Category: OSUSOWAKE (page 1 of 7)

研修のご案内(災害対応関連)~ CVORD

能登半島地震の発生から1カ月。
正確な現状の把握とその対応について、ご興味、ご関心をお寄せいただけましたら幸いです。

以下「災害支援ネットワークちば」からの情報を共有いたします。
———————————————————————————————————————–

害支援ネットワークちばです。

/1に能登半島地震が発生し、発災から1カ月半が経過しても、被災地域によっては、ライフラインが復旧せず、様々な支援を必要とされています。

当方では2月15日~21日に石川県珠洲市にて、避難所、支援団体への炊き出し支援をしてまいりました。

今後も継続的な支援が必要なこと、また千葉県での災害に備えて、研修のご案内をさせていただきます。みなさまのご参加をお待ちしております。

                           

    日本財団災害対策拠点プロジェクト 千葉南部災害支援センター・災害支援研修

緊急時に備えて~誰でもできる「こころの応急手当」~

WHO版心理的応急処置研修会

PFA=サイコロジカル・ファーストエイド)

災害支援に関わるための最小限の知識・技術として、PFAPsychological First Aid):心理的応急処置の基本的技術を学ぶ研修会です。座学だけでなく、ロールプレイ、ディスカッションをディスカッションを多く含んだ対面型研修会です。※PPFAとは、専門家に限らず、誰にでもできる、人道的実用的な支援の指標です。いつ起こるかわからない災害や事件・事故に備えて、支援方法を学びませんか?

 WHO版サイコロジカルファーストエイドは、数多くの国際機関からも広く推薦されており、災害時支援の際のグローバルスタンダードとなっています。日本においても、東日本大震災以降、関心が高まっています。 

 今回の研修では、被災者に関わるときに、どのように声をかけたり何に気をつけて接したら良いのか、被災者等が現状以上のダメージを受けることがないように配慮しながら回復の手助けをする方法を体験的に学ぶことができます。

日時 202432日(土) 9:3016:30

会場 かずさアカデミア ホール会議室103

対象 災害支援に関心のある方 

定員 30名 

研修費 3,000円 (受講後、修了証を発行します)

講師 中村夕貴さん(特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン)

 のお申し込みは

https://forms.gle/FnxLT7a73CWMc6rw6

 

    日本財団災害対策拠点プロジェクト 千葉南部災害支援センター・災害支援研修

 

災害ケースマネジメント、三者連携、災害中間支援組織・・・???

自然災害が多発するいま、千葉県での災害支援のこれからを考える

これまで、災害が少ないと言われてきた千葉県ですが、令和元年には、令和元年房総半島台風、東日本台風、関東豪雨と3つの災害に襲われ、また昨年は、台風13号による大雨により、県内各市町に大きな被害がもたらされました。令和6年能登半島地震の大きな被害を前にいま、わたしたちにできることを、災害支援の最前線にいらっしゃる4人を講師にお招きし、千葉県での災害支援のこれからをみんなで一緒に、学び、考えていきましょう。

202439日(土) 13時〜1630

講演1「三者連携のいま」

講師・明城徹也さん(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

講演2「被災者支援制度のいま」

講師・古越武史さん(長野県災害時支援ネットワーク)

ミニシンポジウム、交流タイム

2024316日(土) 13時〜1630

講演3「災害ケースマネジメントのいま」

講師・津久井進さん(弁護士)

講演4「災害中間支援組織のいま」

講師・石原逹也さん(災害支援ネットワークおかやま)

ミニシンポジウム、交流タイム

日時 202439日(土)/ 316日(土)13:0016:30

会場 木更津市金田地域交流センター(千葉県木更津市金田東6丁目111)

対象 行政、社会福祉協議会、NPO、市民活動団体、地縁団体、企業、学校など災害支援に関わるすべての方 

定員 50名 

参加費 3,000円 (各日)

講師 

 津久井進さん(弁護士)      

明城徹也さん(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)      

古越武史さん(長野県災害時支援ネットワーク)       

