Category: FANFUNな事務局通信♪ (page 1 of 29)

FANFUNコミュニティーBLOG

銚子にうっすらと雪が積もりました。

6,7年ぶりでしょうか。
銚子に雪が降りました。

昨晩の降り始めたときはとてもワクワクしましたが、SNS上では、翌日の車や歩行など移動の心配をされる声が多く、浮かれていた気持ちが少し落ち着きました。

今朝はよく晴れています。

雪の残る道路を、慎重にゆっくりと走る前の車に習い、いつもよりもスピードを落として走りました。

今日一日、足元を気をつけながら、内心ではいつもと違うことを楽しんで過ごせたらいいですよね。

いつもの写真が特別な一枚になりそうです。

ちなみに今日は、日本最低気温の日。
これは、1902年(明治35年)、北海道上川地方旭川市で日本の気象観測史上の最低気温であるマイナス41.0℃を記録したことにちなんでいます。

さらに、そのことにちなんで「中華まんの日・あったか旭川まんの日」でもあります。
確かに今日は中華まんが売れそうです。

【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場

<1月 24日水揚げ量>
旋網(その他)隻数=3        数量=0.1t
底曳(打瀬)     隻数=2        数量=3.1t
鮪鮫延縄   隻数=1       数量=1.7t
その他    隻数=11     数量=11.2t
合計     隻数=17 数量=17.1t

わたしと音楽の出会い リトミックからピアノ、歌うこと|ハロー!ブルーバード

ハロー!やかです。

先日、ブログの特集記事のために取材をさせていただきました!
昨年、2022年5月に東京から移住してきた、薬剤師でヨガインストラクターのもえのさんです。
もえのさんは次回以降のブログでたっぷり特集させていただきます。どうぞお楽しみに!

薬剤師×ヨガ もえのさん

ブログで取材をさせていただくにあたり、必ずお聞きしている一言があります。それは…
「あなたにとってのブルーバード(幸せの青い鳥)を教えてください」

すると、人によっては大変悩ませてしまうことが分かりました(笑)。確かに非常に抽象的な質問ですし、正解のない問かけです。

では「自分にとってのブルーバード」は何か?他人に聞く前に、まず自分に問うことにしました。

ということで、今回のブログはわたしにとってのブルーバードとは何か?

ズバリ、それは「音楽」です。

【目次】
▼はじめての音楽 リトミックとピアノ
▼ピアノの練習が大嫌い 耳コピだけが唯一のカギ
▼カラオケ一家の不思議な縁
▼合唱が独唱になってしまう
▼歌が歌える限り、生きていたい

▼はじめての音楽 リトミックとピアノ

話し出すと止まらない、私と音楽の関係。

元バンドマンだったお話は前回のブログでも触れたと思いますが、今回は私と音楽の出会いについてです。

私が最初に音楽と出会ったのは、0歳児向けのリトミック体験教室でした。

私の実家には母のアップライトピアノがあります。祖母が母に習わせたいと買ったものだそうなのですが、残念ながら母には全くピアノの才能がなかったそうです。せっかく家にあるのに誰も弾かないのは勿体ないと、私にピアノを習わせたいと思っていたところ、まずリトミック体験に足を運びました。

そこでピアノ教室の恩師・京子先生と出会います。

京子先生は私と同い年の息子さんがおり、0歳児クラスの体験リトミック教室で出会いました。京子先生が自宅でピアノ教室を立ち上げてから生徒として通い、今でも娘のように可愛がってくださっています。

やかの結婚式に参列してくださった、ピアノ講師の京子先生(右)

▼ピアノの練習が大嫌い 耳コピだけが唯一のカギ

とはいえ、自分のピアノの腕前は「超普通」です。とにかく練習が大嫌いでした。京子先生を呆れさせてばかりだったと思います。

練習はしてこない、楽譜を読むのが面倒くさい(実際あまり読めなかった)。
ただ良くも悪くも“耳がよい”タイプで、クラシック音楽では必須となる読譜の技術をすっ飛ばし、耳で覚えて弾いていました。いわゆる耳コピというやつです。

絶対音感と言われるレベルまではないと思っています。ただ、相対音感という「他の音と比較したときに、どの音か分かる」程度の音感は今でもあります。

なので歌番組やカラオケ番組などで「音が外れた」とか、演奏している際に「今の部分、あの楽器の人だけ音間違えた」みたいなことは分かります。

ピアノに関してはやる気の問題もあって、完璧な耳コピではありませんでした。適当に聞いて、適当に弾いているだけなので、楽譜通りの弾き方をしていない部分が多々でてきます。

