でヘリコプターを飛ばし、医師や看護師を連れて被災地へ飛ぶような機動力を持つ組織もあります。自治体などが対応しきれていない方々を支えるべく、
「緊急時に、支援の網の目をより細かくする役割」を担っている、と言えばわかりやすいでしょうか。
彼らは、緊急支援に特化したプロフェッショナルです。

しかし、自衛隊や警察・消防等とは異なり、その財源として、税が当てられているわけではありません。
また、自衛隊や警察・消防に比べれば大きな組織ではありませんので、広域をあまねくカバーする役割は担えません。
しかし「緊急時に支援の網の目をより細かくする役割が担える」存在は、日本にはそんなに多くはないことを思うと、希少な役割を担っている民間組織に対し、応援の気持ちを込めて寄付する、という行為はある種の理にかなった行動だと私は思います。

先ほど挙げたcampfireさんとは異なり、同じCFプラットフォームでも、READYFORさんは、特定の団体への寄付募集をサポートする形式を採られています。
これについて、自分の理解を少し添えておきます。
READYFORさんで通常、寄付募集のPJを立ち上げる場合、様々な手続きやコンプライアンス上のチェックを受ける必要があります。それまではPJを公開し、プラットフォーム上から寄付を集めることはできません。そしてそれには当然、確認のための日数が必要です。
しかし緊急時にこれをしていては寄付募集が遅くなります。
従って、これらの時間が短縮できるよう、緊急支援の対象先候補となり得る団体をあらかじめピックアップし、必要な手続きを済ませ、最低限の手続きでPJページが公開できるよう準備する、という一連の努力がなされている、ということです。
こうして迅速な寄付ルートが作れるということは、団体からすれば「寄付を募集する手段が複数化し、アプローチできる潜在寄付者層が増えること」を意味すると思います。

反対にREADYFORさんとしては、「寄付募集をスムーズに行うことで、非常時にこうした活動を支えるという貢献を担っている」と理解すると良いと思います。
また後述するYahoo!さんは、対象を特定せず寄付を集める
「Yahoo!基金」とは別に、「Yahoo!募金」の中に、個別に団体を指定して寄付できる仕組みを設けられています。
これには1/3の時点で19の団体が掲載されています。
その中には緊急支援系の団体も含まれます。
https://donation.yahoo.co.jp/promo/20240101.html…

■3:中長期的な活動を支えたいなら、「支援する人を支援する」寄付を(図の右下、黄色いエリア)
震災をはじめとする自然災害は、最初の1ヶ月は支援の手が厚くなります。
(発災直後はもちろん手薄で、その後各都道府県からの応援や自衛隊などの投入があり、緊急支援が一気に拡大、その後民間支援が後を追うイメージ)
また先にも書きました通り、寄付に関しても、最も資金が集まるのは最初の数日です。
ボランティアも同じです。

緊急期を過ぎると、各地で災害ボランティアセンターが立ち上がります。
そのスピードは、被災の状況や自治体規模、職員の置かれた状況によって異なりますが、早くて3~5日後、概ね1週間くらいが目途かな?と思います。
(※3日時点で、県内外からのボランティアの募集をしているのは、富山県小矢部市のみでした。4日から同じく富山県高岡市、射水市でボランティア募集が始まるようです。)
そうなると、ボランティアがわーっと入り始めます。
(災害ボランティアについてはまた別途投稿します)
ただ、その後、1ヶ月、3か月、半年、1年と、人の手は段階的に引いていきます。
寄付も、同じ趨勢を辿ります。
そんな時に頼りになるのが、中長期的な活動を応援する、現地の団体や財団、コーディネートを生業とする方々です。

寄付に関して言えば、今回は既に、
・ETIC.を窓口とする、チャレンジ・コミュニティ・プロジェクトの皆さんの活動を支える基金
(令和6年1月能登半島地震地域コーディネーター支援募金
令和6年1月能登半島地震地域コーディネーター支援募金(エティック) – Yahoo!ネット募金

・ほくりく未来基金による緊急支援基金

「令和6年能登半島地震 災害支援基金」を立ち上げました。被災地で支援活動を行うNPO等の団体を応援するための基金です。


といった基金が立ち上がっています。

前者は、ETIC.が20年ほどの時間をかけて醸成してきた、地域のコーディネーターやプロデューサーの方々集まるコミュニティ(通称チャレコミ)のネットワークをベースとするものです。
災害時に機動的に動けるよう、平時からネットワーク形成と始動の準備を重ねられてきた。その結果が生きている(そして試されている)フェーズだと理解しています。