石原逹也さん(災害支援ネットワークおかやま)

    のお申し込みは

https://forms.gle/JZMMCbCH4gznDHBdA

 

ともに主催・日本財団 企画運営・千葉南部災害支援センター

お問い合わせ・千葉南部災害支援センター info@scdrc.jp 090-6758-5386

 

銚子円卓会議では、3月20日まちづくりワークショップを開催いたします。
詳細はお問合せください。
info@choshientaku.com

銚子円卓会議主催『まちづくりワークショップ』2024.03.20

久しぶりの銚子円卓会議主催『まちづくりワークショップ』開催のお知らせです。
3月20日祝日の水曜日の午後から、二部構成で開催いたします
13:15 受付開始
13:30 開会~(第一部終了 ~14:30 第二部 14:45-15:55)
会場は、千葉科学大学(第一部 防災シミュレーションセンター、第二部 2101講義室)
テーマは「関係人口ってなんだろう?」です。

今回のゲスト講師のお一人、有馬 尚史さんは、銚子市内で知る人は知る!映像作家です。
これまで、銚子を舞台にした映画を2本、制作されています。
もっとも最近の作品が、2023年の春、ちょうど1年前に撮影し、この秋11月に完成した”ON STAGE”です。

制作には、銚子市、銚子市観光協会はじめ、民間企業の皆様、さまざまな市民の方々が協賛、協力されています。
有馬さんが愛する銚子の外川町を舞台に、死をテーマにしつつも、彼らしいユーモアと「人は、なぜ生きているんだっけ?」という問いが根底に流れ、見終わった後に不思議な心の落ち着きを感じる作品です。

銚子での試写会を終えて、有馬さんが12月末に向かったのが石川県珠洲市でした。
珠洲市には令和5年の5月にも震度6強の大きな地震がありました。
有馬さんは、地震から立ち上がる姿を描くドキュメンタリー映画を撮影するために、それまでも繰り返し珠洲市を訪れていたそうです。
そして1月1日。おだやかな元旦の風景を撮影している最中に、今度は震度7の能登半島地震がおきます。

6強と7という数字では全く表現できない。
この前とは全然ちがう経験したことのない揺れ。
珠洲の皆さんは口々にそうおっしゃっていたそうです。

有馬さんは、その日から避難所の運営に携わります。
水も、電気も、物資もなく、被災者自身が助け合い、避難所運営を担う時間の中で、あきらかに若く、冷静な判断ができ、体が動く有馬さんは、中心的な存在としてその日から14日間を、約800人が避難した蛸島小学校で過ごします。

情報の収集と整理、そして適切な発信。
多様な関係者との連絡調整。
避難されているご高齢の方からの頼まれごとと向き合い、過ごす時間。

一体、何を観て、何を思い行動していたのでしょう。

その後、行政職員として現地支援に入った銚子市危機管理室の根本さんは、偶然にも有馬さんが滞在していた蛸島小学校で支援活動を行います。住民ではないお二人それぞれの体験、その時に感じたこと、今、伝えたいことをうかがいます。

第一部、第二部と少々長丁場ではありますが、人生の正解を探すのではなく、忘れずにいることの大切さを思い出すような時間になるように思います。

お申込み、お問合せはお気軽に、メールまたはお電話で!
お名前、ご連絡先、そして同行される方がいらっしゃいましたら人数もお知らせください。


そして!
大変多くの方からお問合せをいただいておりました「OSUSOWAKEで支援できないのですか?」は今回、OSUSOWAKE夏備蓄とさせていただきました。
皆様、ご存じの通り、OSUSOWAKEでは、「もしも」のために「いつも」の時からコミュニケーションすることの大切にしており、パートナー地域以外へ、備蓄品を支援として送ることは想定しておりません。
今回は、有馬さん根本さんのご縁を紡ぎ、3月29日から7月10日までを募集期間とする特別な夏備蓄で支援したいと考えます。
まちづくりワークショップ当日には、詳細をお伝えできるよう、準備を進めております。

どうぞ一人でも多くの皆さまに、この機会へのご参加並びにOSUSOWAKEへのご参加をお願い申し上げます!