当然、京子先生にはバレバレなのです。
「また練習してこなかったでしょう!耳で聴いても、楽譜通りに弾かないとダメじゃない!」
怒られることもありましたが、諦めずに指導していただいた京子先生には本当に感謝です。今になって「あの時、先生が言っていたのはこういうことだったのか!」と思うことが多くあります。

▼カラオケ家族と不思議な縁

ピアノは上手になりませんでしたが、歌だけは今でも唯一自慢できる特技です。

ピアノが弾けなかった母も歌は得意でしたし、母方の祖父も歌は好きだったそうです。祖父の実家がある愛媛県宇和島市に行った際、親戚がカラオケ好きばかりで「歌の血筋はここからか」と思った覚えがあります。

我が家はとにかくカラオケ一家でした。
母が乳がんで入院する直前にも「これが最期かもしれないから」と言って当時0歳の息子を連れてカラオケに行きました。母とのカラオケは本当にそれが最期になりましたが、0歳の息子にとっては最初のカラオケデビューでした。

家族でカラオケに行ったときの実母(左)と息子(右)

▼合唱が独唱になってしまう

私の通っていた小学校では、小学校4年生から6年生だけが入れる「特設合唱クラブ」というものがありました。
「クラブ活動の時間」とは異なり、朝や放課後に練習して市大会を目指すクラブでした。私は4年生と6年生の時にクラブに参加しています。

合唱クラブの指導者は、音楽教諭の”美しい美しいマツナガ先生(自称)”です。
何より練習がスパルタだったのが美しさの秘訣でしょうか…。おかげさまで私は歌の必須アイテム、腹式呼吸を手に入れました。

中学、高校では学校内で合唱コンクールが存在しました。美しいスパルタ教育の成果で、私の音域はソプラノもアルトも歌うことが可能でした。結果、アルトパートが足りない時にはアルトを、ソプラノパートが足りない時にはソプラノを歌うことに

もともとカラオケで鍛え上げ、人より声量が大きく、腹式呼吸を手に入れた私は、全校生徒で斉唱しても私の声だけが聞こえていたそうですと保護者や先生から「今日もよく聞こえたよ!」と言われることもしばしば。ほとんど独唱です。

▼歌が歌える限り、生きていたい

最初は恥ずかしい思いもありました。もともとイジられキャラで、ちょっとしたことでからかわれることが多かった気がします。それでも歌に関してだけは誰かにイジられたり、バカにされることもありませんでした。堂々と胸を張って「そうです、私の歌はちゃんと届くんです」と思えました。

結果として私が音楽を好きでいられる理由の一つに「歌が歌える喜び」というものがあるのだと思います。

歌は、いつどこにいても奏でられる身体の楽器です。歌を歌うためには健康でいなくてはなりませんし、歌を歌うと元気になります。

バンドが解散したあと久しぶりに歌ったとき、自分の声量不足や腹筋の衰えにショックを受けたことがあります。いつでもまた歌えるように身体を整えようとヨガを始めました

落ち込んでいた時はできるだけ歌を歌いに行きました。歌う際に一番大切なことは呼吸です。それだけで身体中に酸素と血液が循環して、元気になりました。

「歌が歌えるなら、生きている価値は一つあるな」と感じつつ、最近は息子と一緒に「きらきらぼし」を歌いながら帰路についています。

JR銚子駅前のストリートピアノを弾く、やかと息子。

やか/イノウエアヤカ

1992年生まれ。横浜出身・銚子在住。
2011年、大学入学時にロックバンド・phonegazer(フォンゲイザー)を結成。ボーカルとして作詞・作曲を担う。同年、音楽ライターとしてフリーで活動開始。2015年にライブハウスシーン情報サイト・OTOZINEを創設、編集長を務める。2016年のバンド解散後、広告制作プロダクション、業界新聞、地方公務員へと転職し、クリエイティブと地域活性化の関わりに関心を持つ。
結婚、出産、実母の急逝、心身の不調などが続き、2022年10月、千葉県銚子市へ移住を決意。現在、脱サラ漁師の夫と長男の3人で、スローライフを大切に人生をリスタートしている。


【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場

<1月 18日水揚げ量>
旋網(いわし)隻数=2     数量=294.6t
旋網(あじ) 隻数=1 数量=0.7t
旋網(さば) 隻数=17  数量=1768.3t
旋網(その他)隻数=18  数量=147.9t
底曳(打瀬)     隻数=5     数量=7.3t
底曳(小型)     隻数=6     数量=3.4t
廻船底曳   隻数=5     数量=5.2t
その他    隻数=39  数量=5.5t
合計     隻数=96 数量=2261.2t



OSUSOWAKE_コラボ備蓄できます!