後者は、2023年4月に立ち上げられた、北陸地域を中心とするコミュニティ財団です。
公益法人制度改革以降、2000年代後半から主には公益財団を器とする「コミュニティ財団」が日本でも増加しました。
日本型のコミュニティ財団が増えた時期と、大規模災害が各地で発生した時期が重なったこともあり、コミュニティ財団が寄付を受け付け、被災者支援を行う地元のNPO法人等や、草の根で活動する団体等に助成を行う、という仕組みが広がりました。

詳細はまだ、読み解けてはいませんが、今回もこの形式が採られているものだと理解しています。
(ほくりく未来基金による緊急支援基金の設立は、一般社団法人全国コミュニティ財団協会もサポートしているとのことです。)
これらの「仲介者が存在する基金」に寄付する行為の、良いところは、息の長い支援を支えられることです。
また細やかな支援を行う地元の団体に寄付を届けやすくなることです。
今回のように、激甚災害が発生したエリアでは、緊急支援が終わり、復興フェーズに入った後も、長いながい支援が必要です。

特に人口が減少し、高齢化が進んでいる北陸地域では、人と人とつなげ、安心と安全をつくりだし、外からのチャレンジャーも含めて、地域の担い手を育てることが、ほんとうに大切になります。
なぜならば、いくらお金を渡しても、人がいなければ復興は実現しないからです。
上記に記した団体は、まさにそうした「担い手」を支え、育む存在だと思います。

■4:寄付先が決まっていないが、募集をしているもの
(大手IT企業によるものや、クラウドファンディングプラットフォームによる寄付募集など)
これ以外に、素早く寄付募集が始まっているが、寄付先が決まっていないものとして
・Yahoo!基金
・GMOグループ被災者支援募金
・クラウドファンディング For Good
などがあります。
・Yahoo!基金
の良い点は、ポイント寄付などが出来る点だと思います。
現金を出すほど余裕がない(あるいは様子を見たい)という方でも、心理的なハードル低く寄付できるのが良い点かなと。
実際既に61万人からの寄付が集まっています(1月3日時点)
なおYahoo!さんは普段から、最も早く、かつ大々的に寄付募集のアナウンスをスタートされます。今回もそう感じました。
また500万円上限のマッチング寄付も表明されています。
またGMOグループも同様の寄付募集を行っています。
https://bokin.gmo.jp/
こちらは自社からの寄付を1000万円までマッチング、とのことです。
これらの寄付は、現時点で使途が決まってるものではありません。
活動報告は後日、あくまでも即時性にこだわった寄付募集だと受け取っています。
そしてそれはそれで、意味があるものだと思います(理由は既に述べた通りです。)
※この部分は図表に収まらないので、左の上側に空いていたエリアに、カッコ書きでおいてあります。
ちなみに図の空白部分は「公的-即時」ですが、これに該当するものはありません。

■5:ふるさと納税を使った寄付
次に、今回もよく見かけたふるさと納税を使った寄付です。
(図の左下、青色の部分にあたります)
今回、楽天さんは通常の寄付の窓口(楽天クラッチ募金の中にある、災害対策支援基金)とは別に、ふるさと納税を使った寄付募集を行っています。
楽天ふるさと納税(能登半島地震)
https://furusato-nouzei.event.rakuten.co.jp/…/disaster…
こちらは本日1/3時点で4千万円ほど寄付が集まっています。
現在の寄付先は、北陸地域の12の自治体です。
「ふるさと納税」ですので、あくまでも寄付の行先は「基礎自治体」となります。
また寄付先は「楽天ふるさと納税」のプラットフォームを使い、「基礎自治体」を選んで寄付する形式です。
なお、いわゆるふるさと納税のプラットフォームは、大手はほぼすべて、災害支援寄付を受け付けています。
この中で、例えばふるさとチョイスさんが、ピースウィンズジャパンに使途を特定した寄付を集めていますが、その多くは自治体への寄付を前提としています。
自治体を経由するので、即時性のある資金の使われ方をする想定ではなく、あくまで復興期の財源として使われるものと考えると良いと思います。

