Category: 学生・おとなインターンシップ (page 1 of 11)

DELKUIジュニア  参加者募集開始♪ 

市内中学生を対象とするローカルキャリア教育DELKUIジュニアを開催します!

【DELKUIジュニア】
▶10月17日(土)銚子市勤労コミュニティセンター2階
① 9:00-12:00  ② 14:00-17:00
定員 各回10名 計20名 参加費無料

このプログラムは、銚子円卓会議が取り組む地方創生インターンシップ事業の一環として実施します。

キャリア教育の目標である「1人ひとりが、社会的、職業的自立向けて必要な能力を育てること」を基本目標としつつ、さらに「地域を知り、自分と地域のつながりを肯定的に想像できる機会となること」を目指します。

このことにより、多様なまちづくりの主体が連携協力しながら、キャリア教育の推進に地域が果たす役割を考察し、第2期銚子市しごと・ひと・まち創生総合戦略にある若い世代が住みたくなるまち、若者が求める「しごとづくり」と関連する「ひとづくり」「まちづくり」へとつなげていきたいと考えます。

▶ プログラム概要:

「働くこと」をテーマに、3つのセクションを通して、自己理解を深めることを目的とするローカルキャリア教育プログラム。

1 話しを聞き(インプット)、作業をしながら(アウトプット)、「能力とは何か」「職業に就くとはどういうことか」「自分の生きる道を創造するとはどういうことか」などを体感的に学ぶ。

2 自分の適性、関心について掘り下げて考える。

3 地域に暮らす大人から、具体的な仕事と志について直接話を聞く。

最後に、受講前と受講後の変化について振り返り、意見、感想文を書く。

プログラム進行、中学生へのサポートは、銚子円卓会議委員、社会人・大学生インターンが行う予定です。このことにより、銚子円卓会議自らのコーディネート力、キャリア開発支援の視点による人材育成力の向上を目指しています。

▶運営注意点

コロナ禍にあることで、若年層のコミュニケーション活動が制限されていることによる影響への懸念と、対面活動を実施することでの感染拡大防止への充分な対策とのバランスを図るため、以下の通りといたします。

・1回の参加人数、会場への入室者数を制限する(参加者は通学時と同様に自宅で体温を確認)
・充分な換気、手指などの消毒の励行
・参加者全員のマスク着用
・1コマ終了時にテーブルとイスの消毒

下記募集チラシが各中学校から配布されます。 お申込みお待ちしています!

 

つながりを つくり続ける人になる!~社会人・大学生長期インターン募集

地方創生インターンシップDELKUI
銚子円卓会議への社会人・大学生インターンを募集します!

銚子円卓会議は、まちづくりの多様な主体が連携し、「ヒト」「モノ」「コト」「カネ」など地域資源を発掘、育成、架橋することで地域課題の解決に取り組もうとする地域づくりプラットフォームです。

今年度後半の事業推進にあたり、これまで以上に多様な視点を組み込んでいきたいと考え、各プロジェクトに直接携わる社会人・大学生を長期インターン(半年間)として受け入れることといたしました。

大学生及び兼業が可能な社会人の皆さま。
これまでのご自身のキャリアや学びをまちづくりに活かしてみませんか?

ご参加をお待ちしています。

テーマ:「つながりの価値の見える化と、ローカルコミュニティの自立自走」
▶取り組む課題
〇2020円卓ビジョン後の新たなビジョン作成
〇持続可能なローカルコミュニティを支える資金調達の実践
〇多世代、多業種の交流、学び、成長の機会としてのインターンシップ事業の実践
〇その他、サイト用記事の作成、SNS発信などコミュニケーション戦略など
▶期 間  10月~3月(事前研修あり)
▶活 動  週1回程度の会議(オンライン含む、平日夜)、個別作業、
月1回程度の銚子円卓会議事業(土日、平日夜)への参加
▶活動支援費 32,000 円/月 その他交通費等
◎社会人:仕事経験5年~10年になる20代~30代の方を想定しています。
◎大学生:銚子出身者、銚子市在住者を想定しています。


全国のインターンシップ情報サイト「プロジェクトインデックス(NPO法人ETIC.)」から詳細をご覧いただけます!
https://www.project-index.jp/intern/21121

尚、今年度のDELKUI4期生につきましては、オンラインインターンの可能性を視野に入れ受入準備を進めます。
昨年度同様、2月~3月での実施となる予定です。
受入を検討する企業様からのお問合せも募集いたします。
銚子円卓会議では、「進めたいと思っていることがあるが、なかなか手が回らない。」「社内のコミュニケーション環境をより良いものにするためにどうしたらよいかわからない。」・・・など、漠然している課題を整理し、プロジェクトとにするためのご相談も承っております。
事務局までお気軽にご連絡ください!

【事務局_B】

動画で発信♬ 地方創生インターンシップDELKUIって、こんな事業!