▶これまでお申込みいただいているOSUSOWAKE年間備蓄は、今回の夏備蓄には含みません。
▶今年11月までの年間備蓄も変わらず募集しています。自分のために、誰かのために。ぜひご参加ください。

師走と行事と冬備蓄

師走の気忙しさはあるものの、今日の銚子市内、日中のあたたかさは、戸惑いを感じるほどでした。
二十四節季の「大雪」だったんですね。
北陸や北日本は雨や雪の降る所が多かったようです。

さて銚子円卓会議からのお知らせです!

『OSUSOWAKE第3期』の発送が完了いたしました!


今期は、エリアパートナーに災害が発生することはありませんでしたので、皆様のお手元に備蓄品をお届けすることができました。
もし・・・・申し込んているのに、まだ備蓄品が届かないんだけど、という方がいらっしゃいましたら、(また、そんなお声を周辺で聞いたという方も!)どうぞ、銚子円卓会議 協働事務局まで、ご一報ください!
電話:0479-25-8870  FAX:0479-26-3292 メール:info@choshientaku.com
(上記は、ボランティア事務局で、留守にしている時間がありますことをご了承ください。FAX、メールで、お名前、ご連絡先、お問合せの内容などをいただけましたら、こちらからご連絡申し上げます!)

続いて、こちらの行事をご紹介いたします!

令和5年度 ちばコラボ大賞表彰式&事例発表会

何かと行事の多い12月かと思いますが、銚子円卓会議にとりましてはちょっと懐かしい!「ちばコラボ大賞表彰式&事例発表会」のお知らせです。「つながり」は、いつの時も、新しい価値やワクワクの素になります。
感じた課題を、誰かと一緒に解決していこう!という様々な取り組みが千葉県で生まれ育っているんですね。

NPO活動に興味のある方はもちろんなのですが、NPOと企業さんのコラボなどは、ますます求められているように思いますで、ぜひ企業の皆様に、NPOとのコラボに興味を持っていただけると良いのではないかな?と思っています。
どのような事例が評価されているのか?どのように取り組んでいて、どんなご苦労があるのか?お時間ありましたら足を運んでみてください!

最後は、こちら!
令和3年度 ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)をいただいた寄付型の地域ぐるみローリングストックOSUSOWAKEについてのお知らせです!

OSUSOWAKE 第4期年間備蓄 & 冬備蓄 参加者募集中!

ただ今、令和6年11月9日を〆切とする第4期年間備蓄と、令和6年1月10日を〆切とする冬備蓄のお申込みを受付中です!

年間備蓄品は、現在第3期と同様に7品目です。

<年間備蓄品>~令和6年11月9日まで備蓄
▶お米((有)根本商店)
▶干物((有)磯初)
▶ハーブティー((株)浜鈴総芸)
▶珈琲(andy’s COFFEE STAND)
▶炭火手焼きせんべい(せんべい処福屋)
▶木の葉パン(お菓子の工房 ダイモン)
▶ピーナッツハニー&ゼリー(富士正食品(株))
*申込画面で、コラボ備蓄を選択することも可能です。
2つ、あるいは3つを組み合わせてお申込みください。

季節備蓄はこちらです。

<冬備蓄>~令和6年1月10日まで備蓄
▶クラフトコーラキット((株)浜鈴総芸)
▶珈琲(andy’s COFFEE STAND)
▶炭火手焼きせんべい(せんべい処福屋)
▶木の葉パン(お菓子の工房 ダイモン)
下記オンライン専用サイトでのみ受け付け中です。
災害支援を視野に入れた共助のローリングストック「OSUSOWAKE」 | 銚子円卓会議 (congrant.com)

*逸品をOSUSOWAKEに!
参加企業様を募集しています。

*企業備蓄という考え方
例えば従業員様の分を、企業として備蓄しておくことはいかがでしょうか?福利厚生として。企業の新しい防災活動として。地域とのつながりづくりとして・・・など、銚子円卓会議に一緒に考えさせてください。