■6:大手の店頭募金系
コンビニやスーパーなどの店頭で行われる募金です。
ローソン、ファミリーマート、イオンは自治体への寄付を表明されています。
(つまりはこちらも図の左下、青色の部分にあたります)
セブンイレブン、平和堂などは、寄付先は「被災地支援」とだけ記載があるので、現時点では不明、という理解です。
以上をまとめたのがサムネイル画像です。
—-
なお、私はいつも、
・まず「赤いエリア」に寄付した後に
・「黄色いエリア」に重点的に寄付する
ということを意識しています。
先に赤いエリアに寄付するのは、単純に寄付先の立ち上がりが早いからです。
今回のようなどうにもならない現実を前に、体力も専門性もない、安全な場所に住む自分ができることをするという意味で、大事なことだと思っています。
その後、2~3日で、黄色エリアの寄付募集が始まることが多いので、黄色エリアへの寄付に切り替えます。
理由は、
①「支援する人を支援する資金」の絶対量が、日本には足りないと思うこと
②災害時に鍵となる役割を果たすのに、その役割の一般からの理解のしづらさから、寄付が集まりにくいこと
③結果として、コーディネートする人の善意に乗っかって清貧を強いることが起こりがちであること
④このことは、被災地の復興支援はもちろん、巡り巡って社会全体にマイナスの影響を与えると思うこと
の4点にあります。
—–
最後に大事なことを。
■何より大事なこと、寄付は自由意志であり、何がよい、悪いということはない
最後に、何より大事なことは、「寄付は自由意志」であるということです。
あなたの気持ちが動いたら、寄付をすればいいし、今はいいや、と思うならばそれはそれ。
誰からも責められることではありません。
また、公言するかしないかも、あなたの意思に基づけばよいことです。
「陰徳」をもてはやすのも違うと思いますし、
「無理やり公言して拡散」しようと無理をする必要もありません。
どちらでも構わないのです。
「公言」の良さは、情報発信につながること。
SNSの時代です。あなたの投稿で、心を動かされるだれかがいるかもしれない。
それによって寄付する人が増えれば、それだけ助かる人も増える可能性がある。それはすばらしいことです。
デメリットは、「あの人は寄付をしてくれる人」だと認識された結果、縁の薄い、関わりの少ない人から寄付を求められる機会が増える可能性があることでしょうか。
実際、私も大変多くのDMを頂きます。全部には答えられないので、心苦しい気持ちになることもしばしばです。
数年前に一度だけ会った、という方から連絡を頂き思い出せないことも実際ありますし。
(寄付を集める側の気持ちもわかるので、時間が許し、気持ちが向けばそっとシェアします。あるいは申し訳ないなと思いつつ、スルーすることもあります。)
こうした状況はしんどいな、と思う方は、こっそり寄付をするのが良いと思います。
匿名での寄付を受け付けている先も数多くありますし。
ふるさと納税への批判があるのも知っています。これを使うかどうかも、当人の自由意志だと思います。
あなたの意思で、あなたが決めればよいのです。
—-
ということで、最後にもう一度復習を。
①あなたが手元で「すぐに寄付できた」からと言って、「すぐに被災者に届く」わけではない
②誰を支えたいのか、どう支えたいのか考えよう(判断軸は2つ)
普段使っているスライドに突貫でまとめた図なので、ちょっと見づらいところもあるかもしれません。
そしてもし間違いがあったらどうぞ教えて下さいませ。
以上、災害の時だからこそ知っておきたい、寄付の考え方のお話し、でした。

 水谷衣里氏(株式会社 風とつばさ 代表取締役  コンサルタント)
———————————
大学在学中から地域づくり活動や NPO 支援に関わる。

大学院卒業後、UFJ 総合研究所(現:三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社)にて、ソーシャルセクター・市民公益活動に関する政策立案やコンサルティングに従事。ソーシャルファイナンス・社会的インパクト投資・コミュニティ投資といったソーシャルセクターの資金還流や、ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)養成・ソーシャルビジネスの経営支援といった、課題解決の実践者・支援者の創出・育成にも携わる。

また、同社の社会貢献担当として、ソーシャルビジネスの実践者とシンクタンクの社員が半年間にわたり協働する「ソーシャルビジネス支援プログラム」の運営事務局も務める。同時に公益信託世田谷まちづくりファンドにおける、新しい伴走型助成プログラムの創出に携わる。