毎日、寒いですね。

ただ今、共助の備蓄「OSUSOWAKE」の季節備蓄では、冬備蓄が終わり、春備蓄の準備に入りました。

「四季」のある日本だからこそ。
四季折々に防災の心構えを、という季節備蓄の理念は大切だなぁと改めて感じます。

これ、大学生の発案なんです。

年間備蓄ひとつだと、どうしても備蓄していることも忘れがちで、防災に関する心構えも薄れがち。

そこで、季節に応じた備蓄品を選択することで防災意識も高めていこうという意図があります。

さらにこの度、これまで一つの備蓄品しか選択いただけなかったスタイルを、複数の備蓄品を組み合わせで選んでいただけるようになりました!その名も「コラボ備蓄!!」(「OSUSOWAKE」は、ちばコラボ大賞受賞プロジェクトでもありますし♫)

こちらは、「一度で複数の選択ができるといいのでは?」という参加者様からの声にお応えしたものです!

オンラインでのお申込み画面の中で『季節備蓄_コラボ備蓄』一口  4,000円を選んでいただき、2つの備蓄品を選択してください。ご希望の備蓄品は忘れずに備考欄にご記入くださいね。コラボ備蓄 二口 8,000円で、4つの備蓄品を選択いただくことも可能です。

自分のために。誰かのために。

どうぞ日常からの防災を一緒に考え、取り組んでいきませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。


【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場

<1月 16水揚げ量>
鮪鮫延縄   隻数=2     数量=16.1t
大目流網   隻数=1     数量=0.9t
その他    隻数=3     数量=2.3t
合計     隻数=6 数量=19.3t

<1月 17日水揚げ量>
鮪鮫延縄   隻数=2     数量=29.9t
その他    隻数=1 数量=0.1t
合計     隻数=1 数量=0.1t


【DELKUI6 大学生インタビュー 第1回】andy’s COFFEE STAND 代表 安藤 賀一氏

みなさんこんにちは!DELKUI第6期大学生インターンの加瀬功樹です。
今回はandy’s COFFEE STAND 代表 安藤賀一氏にインタビューさせていただきました。

【目次】

  • 安藤賀一氏とはどんな人?
  • カフェボランティア「珈琲と社会貢献」について
  • 安藤さんに聞いた若い人がすべきこと
  • 安藤さんとのインタビューを終えて

安藤賀一氏ってどんな人?

安藤さんはスターバックスコーヒージャパンにて約13年間人材育成・人材開発を行いながら自らのコーヒーに関しての専門性を高め、2009年、年1回の試験であり、合格率1割の難関と言われるスターバックスコーヒーのブラックエプロンを取得。その他セミナーも多数開催していた経歴もあります。

 

(2022.07.05 DELKUジュニア@銚子西中)

スターバックスコーヒーにお勤めの際、ニックネームがなかったが、上司からAndy(アンディ)と呼ばれていたこともあり、ニックネームをAndyに決定し、今でも多くの方々からAndyと呼ばれており、名前よりもニックネームで呼ばれることの方が多いそうです。
ちなみに初対面ではありましたが、私も安藤さんではなくAndyさんと呼ばせていただきました。

2019年からこれまでの人生で蓄えてきた知識と経験を活かし、多様性を認め合う美しく調和の取れた未来へ向かうためのソーシャルビジネス andy’s Projectを立ち上げ、現在に至ります。

コミュニケーションスキルアップ講座「珈琲と社会貢献」について

この度銚子円卓会議が主催するコミュニケーションスキルアップ講座を安藤賀一氏を講師として招き、開催いたします。講座名の通りコミュニケーションスキルをアップさせたい方はもちろん、副業など新たな学びを何か始めたいがどうしたらよいかわからず悩んでいる方、人とのつながりを求める方、ボランティア活動に興味・関心のある方、珈琲が好きな方、逆に苦手な方など様々な人が来て1杯の珈琲で人と人を繋ぎ、多様性を認め合える良い機会になると思いますので是非参加のご検討をお願い申し上げます。

安藤さんに聞いた若い人がすべきこと

好きなことを仕事にするため、本や動画で学ぶことはもちろん、いろいろな人と話すことがとても大切ということをAndyさんは言っていくださいました。
しかし一番大切なことは行動力
本や動画で学んだことも行動しなければ何も始まらないですし、いろいろな人と話すことも何か行動を起こさなければ話すらできないということで、私はこれから行動力を上げていこうと思います。
行動しようか迷っている若い人がいましたら、ぜひ行動してみましょう!