*エリアパートナーとして。OSUSOWAKE立ち上げ地域として。
自治体の皆様からのお問合せを随時募集しております。zoomでの打ち合わせなど、柔軟な対応が可能です。

上記、いずれもまずは下記までご連絡ください。

お問合せメール:info@choshientaku.com

さて関東地方は、明日も穏やかな陽気になりそうです。
今のうちに、冬支度を完璧にしておければ良いのですが。
突発的な用事なども降ってくる時季です。落ち着いて行動したいと思います。

2023 OSUSOWAKEシンポジウム 後半「トークセッション」動画を公開しました!

2023 OSUSOWAKEシンポジウム後半の動画を公開いたしました!

トークセッション  テーマ『災害と食』
OSUSOWAKEでつながる首長と語り合う “「いつも」と「もしも」の境界を超えてやさしさの連鎖へ!”

日常からOSUSOWAKEの仕組みを地域間で共有し、込められた想いを大切に育み続けていくことによって、自助、共助、そして公助がゆるやかに結びついた、やさしく健やかな社会を創っていこうという狙いで行われているシンポジウム。
登壇者それぞれのお好きな食べ物のお話から、地域や防災施策のご紹介、今後の課題の共有から、幅広くお話いただきました!
どうぞご覧ください。

<登壇者>
越川 信一氏(銚子市長)
向後 喜一朗氏(東庄町副町長)
西岡 利記氏(和歌山県有賀郡広川町長)
伊藤 友則氏(香取市長)
木村 栄宏氏(千葉科学大学 危機管理学部長)
根本 吉規氏(銚子円卓会議OSUSOWAKE WGリーダー)
モデレーター:須賀智子

第3期にご参加くださいました皆様から”OSUSOWAKEが届きました!”の嬉しいご報告をいただく今週。
期間へのご質問もお寄せいただいています。
改めまして、期間についてご紹介いたします。
第4期年間備蓄:2023年(令和5年)11月11日(土)~2024年(令和6年)11月9日(金)
季節備蓄 現在は冬備蓄品募集中! ~ 2024年(令和6年)1月10日(水)まで!⇒ お届けは1月25日(木)頃


第3期備蓄品が到着いたしましたら、忘れずお早めに第4期備蓄品のお申込みをお待ちしております!
https://congrant.com/project/choshientaku/3425

2023 OSUSOWAKEシンポジウム 前半動画を公開!

2023 OSUSOWAKEシンポジウム前半の動画を公開いたしました。

① 開会 千葉科学大学 学長 東 祥三氏

② 講演「フェーズフリーな食で未来を!」講師:須賀 智子氏(食べる支援プロジェクト(たべぷろ)事務局 / Crops-Food × ESD Design-代表)

そして!お待たせいたしました!!
第3期OSUSOWAKE備蓄品が、明日から順次発送開始となります!!

第3期備蓄品が到着いたしましたら、忘れずお早めに第4期備蓄品のお申込みをお待ちしております!
https://congrant.com/project/choshientaku/3425

2023 OSUSOWAKEシンポジウム開催 御礼 第4期へ!

『互助って5助だ!
自助、近助、共助、公助、そして商助も!』

「互助=5助の充実」は、千葉科学大学危機管理学部 木村学部長が、シンポジウムのトークセッションでOSUSOWAKEが広がることでの社会変化として語ったものです。

日頃から、学生たちの記憶に残る授業を、と心がけていらっしゃる木村教授ならでは。開会時に東学長が言及された”近助”も含めて、OSUSOWAKEらしさである、いつもの「美味しい」を力にしていこう!とい願いを込めた商助も、改めてこの仕組みの魅力と感じられました。

講演とトークセッションのモデレーターを務めていただきました須賀様、そしてお忙しい中、トークセッションにご参加くださいました東庄町副町長 向後様、広川町長 西岡様、香取市長 伊藤様、銚子市長 越川様、本当にありがとうございました。

当日の様子は、動画で公開させていただく予定です。
皆様、どうぞお楽しみに!