また課題解決の当事者と、それを支える周囲のサポーターによって形成されるプロボノコミュニティの運営にも関与する。
大学教員として、ソーシャルイノベーション、ソーシャルアントレプレナーシップ等に関する教育・研究にも従事。

各種執筆や講演、コーディネーションを通じて、当該分野への知的貢献を続ける。

株式会社 風とつばさ – 社会課題の解決を目指す人と組織の成熟を支える、株式会社 風とつばさの公式ウェブサイトです。代表者・水谷衣里のブログも掲載。水谷衣里の現在の活動や日々の仕事について、発信しています。 (kazetotsubasa.com)

この指とまれ!プロジェクト 寄付贈呈・活動報告会を開催しました♫

本日、この指とまれ!プロジェクト寄付贈呈・活動報告会を開催いたしました。

短い時間でしたが(実際には予定よりも長くなってしまいました。事務局のタイムマネジメント不足をを反省中です・・・)、銚子円卓会議協働アドバイザーで、千葉大学大学院社会科学研究所教授の関谷 昇先生を中心に、多様な背景の皆さんがぎゅっと集まってくださり、応援したり、応援されたりを体現する時間となりました。
どの活動も本当に素敵なものばかりです。
活動の内容もさることながら、その活動を大切に育てている皆さんの情熱が心に残っています。

昨年度、お寄せいただきました寄付額は、215,375円。平成25年度からの累計寄付額は、2、512,234円になりました。

まだまだ仕組みをご存じない方もいらっしゃいます。
まだまだそれぞれの活動の魅力をご存じない方もいるのではないでしょうか。

ぜひこのブログと出会ってくださった皆さまにもぜひご参加いただきたい活動です。

応援したり、応援されたりの関係が楽しい「この指とまれ!プロジェクト」では、今年度もご寄付を募集しています。

募金箱をおいていいよ!というお店の方、寄付つき商品やってみようかな!?というお店や企業の方からのご連絡を心待ちにしております!

報告資料などは下記よりご覧いただけます。
寄付先団体、非営利活動についてのご相談なども随時受け付けております。
お気軽にメールでお問合せください!

本日のプログラム・投影資料
11団体活動報告書
累計寄付集計表H25-R4

「この指とまれ!プロジェクト」その3 寄付を受ける活動

当サイトのTOPページからもご確認いただける通り、現在、『この指とまれ!プロジェクト』に登録され寄付先となっている活動は全部で11あります。

今年度はようやく登録活動同士の交流や学びの機会の企画も再開予定で、楽しみな春4月。新しく登録を希望する活動も募集しています。

登録へのSTEP1は、協働事務局での面談
活動の内容をうかがったり、寄付の仕組みについて聞いていただいたりの最初のコミュニケーション機会です。

STEP2は、申請書の提出
書き方などは事務局で引き続きコミュニケーションをとりながらサポートさせていただきます。

STEP3は、審査会への参加
登録には審査があります。
この指とまれ!選定委員会とよばれ、銚子円卓会議関係組織等からメンターとなる皆様が参加されています。
活動を広く知っていただくための第1歩です。

STEP4で、登録!

登録後には、年1回の寄付贈呈式と活動報告会への参加をお願いしています。
どんな活動をして、今、何に課題を感じているかなど、今年度は、登録活動団体間で話し合ったり、出された課題の解決を目指し、テーマを設定した学び合いの機会や、その他個別での相談会なども予定しています。

すでに活動をされている方も、
活動をはじめてみようかな、と思っている方も、
ぜひ『この指とまれ!プロジェクト』へのご参加を検討してみませんか?
お問合せはお気軽にお寄せください。

銚子市総務課総務室 0479-24-8794
協働事務局(NPO法人BeCOM) 0479-25-8870

メール:info@choshientaku.com

この指とまれ!プロジェクトへのオンライン寄付はこちらのサイトから!