安藤賀一氏とのインタビューを終えて

私は初めてAndyさんにお会いしましたが、とても気さくな方でコミュニケーション能力に長けていたためかとてもインタビューがしやすく様々な質問に対して丁寧に答えてくださいました。質問したこと以外にも過去の面白いエピソードからビジネスやお金に関するAndyさんの考えまで聞くことができました。私はこのインタビューを通して小さなことを続けることの大切さというのを改めて学びましたし、Andyさんがスターバックスで経験されたことと自分のアイディアを融合させた言葉であるMAKE YOUR DAY!『コーヒーで日常に彩を』というコンセプトをAndyさんは持っていて、好きなことを仕事にできている人だからこそもてる素敵なことだと思いました。

次インタビューさせていただく方はまだ決まっておりませんが、様々な大人と話せることにワクワクしますし、第2回に向けての準備も進めていきたいと思いますので、楽しみにお待ちください。


【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場

<1月 10日水揚げ量>
旋網(その他)隻数=6 数量=54.4t
底曳(打瀬)     隻数=7 数量=12.3t
底曳(小型)     隻数=6     数量=2.8t
鮪鮫延縄   隻数=3     数量=34.4t
廻船底曳   隻数=5     数量=8.1t
その他    隻数=18  数量=2.1t
合計     隻数=46 数量=114.4t

<1月 11日水揚げ量>
鮪鮫延縄   隻数=2     数量=29.9t
その他    隻数=50  数量=14.4t
合計     隻数=52 数量=44.3t

<1月 12日水揚げ量>
旋網(いわし)隻数=8     数量=233.1t
旋網(うるめ)隻数=1 数量=1.3t
旋網(さば) 隻数=7 数量=180.0t
旋網(その他)隻数=10  数量=104.1t
底曳(打瀬)     隻数=7     数量=12.7t
底曳(小型)     隻数=6     数量=3.2t
廻船底曳   隻数=3     数量=1.4t
その他    隻数=61  数量=10.3t
合計     隻数=105 数量=571.1t

<1月 13日水揚げ量>
旋網(いわし)隻数=1     数量=10.0t
旋網(さば) 隻数=16  数量=1024.9t
旋網(その他)隻数=14  数量=93.1t
鮪鮫延縄   隻数=1     数量=16.5t
大目流網       隻数=1     数量=1.0t
廻船底曳   隻数=1     数量=0.8t
その他    隻数=67  数量=10.6t
合計     隻数=101 数量=1156.8t

<1月 14日水揚げ量>
底曳(打瀬)     隻数=5     数量=8.2t
底曳(小型)     隻数=6     数量=2.4t
大目流網       隻数=1     数量=0.5t
廻船底曳   隻数=4     数量=6.2t
その他    隻数=8     数量=3.7t
合計     隻数=25 数量=29.9t



DELKUIインターン6期 大学生インターンの活動開始!

みなさん初めまして!

DELKUI大学生インターンとして銚子円卓会議に参加することになりました加瀬功樹(かせこうき)と申します。今回は私の自己紹介とどんな内容のブログにしていくのか。この2つについて簡単に紹介していこうと思います。

【目次】

1  自己紹介

2 活動内容

1 自己紹介

わたくし加瀬功樹は2002年9月生まれの千葉県銚子市出身。現在は大学在学中です。
何か情報発信をしたいが、どうしたらよいかわからず悩んでいたところ、様々なご縁があり今回のブログ開設に至りました。

自分は、小学校(正確には、小学校に入る前から)、中学校、高校とずっと野球をやってきました。

「銚子市」と聞くと、今でも「野球」を連想する人は少なくないと思います。
家族、親戚みんな野球好きで、自分も当たり前のように野球に打ち込みました。

子どもの頃の思い出を聞かれたら、野球以外には思い出せないほどです。

今は、野球で学んだことを活かしながら、この後の自分の人生をどのように切り拓いてきけるのか?が自分にとっての大きなテーマです。

 