さて、いよいよ第4期。
OSUSOWAKEでは、新しい防災コミュニティ活動としてオンラインでの講座やサロンを開催予定です。

日常の中でのあたたかなつながりや新しい学びを求めている方、美味しいものが大好き!という方にも、「OSUSOWAKE」にご参加いただけましたらうれしいです。

ただ今、銚子円卓会議では、「OSUSOWAKE」への参加の他、よりよい仕組みになるためのアイディアや提案を大募集中です!

「OSUSOWAKE」が広がっていくことで、きっと今よりもやさしく、レジリエントな社会になっていくと信じています!
一緒にワクワクする未来を描きませんか?

【第3期 参加者の皆様へ】
2022年11月12日(土)~2023年11月10日(金)の第3期備蓄分は、現在、発送の準備に入りました。
11月20日(月)以降、順次、皆様のお手元に届く予定です。
エリアパートナーに災害がなかったことを、ホッとかみしめ美味しい!を楽しんでいただけると嬉しいです。

またシンポジウム開催日の11月11日(土)からのお申込みは、第4期備蓄分となります。
年間備蓄では忘れてしまいがち、という皆様のために、季節備蓄もはじまっています。
現在は、2025年1月10日までの冬備蓄として募集中です。

▼オンライン申し込み専用サイトはこちら▼
災害支援を視野に入れた共助のローリングストック「OSUSOWAKE」 | 銚子円卓会議 (congrant.com)

▼OSUSOWAKEには、さまざまな参加のスタイルと協働がギュっとつまっています!▼
共助の備蓄 OSUSOWAKEとは | 想像から創造へ | 銚子円卓会議 (choshientaku.com)

2023 OSUSOWAKEシンポジウムを開催します!

昨年度に引き続き、今年度もOSUSOWAKEシンポジウムを開催します!

本シンポジウムは、千葉科学大学青澄祭の一企画として開催いたします。
日本初、銚子発の共助の循環備蓄「OSUSOWAKE」参加者の皆様はじめ、行政職員、防災活動等に携わる方々、地域課題の解決やSDGsなどに興味をお持ちの方など、どなたでもご参加いただけます。

「自分のために。誰かのために。」

そう考えて、行動する人が、一人でも多くつながっていくことで、きっとやさしさの連鎖が広がっていくはずです。

防災活動というと、少々気負ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、災害のニュースをみるたびに、心を痛め、自分にできることはないか?と考える人は少なくないと思います。

ぜひOSUSOWAKEに参加しませんか?

そして、OSUSOWAKEのある社会を一緒に育てていきませんか?
このシンポジウムをきっかけとしていただければ幸いです。

【2023 OSUSOWAKEシンポジウム】
テーマ:災害と食 ~「いつも」の食、「もしも」の食
日時:2023年 11月11日(土)14:00-16:30
場所:千葉科学大学 防災シミュレーションセンター
<当日のプログラム>
14:00 開会あいさつ 千葉科学大学   学長 東 祥三
14:15 講演『フェーズフリーな食で未来を!』
須賀 智子氏(食べる支援プロジェクト(たべぷろ)事務局 / Crops-Food × ESD Design-代表)
15:10 トークセッション 『災害と食』
OSUSOWAKEでつながる首長と語り合う “「いつも」と「もしも」の境界を超えてやさしさの連鎖へ!”
銚子市長  越川信一氏/東庄町 副町長  向後喜一朗氏/和歌山県広川町  西岡利記氏/香取市長  伊藤友則氏
feat. 木村 栄宏氏(千葉科学大学 危機管理学部長)
根本 吉規氏(銚子円卓会議OSUSOWAKE WGリーダー)
ファシリテーター 須賀 智子氏

▶参加無料
皆様、お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。
▶当日は、OSUSOWAKE第4期への直接お申込が可能です。(備蓄期間 令和6年11月20日まで)
今期(令和5年11月20日前後にお引渡し可能)のお申込は、11月10日(金)までとなります。オンラインあるいは、協働事務局までお問合せください。下記、お申込みチラシをご参照ください。
▶オンライン申し込み専用サイトはこちら!