<日本一の水揚げ量/銚子市漁業協同組合地方卸売市場より>
魚市場業務日報
▶4月14日
旋網(いわし) 隻数3 数量521.0t
旋網(はもの) 隻数1 数量57.1t
旋網(その他) 隻数1 数量0.2t
底曳(打瀬) 隻数 7 数量9.2t
底曳(小型) 隻数6 数量6.1t
鮪鮫延縄 隻数3 数量22.0t
廻船底曳 隻数2 数量1.3t
その他 隻数 8 数量3.1t
合計  隻数 31  数量620.1t

「この指とまれ!プロジェクト」その2 寄付つき商品

 

上記は、昨年度の広報ちょうし 11月号に掲載された『この指とまれ!プロジェクト』の紹介記事です。

主体的な地域貢献活動(ボランティア、NPOなど)の課題に必ずあがる「活動資金」。
銚子円卓会議では、資金援助というのではなく、誰かからの「がんばれ!」や「ありがとう」を届ける仕組みをつくりたいと考えました。
オンラインの寄付サイトに加え、今後力を入れていきたいのが「ローカルな寄付つき商品」からの活動応援です。

現在上記の5品の購入によって、企業様のご厚意で売上の一部を『この指とまれ!プロジェクト』の活動にご寄付いただけることになっています。
寄付商品が増えていくことで、日常生活の中で、買い物を通した地域貢献につながる選択がしやすくなるのではないでしょうか。

常時ではなくても、期間を設定してのご参加もありがたい!です。

銚子円卓会議では、皆さまからお預かりした寄付額は、手数料をいただくことなく、寄付先にお届けしています。

もし同じものを購入するなら、寄付できるモノを、という感覚が中心に当たり前の社会はきっとカラフル♬

社会貢献活動にご興味をもつ企業様、寄付活動にご興味をもつ皆さまからのお問合せをお待ちしています!お気軽にお寄せください。

この指とまれ!プロジェクトへのオンライン寄付はこちらのサイトから!

明日は・・・寄付をうける活動について

<日本一の水揚げ量/銚子市漁業協同組合地方卸売市場より>
魚市場業務日報
▶4月13日
底曳(打瀬) 隻数 4 数量2.7t
廻船底曳 隻数 2 数量15.6t
その他 隻数 7 数量1.4t
合計  隻数 13  数量19.8t

「この指とまれ!プロジェクト」その1 地域通貨から寄付!?

「犬吠WAONカード」は、WAONが使えるお店なら、全国どこで使っても、イオンリテール(株)さんを通じて、金額の0.1%が、銚子市に寄付される地域貢献型の電子マネーです。

銚子円卓会議では、その活用促進と地域内のつながりづくりに貢献しようと、市内のお店で犬吠WAONを使ってお買い物をしたときに貯まるポイントを、地域通貨「すきくるスター」とする仕組みの構築と運用に挑戦しました。

その中で生まれた「この指とまれ!プロジェクト」は、地域の細やかな活動に対して、自分のカードに貯まった地域通貨を寄付して応援できる取り組みです。

2013年のスタートから約10年。計16団体に対する約230万スター(円)のご寄付を媒介しましたが、5年前のとっても懐かしい動画を発見!
紹介させてください。(りこちゃん、みおちゃんがかわいい!そして当時の円卓おとなインターンだった、さおちゃんのナレーション懐かしいっ!)

2021年度末に地域通貨の運用は終了しましたが、この間に紡がれたゆるやかなつながりを大切にし、次のステージに進もうとしています。

明日は・・・「寄付つき商品について」

 

この指とまれ!プロジェクトに新プロジェクトが加わりました!

この指とまれ!プロジェクトに新しい活動が加わりました!

それは、この地域に、「ほっとけない!」「こうしたら、この地域にもっと笑顔が増える!」と活動を始める人の数が増えているということ。


新しい活動は、OSUSOWAKEシンポジウム内 DELKUIピッチ(sponcored by 銚子電力(株))でMVPを獲ったippolaboさんです!
ピッチでは、分かりやすい活動内容+キャッチーな「はじめのい~っぽ!」の締めくくりが印象的で、円卓スタッフ内でも話題でした。
今回、この指とまれ!プロジェクトの活動にお迎えできて、地域のこれからのことを想像すると、とても心強く感じています。

一方「小銭を寄付しても、なんか、何にもならないんじゃないかな、って思う。」

時々、そんな言葉に出会います。

とんでもありません!
応援する気持ちを表現していただくことこそ、銚子円卓会議が求め続けているものです。

ぜひ、どうか、皆さまからの「がんばれ!」のお気持ちとご寄付をお寄せいただけますようお願いいたします。

『自分のために。誰かのために。』

銚子円卓会議では、そう考えて行動できる人が、増えていくことを目指しています。


12月1日 FANFUNチャリティシーズン ほっとかない人たちへ”小さな寄付と大きなエールを!”