 

2 活動内容

正直、なんでもやりたい、という気持ちでいるのですが・・・

まずはじめに、地域で働く方々にインタビューをし、その情報を同世代や自分よりも下の世代にわかりやすく伝えていきたいと考えています。
それが、自分たち世代のこれからを考えるきっかけのようなものになるといいと思っています。

早速、おとなインターンの井上さんがインタビューされている様子を観て学んだり、記事やSNSの投稿方法を学び実践をはじめています。

また現在、銚子円卓会議で行っている「OSUSOWAKE」の活動を、地域内外のより多くの方々に深く知っていただき、ご協力していただけるような活動をしたいと考えています。

皆様からのご質問やアドバイスなど、ぜひお寄せください。
どうぞよろしくお願いいたします!


【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場
<1月 4日水揚げ量>
鮪鮫延縄   隻数=4    数量=34.3t
その他    隻数=10 数量=3.9t
合計     隻数=14 数量=38.2t

<1月 5日水揚げ量>
底曳 (打瀬)    隻数=5     数量=4.2t
底曳(小型) 隻数=2     数量=0.1t
鮪鮫延縄   隻数=4    数量=17.1t
その他    隻数=20   数量=2.4t
合計     隻数=31    数量=23.8t

<1月 6日水揚げ量>
底曳(打瀬)     隻数=3     数量=3.2t
底曳(小型)     隻数=4     数量=0.1t
廻船底曳   隻数=2     数量=1.1t
その他    隻数=31  数量=5.1t
合計     隻数=44 数量=35.1t

<1月 7日水揚げ量>
旋網(いわし)隻数=19    数量=4152.2t
旋網(あじ) 隻数=2   数量=57.1t
旋網(さば) 隻数=1 数量=17.2t
旋網(その他)隻数=8 数量=62.2t
底曳(打瀬)     隻数=7     数量=9.1t
その他    隻数=12  数量=1.1t
合計     隻数=49 数量=4298.9t

一家で銚子に移住!その理由とは?|ハロー!ブルーバード

あけましておめでとうございます。

本年より、移住ブログ「ハロー!ブルーバード」を始動することになりました!銚子円卓会議DELKUIインターン第6期生のイノウエアヤカです。どうぞ気軽に「やかちゃん」と呼んでください!

今回は移住者ブログ「ハロー!ブルーバード」の第1回目です。
取材や執筆を通じて、地域のことをたくさん知りたいと思っています。良いご縁がありますように。どうぞよろしくお願いします!

ハロー!ブルーバードについては予告編もチェックしてくださいね。DELKUIブログ開設のお知らせ

【目次】
▼横浜から移住 夫は脱サラ漁師へ
▼銚子の気候、景色、人柄に触れる
▼銚子の「面白そう」を探す街探検
▼書くことを仕事にしたいという思い

▼横浜から移住 夫は脱サラ漁師へ

今回は、私たち井上ファミリーが銚子に移住するまでのきっかけをご紹介したいと思います。

予告編で触れたように夫は銚子で漁師になりました。きっかけは、私のライブ仲間かつ飲み仲間・だいちゃんからのお誘いです。(夫とだいちゃんについては、改めて特集する予定です!)

だいちゃん(右端)と夫のゆうた(左)。銚子の居酒屋Bar酒論たかしまにて。

漁は期間が決まっていて、冬から春先の約半年間しか仕事がありません。

夫はもともとITエンジニアでしたが、第一次産業への転職が夢でした。それなら「漁期だけ単身赴任に行けば良いのでは」と提案したところ、夫は脱サラを決意します。

しかし単身赴任前に私の実母が急逝。私が心身の不調を抱えていたこともあり、夫の銚子行きに付いていかない理由がありませんでした。こうして、私は移住に対してかなり後ろ向きなスタートを切ったのです。

▼銚子の気候、景色、人柄に触れる

それから物件探しに銚子を訪れた夏のある日のことです。車から降りた瞬間、爽やかな気候が「あ、すごく気持ちいい」と感じました。

物件の下見に訪れた際も隣家の住民の方が「こんにちは」と挨拶をしてくださり、とても好印象でした。その物件に決めて自宅へ帰ったあと、移住に対する高揚感に気づきます。

意識していなかったけれど、実家で同居していたことへの解放感があったのか。銚子の魅力を感じたのか。理由は正直まだ分かりません。

でも、せっかくなら移住後は楽しく生きていきたい。やりたいことをやりたい。

自分の気持ちを抑えられず、移住後に早速行動を開始します。

▼閉じ込めていた「行動力」と「積極性」

まずはInstagramや市役所の掲示板、広報誌、フリーペーパーなどを読み漁り(フリーペーパー収集が趣味の一つです)、自分が興味を持った内容をリストアップしてみました。