共助の循環備蓄 OSUSOWAKE ビジネスパートナー&備蓄品のご紹介!~DAY7

 

 

 

 

 

 

 

本日 9月3日(日)は「銚子市防災フェス」。

イオンモール2階 フードコート奥のしおさいプラザ内OSUSOWAKE特設ブースで参加お申込みの先着70名さまに、備蓄品を進呈させていただきます。

この機会にぜひ防災を知って、学んで、OSUSOWAKEで備えてください!!

さて!第3期年間備蓄品 7品目、本日ご紹介する備蓄品は「鯖の文化干し」です。
(有)磯初 代表取締役社長の飯田 訓文さんにご紹介いただいています。

DAY7:鯖の文化干し / (有)磯初 飯田 訓文さん

ビジネスパートナー&備蓄品 紹介!

https://youtube.com/shorts/4wYKkrSLRk8

共助の循環備蓄 OSUSOWAKE ビジネスパートナー&備蓄品のご紹介!~DAY6

日本初!銚子発!共助の循環備蓄 OSUSOWAKEの備蓄品紹介。

いよいよ明日9月3日は「銚子市防災フェス」です。
イオンモール2階 フードコート奥のしおさいプラザ内OSUSOWAKE特設ブースで参加お申込みの先着70名さまに、備蓄品を進呈させていただきます。

この機会にぜひ防災を知って、学んで、OSUSOWAKEで備えてください!!

さて!本日ご紹介する備蓄品は、「木の葉パン」!  お菓子の工房 ダイモンの大門 高弘さんにご紹介いただいています。

DAY6:木の葉パン 16枚/ お菓子の工房 ダイモン  大門高広さん

ビジネスパートナー&備蓄品 紹介!

https://youtube.com/shorts/lIzV5zkSIgo

☆彡さぁ!銚子の水揚げ情報です。
<日本一の水揚げ量/銚子市漁業協同組合地方卸売市場より>
魚市場業務日報

▶9月1日
旋網(いわし)隻数1 数量22.6t
旋網(うるめ)隻数1 数量9.2t
旋網(さば)隻数6 数量102.6t
旋網(その他)隻数1 数量29.7t
底曳(打瀬)隻数1 数量1.2t
底曳(小型)隻数1 数量0.1t
その他 隻数20 数量1.6t
合計  隻数31  数量167.1t

共助の循環備蓄 OSUSOWAKE ビジネスパートナー&備蓄品のご紹介!~DAY5

日本初!銚子発!共助の循環備蓄 OSUSOWAKEの備蓄品紹介。

本日は、DELKUI time、DELKUIジュニアのメンター、今年2月のコミュニケーションスキルアップ講座 vol1講師など、銚子円卓会議のキャリアデザインのパートを担っていただくことが多いandy’s COFFEE STAND 安藤さん。
andy’s COFFEE STANDは、OSUSOWAKE備蓄品ビジネスパートナーでもあります!

DAY5:DIPスタイル珈琲 / andy’s COFFEE STAND 安藤 賀一さん

ビジネスパートナー&備蓄品 紹介!

https://youtube.com/shorts/k6-yY5NIjI4

☆彡さぁ!銚子の水揚げ情報です。
<日本一の水揚げ量/銚子市漁業協同組合地方卸売市場より>
魚市場業務日報

▶8月30日
旋網(うるめ)隻数6 数量48.3t
旋網(あじ)隻数2 数量24.7t
旋網(その他)隻数3 数量51.1t
その他 隻数11 数量9.6t
合計  隻数55  数量129.5t

▶8月31日
旋網(いわし)隻数1 数量3.3t
旋網(さば)隻数 1 数量11.6t
旋網(はもの)隻数1 数量2.8t
旋網(その他)隻数1 数量20.8t
その他 隻数17 数量1.4t
合計 隻数21 数量39.9t

Older posts