12月に入りました。
銚子円卓会議では、12月1日~2月28日をFANFUNチャリティシーズンとして、市民活動への寄付と参加とコミュニケーションを呼びかけていきたいと考えております。

◆ご寄付について◆
「この指とまれ!プロジェクト」には、銚子に暮らす人たちが「この問題、ほっとけない!」「こうしたらきっともっと笑顔が増える!」そんな気持ちで続けている人たちの活動が登録されています。大きな活動ばかりではなく、小さな試みもあります。

どうか寄付とエールの応援をお寄せいただけませんでしょうか?

上記サイトよりオンラインでご寄付いただける他、例えば寄付商品を購入することで、市民活動を応援することにもつながります。
また小銭や現金でのご寄付は、協働事務局(中央町12-13)でも直接受け付けております。
お気軽にメールまたはお電話でお問合せください。
電話:0479-25-8870
メール:info@choshientaku.com

◆参加について◆
ただ今の参加募集中の「コト」

① 「好奇心旺盛の店舗様・事業者様」
販売することが、寄付にもつながる「寄付商品」は、何か新しい商品を開発するわけではなく、今あるものの販売を通して、例えば1個の販売で1円を=100個の販売で100円を、「この指とまれ!プロジェクト」へご寄付いただこうとするものです。
地域の中に、小さな寄付と大きなエールを、交わし合える環境を広げていければと考えます。
面白そう!と思っていただけましたら、どうぞお気軽にご連絡ください!
一緒に考えていただける方、お待ちしています!

② 「この指とまれ!プロジェクト」活動参加・活動登録!
行動あるのみ!休日をもっと豊かに!地域との関りを育てたい!という方には、ぜひそれぞれの活動の魅力を知って、ご参加いただけますよう♫

③ 共助の循環備蓄「OSUSOWAKE」にご参加ください!
災害支援を視野に入れた地域ぐるみのローリングストック「OSUSOWAKE」の第3期がはじまりました。季節ごとに防災を考える季節備蓄もあります。一人でも多くの方にご参加いただくことで、地域を超えて助け合える、やさしさの連鎖でつながった社会が、今以上に実感できるようになると考えます。

①②いずれも、お電話でも、メールでもお気軽にご連絡ください。
メール:info@choshinentaku.com

◆コミュニケーションについて◆
寄付も、参加も、やっぱりコミュニケーションが大切♬
ただいま、対面での「まちづくりワークショップ」さらに新しい企画も準備中です。
詳細の発表まで今しばらくお待ちください!

【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場
<11月 29日水揚げ量>
旋網(その他)数量=2      隻数=7.4t
底曳(打瀬) 数量=7  隻数=5.2t
底曳(小型) 数量=6      隻数=2.5t
廻船底曳   数量=4      隻数=5.8t
その他    数量=10   隻数=2.3t
合計     数量=29 隻数=23.1t

<11月 30日水揚げ量>
鮪鮫延縄   数量=2     隻数=7.3t
その他    数量=2     隻数=0.1t
合計     数量=4 隻数=7.5t

8月18日 ローカルな寄付の新ルールづくりにご意見を!

銚子円卓会議では、10年目を迎えた「この指とまれ!プロジェクト」の新ルールづくりに取り組んでいます。
そこで、皆さまからのご意見を募集いたします!

「こんな寄付ができたらいいな。」というアイディア、ご自身の寄付エピソードなどをお聞かせいただけませんか?
ただ今、下記2つの方法で、皆さんの参加をお待ちしています!

▶その1
<オンラインブレストに参加する!>

銚子円卓会議の関係人口プロボノチームがオンラインでのブレスト機会を設定してくれました♫
寄付のしくみづくりにご興味のある方でしたら、どなたでもご参加いただけます。
どうぞご連絡ください。
▷参加お申込み〆切  8月27日(土)午後5時
info@choshientaku.com