市内の大小さまざまなイベントに足を運び、出展者やSNSで見つけた面白そうな人に会いに行く銚子探検の日々が始まります。

銚子で最初に訪れた銚子観音フードマルシェの様子。天候もよく、幅広い年齢層の方が集まっていました。駐車場は一時満車になるほど。

イベントの主催者は住民主体になっていることも多く、出展者の熱意も非常に高い印象を受けました。来場した私たちも、そのパワーをたくさんもらえた気がします。

私と夫は大学在学中から7年間バンド活動をしていました。CDのリリースやMVの制作、地方へのツアーにも行きました。解散後はそれぞれ仕事もして、のちに結婚します。

移住先で出会った人たちと話すなかで、ずっと心の中で「やりたい」と叫んでいた自分の気持ちがようやく表に出てきました。バンドがやりたくて必死にメンバーを探していた時の自分を思い出し、本来の自分の在り方を取り戻しつつあります。

結婚式の二次会では元メンバーとライブをしました。写真中央の新婦がやか、新婦右隣が夫のゆうた。

▼書くことを仕事にしたいという思い

書きたい、という気持ちは自分の中にずっとあった思いです。バンドを職業にすることが難しいのは重々承知していたので、せめて音楽ライターと両立できないかと考えていました。

音楽ライター養成講座に通い、講師の方が取材した音源の文字起こしのバイトをやっていました。音楽系のWEBマガジンを立ち上げたこともあります。

バンドを解散したあとは、広告制作プロダクションで営業の仕事をしました。なぜバンドが売れなかったのか。どのようにPRすれば良かったのか。ヒントを探すために選んだ就職先でした。しかし、やっぱり自分もプレイヤーでいたいという思いから、業界新聞の記者に転職します。

転職や結婚、身心の不調、出産、そして母との死別。目まぐるしい日々を過ごしました。そしていま、移住先で辿り着いた銚子円卓会議で「移住者ブログ」にチャレンジしています。

ただ、書きたいなら勝手に一人でやれば良いはず。それでも銚子円卓会議の力を借りたいと思ったのは、一人で始めることの怖さがあったからです。

知らない土地、書くことへのブランク、心身の不調に対する怖さ。そもそも最初に銚子円卓会議の事務局を訪れた際には、他にもやりたいことがあって、かなり迷っている状況でした。

そこで事務局コーディネーターの西田さんと対話を重ね、ようやく「書く」という決断に至りました。それはたった1日の出来事でしたが、今まで何度もやるかやらないかを決めかねていた自分が、ようやく一歩踏み出した日でした。

 

移住者ブログ「ハロー!ブルーバード」という挑戦から、1人の人間の人生がどう変化するのか?地域で活躍できる人材になれるのか?

イノウエアヤカという30歳の1人の女性が、暮らしの幸せを探す旅はまだまだ始まったばかりです。

 

やか/イノウエアヤカ

1992年生まれ。横浜出身・銚子在住。
2011年、大学入学時にロックバンド・phonegazer(フォンゲイザー)を結成。ボーカルとして作詞・作曲を担う。同年、音楽ライターとしてフリーで活動開始。2015年にライブハウスシーン情報サイト・OTOZINEを創設、編集長を務める。2016年のバンド解散後、広告制作プロダクション、業界新聞、地方公務員へと転職し、クリエイティブと地域活性化の関わりに関心を持つ。
結婚、出産、実母の急逝、心身の不調などが続き、2022年10月、千葉県銚子市へ移住を決意。現在、脱サラ漁師の夫と長男の3人で、スローライフを大切に人生をリスタートしている。


【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場
<12月 26日水揚げ量>
底曳 (打瀬) 隻数=2    数量=2.1t
廻船底曳   隻数=3     数量=2.8t
その他    隻数=4     数量=0.8t
合計     隻数=9 数量=5.8t

<12月 27日水揚げ量>
底曳 (打瀬)    隻数=2     数量=2.2t
底曳(小型) 隻数=6     数量=2.1t
廻船底曳   隻数=2     数量=1.5t
その他    隻数=44   数量=6.7t
合計     隻数=54    数量=12.5t

<12月 28日水揚げ量>
旋網(さば) 隻数=9     数量=430.7t
旋網(その他)隻数=13  数量=405.6t
底曳(打瀬)     隻数=7     数量=5.8t
底曳(小型)     隻数=6     数量=3.6t
廻船底曳   隻数=5     数量=4.2t
その他    隻数=52  数量=5.2t
合計     隻数=92 数量=855.2t



桜咲くまで、春備蓄!