トピック: 銚子円卓会議_プロボノ部

2022年8月28日(日)17:00-18:30
「ローカルな寄付のしくみについて、ゆるっと話そう」
https://us02web.zoom.us/j/87319188688?pwd=eE9UaTh6K2k0RThTSzRnOS9uRzFPZz09
ミーティングID: 873 1918 8688
パスコード: 689217
*この指とまれ!プロジェクト登録団体の皆さま、DELKUI関係者の皆さま、OSUSOWAKE企業の皆さまも、事前に「参加」のお知らせをいただけますと幸いです。
*プロボノ部はslackで情報共有をしています。
銚子円卓会議プロボノ部って何?という方、関係人口というワードに心ひかれた方、興味あるよ!という方はどうぞメールまたはお問合せフォームからご連絡ください!info@choshientaku.com

▶その2
<メールで参加する!>
このサイトのお問合せフォームを活用していただくと簡単です!
アイディア、企画、思い出のエピソードを自由にお書きください。
▷お申込み〆切 8月25日(木)午後5時

それでは、最後にいつもの通り、銚子の水揚げ量の報告です。

<8月17日 魚市場業務日誌> 銚子市漁業協同組合卸売市場

鮪鮫延縄 隻数=2 数量=13.9t
その他  隻数=14  数量=3.3t
合計   隻数=16 数量=17.2t

8月17日「この指とまれ!」と木の葉パン🍂

この指とまれ!プロジェクトに新しい活動が加わりました!

「ちょうしのたからプロジェクト」 代表 佐久間 雅也さん

「ちょうしのたから」という名前には、田んぼから発信するという意味の「田から」と、活動の拠点の「兄弟谷津」と活動の担い手の子供たちは、銚子の「宝物」であるという意味が込められているそうです。

このプロジェクトでは、銚子駅のほど近いところにあり、現在は耕作放棄地となっている兄弟谷津の環境を子供たちに残すため、環境保全活動と復田した田んぼで有機栽培によるコメ作りを継続的に実践しようとされています。

活動をされている方に女性、子供たちも多く、息の長い活動になっていくことが期待されます。

生きている時間の豊かさを追求する活動であることは、他のプロジェクトと同様と感じます。
インスタグラムから活動の様子を積極的に発信されています。
ぜひチェックしてみてください。

そして「この指とまれ!プロジェクト」を通して、ご寄付による市民活動への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

本日の選定委員会では、昨年度分の寄付金の贈呈もさせていただきました。

お忙しい中、ご都合をつけていただきました6団体(前列左から、銚子ジオパーク推進協議会さん、銚子正調大漁節保存ひびき連合会さん、NPO法人ナルク銚子拠点くろしおさん、銚子円卓会議座長、銚子商工会議所青年部さん、千葉科学大学学生警察支援サークルスターラビッツさん、(有)銚子海洋研究所さん、後列はこの指とまれ!プロジェクト選定委員の皆さんです)

それぞれのプロジェクト、そして携わる方々は、とてもとても魅力的です。
活動をすることで直面する「課題の壁」や「やりがい」なども多くの皆さんと共有しながら、さらに応援いただけるよう工夫していきたいです。

「寄付」は未来への投資とも言われます。
このプロジェクトを通して、これまでたくさんの新しい交流が生まれています。

そっとつながっていくことで、それぞれの未来がふわりと変わる感覚がとても大切なように思えてなりません。
ご興味、ご関心、またご意見やご感想などどうぞお気軽にお寄せください。

オンラインの寄付はこちらからです。

募金箱の設置、寄付つき商品に興味があるという店舗様からのご連絡もお待ちしております!

小銭の寄付先を探している、という方からのお問合せも大歓迎です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
お盆を過ぎると急に秋の気配を感じます。

さて、皆様。共助の備蓄OSUSOWAKEの秋備蓄はいかがですか?

秋を感じる、ダイモンさんの木の葉パン!
銚子で暮らす方はもちろん、銚子を離れて暮らす方々にもぜひ備えていただきたい秋備蓄品です。

OSUSOWAKEの特長は、通常むしろ備蓄できないものに対して、お気持ちをお預かりし、何事もなければ、すぐに召し上がっていただける最高の状態でお手元に届くことが特長です。

しっとりとして木の葉パンをぜひ10月10日まで自分のために、誰かのために、備蓄しませんか?

お申込みはこちらです。

最後は、8月12日(金)お盆休み前最新の水揚げ量です。

<8月12日魚市場業務日誌> 銚子市漁業協同組合地方卸売市場
その他 隻数=13 数量=1.5t
合計  隻数=13 数量=1.5t

Older posts