朝晩は冷え込みますが、日中は穏やかな晴れの日が続いています。

2023年、元気にお迎えでしょうか?

新しいこの年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、共助の循環備蓄「OSUSOWAKE」の季節備蓄は、もうご存じですか?
四季のある日本だからこそ!四季折々の防災活動を心掛けていきませんか?
とはいえ、急になんだか難しいな、と思った方に興味を持っていただきたいのが、OSUSOWAKEの季節備蓄です。

10月11日からスタートした冬備蓄は、昨日1月11日に受付を締め切りました。
この間、パートナー地域に大きな災害がなかったため、備蓄品は参加者のお手元に届きます。
到着は、20日頃になる予定です。どうぞお待ちください!

そして本日から、春備蓄のお申込みを開始いたしました!

キャッチフレーズは #桜咲くまで、春備蓄
どうぞよろしくお願いいたします。

年間備蓄は、ただ今3期目。備蓄品が増えました。

自分のために。誰かのために。

この機会にどうぞ、ご参加ください!

【予告!】令和5年1月 DELKUIインターン発の移住者ブログ「ハロー!ブルーバード」スタート!

2022年もあと少しですが、はじめまして!
DELKUIおとなインターンとして銚子円卓会議に参加することになりました 井上彩可(いのうえあやか)と申します。

令和5年1月より、DELKUIインターンによるブログ「ハロー!ブルーバード」をスタートさせることになりました!
今回はブログの予告編として、どんな内容のブログなのか?そもそも井上は何者なのか?といったことを簡単にご紹介したいと思います。

【目次】

・移住ファミリーの母 “やか” こと井上彩可は何者?
・生活とは、小さな変化の積み重ね
・移住者のブログ「ハロー!ブルーバード」
・出る杭を伸ばす風土「DELKUI」のインターン制度から誕生

 

移住ファミリーの母 “やか” こと井上彩可は何者?

わたくし井上彩可(通称やか)は1992年7月生まれの神奈川県横浜市出身。今年、2022年10月に横浜市から一家で銚子市に移住した移住者インターンです。

銚子市在住で漁師の友人から誘いを受けITエンジニアの夫が脱サラを決意。2歳の息子を連れて一家で移住生活をスタートさせました。
いざ移住したものの、自身のキャリアに悩みを抱えていたところ、さまざまな縁がつながって今回のブログ開設に至りました。

 

生活とは、小さな変化の積み重ね

移住すると、家探しから買い物、交通網、ゴミ出しのルールも変わってきます。
こうした当たり前のことは、大きなメディアでは語られなくても暮らしにおいて重要なことです。

移住者たちは「今までと違う」ことに気づきますが、同時に、住み慣れた地域にいる時は「まったく意識しないで暮らしていた」ことにも気づきます。

わたしたちはいま、自らの働き方や人生を見つめなおす、時代の大きな転換期を生きているように思います。

コロナ禍を経て、物価上昇や賃金の停滞といった日本経済の低迷に直面する中で、「移住」という言葉も、これまで以上に注目されている、身近な暮らしのキーワードになりました。

 

移住者のブログ「ハロー!ブルーバード」

令和5年1月からスタートするブログ「ハロー!ブルーバード」は移住者の目線で、銚子市に移住した人々を中心に移住者の生活や心の変化などを紹介します。

移住者や地域の人が思う幸せの青い鳥(ブルーバード)とは何か?をテーマに、支えてくれるモノ、大切に思うモノ、感銘を受けたコト、生活に欠かせないおカネのことなど、ご紹介していきたいと考えています。

 

出る杭を伸ばすDELKUIのインターン制度から誕生

これまで銚子円卓会議は、まちづくりに関わる多様な主体が連携し「ヒト」「モノ」「コト」「カネ」など地域資源を発掘・育成・架橋することで、地域課題の解決に取り組んできました。

DELKUIは、海に突き出た半島の街・銚子で「出る杭を伸ばす風土を、文化に」することを目指して、銚子域内外の大学生、地元中高生を対象に地方創生インターンシップ事業としてスタートしました。
2021年度には、社会人の関係人口を含むプロボノコーディネートチームを創設し、分野を横断したつながりのサポート体制が整いつつあります。

こうした活動を経て、新たにスタートするブログ「ハロー!ブルーバード」は、DELKUIおとなインターンのわたくし”やか”を中心に、発信していきます。

新しい年の始まりと共にスタートする移住者ブログ「ハロー!ブルーバード」。応援どうぞ、よろしくお願いいたします!



この指とまれ!プロジェクトに新プロジェクトが加わりました!

この指とまれ!プロジェクトに新しい活動が加わりました!

それは、この地域に、「ほっとけない!」「こうしたら、この地域にもっと笑顔が増える!」と活動を始める人の数が増えているということ。


新しい活動は、OSUSOWAKEシンポジウム内 DELKUIピッチ(sponcored by 銚子電力(株))でMVPを獲ったippolaboさんです!
ピッチでは、分かりやすい活動内容+キャッチーな「はじめのい~っぽ!」の締めくくりが印象的で、円卓スタッフ内でも話題でした。
今回、この指とまれ!プロジェクトの活動にお迎えできて、地域のこれからのことを想像すると、とても心強く感じています。

一方「小銭を寄付しても、なんか、何にもならないんじゃないかな、って思う。」

時々、そんな言葉に出会います。

とんでもありません!
応援する気持ちを表現していただくことこそ、銚子円卓会議が求め続けているものです。

ぜひ、どうか、皆さまからの「がんばれ!」のお気持ちとご寄付をお寄せいただけますようお願いいたします。

『自分のために。誰かのために。』

銚子円卓会議では、そう考えて行動できる人が、増えていくことを目指しています。


DELKUI7期 おとな・学生インターンを募集!

寒くなってきましたね。

さてこの季節、コロナ前の円卓会議では12月といえば絶賛「チャリティ&DELKUI」シーズンでした。
今年は、あれこれと、少しずつ再開しています。

”地域でボランティア活動をしてみたいけど、何をしたら良いのかわからないし、どんな活動があるのか良いのかよくわからない。”
”まちの暮らしで気になっていることを、あれこれみんなと話してみたい。”

このところ、協働事務局によく届く「声」です。

同様に「〇〇世代の人が何を考えているのか知りたい!!」のような「声」も届きます。
親子だとなかなか素直な気持ちで交流できない時期もありますが、他人であると存在する「距離感」が、世代を問わずに自分自身をちょっと冷静にしてくれたりたりします。

「暮らす」「学ぶ」「働く」「生きる」。。。
考えてみたい人を探しています。

期間や具体的な内容など、どうぞお気軽にお問合せください!

この指とまれ!の寄付と参加登録希望、OSUSOWAKEへのご参加やお問合せ、こちらもいつでも募集中です♪

【魚市場業務日報】銚子市漁業協同組合地方卸売市場
<12月 01日水揚げ量>
鮪鮫延縄   隻数=2     数量=8.8t
廻船底曳   隻数=1     数量=1.0t
その他    隻数=6     数量=7.4t
合計     隻数=9 数量=17.2t

<12月 02日水揚げ量>
旋網     隻数=2     数量=296.4t
底曳                          隻数=1     数量=0.0t
鮪鮫延縄   隻数=1     数量=10.6t
廻船底曳   隻数=1     数量=1.0t
その他    隻数=13     数量=7.8t
合計     隻数=18 数量=315.9t

<12月 03日水揚げ量>
旋網     隻数=9     数量=1,147.3t
底曳                          隻数=7     数量=4.9t
底曳(小型) 隻数=7 数量=0.3t
鮪鮫延縄   隻数=1     数量=2.2t
廻船底曳   隻数=6     数量=5.5t
その他    隻数=56     数量=7.8t
合計     隻数=86 数量=1,167.7

<12月 05日水揚げ量>
底曳(打瀬)     隻数=2     数量=2.9t
鮪鮫延縄   隻数=1     数量=9.1t
廻船底曳   隻数=3     数量=2.4t
その他    隻数=10  数量=3.2t
合計     隻数=16 数量=17.5t

<12月 06日水揚げ量>
旋網(さば) 隻数=10  数量=1,630.6t
鮪鮫延縄   隻数=1     数量=3.7t
その他    隻数=5     数量=2.3t
合計     隻数=16 数量=1,636.5t

Older posts