「地方創生インターンシップって何?」「デルクイ?出る杭?なんのこと?」に応えたくて作りました。

2020年3月。
これまで銚子と全く関りがなかった大学生と、地元銚子の受入企業さんが、共に挑戦したプロジェクトの記録です。どうぞダイジェスト版でご覧ください。

これを見た学生さんが、自分も何かチャレンジしたいと思うかな?
企業の皆さんが、実践型のインターンシップって面白そうだなと思ってくれるかな?

そんな期待値120%で作った13分のこの動画。
皆さんがどのような立場にいても、見終わった後、きっとエネルギーチャージした気持ちになっているはずです!

【事務局_B】

出る杭を伸ばそう♬ チャレンジの入り口はここ!

こちらは、出る杭を伸ばす風土づくりを進める 銚子円卓会議 へのご相談窓口、チャレンジの入り口です♬
どうぞお気軽にお問合せください。

市内近隣市町の企業、事業者様
気になっているけれど、どうしても後回しになってしまっている「コト」ありませんか?
そんな課題の解決に向けて、一歩踏み出すきっかけになる実践型インターンシッププログラムをご存じですか?
意欲と集中力の高い大学生とともに、わたしたち銚子円卓会議が、さまざまな角度から、全力でサポートします!

●お問い合わせ:info@choshientaku.com

***********************************************************************************************************

大学、専門学校関係者様
学生の個性と能力が伸びる現場がないか?とお探しでしたら、ぜひ!千葉県銚子市をご検討ください。
銚子市内、近隣の企業、事業者様とのマッチング、コーディネートをいたします。
期間や内容など、プロジェクトをオーダーメイドご用意することも可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

●お問合せ:info@choshientaku.com

***********************************************************************************************************

高校生、大学生の皆さん!
「自分に向いている仕事がわからない」「仕事はしたいけど見つかるか不安」
自分のキャリアビジョンが明確にならずに困っているという人は少なくないと思います。
単なる就労体験ではない実践型のインターンシップへの参加を通して、その悩みを解決するためのヒントがみつかるかもしれません。心が動いたら行動を!
千葉県銚子市。ここには出る杭を伸ばす風土があります。

●お問合せ:info@choshientaku.com

****************************************************************************************************************
◆地方創生インターンシップDELKUI事業のほか、地元高校生のチャレンジの機会 DELKUIハイスクールも誕生しました。それぞれバナーからリンクしています!

 

 

 

 

 

 

 

◆内閣府地方創生推進室が作成した「地方公共団体職員のための地方創生インターンシップ実践資料集~学生・地域・企業にとって実りあるインターンシップを実現するために」のコーディネート事例に銚子円卓会議が掲載されています。


【R1年度】地方創生インターンシップ資料集(PDF)

DELKUI3期生 成果報告会 ノーカット版公開!

お待たせいたしました!
DELKUI3期生成果報告会 オンライン配信カメラの完全ノーカット版を公開します!

【地方創生インターンシップDELKUI 】
DELKUI3期生 成果報告会
3月19日(木)午後5時半~午後7時半 銚子商工会議所5階

銚子の紹介 銚子円卓会議インターン 吉川芽奈
ごあいさつ 銚子市長  越川信一
▼成果報告
8-27             報告1 豊島 楓香_(株)イシガミ
28-46          報告2 星 美里_(株)トラヤ
47-1.05      報告3 並木 未優_千和屋建材(株)
休憩
1.08-1.29   報告4 服部 帆夏_(有)上山商店
1.30-1.52   報告5 西田 梨乃_観音食堂七兵衛
▼講評
1.54-1.57 銚子信用金庫   理事長  松岡明夫
1.57-1.59  銚子商工会議所青年部   会長  齋藤隆広
2.00-2.03 銚子市観光商工課   課長  笹本博史

*ラスト2分のインターン生からのサプライズもお楽しみください!

【事務局_B】

☆DELKUI3期成果報告会をオンラインで配信します!

地方創生インターンシップDELKUI3期生の成果報告会を明日、3月19日(木)に行います。

当初の予定では大勢の方に当日会場にお越しいただく予定でしたが、
昨今の新型コロナウィルスの影響により関係者のみの非公開での開催となりました。

それに伴い、成果報告会の様子をオンライン配信することが決定いたしました!

 

■開催日時

2020年3月19日(木)17:30~19:30

【タイムスケジュール】

① 17:35 〜 17:55 豊島楓香(株式会社 イシガミ)
② 17:55 〜 18:15 星 美里(株式会社 トラヤ)
③ 18:15 〜 18:35 並木未優(千和屋建材 株式会社)
休憩(5分)
④ 18:40 〜 19:00 服部帆夏(有限会社 上山商店)
⑤ 19:00 〜 19:20 西田梨乃(観音食堂 七兵衛)

 

■配信方法

配信は「Zoom」を使用します。
時間になりましたら下記URLへのアクセスをお願い致します。
※配信をご覧になるにはあらかじめアプリのダウンロードが必要です。

URL:https://zoom.us/j/531077785

詳しい参加方法はこちらからご確認下さい。
PCからの参加方法:https://zoom-kaigi.com/zoom-sanka/
スマートフォンからの参加方法:https://zoom-kaigi.com/smaho/

 

Zoomを始めて使われる方、使い方に自信の無い方は早めの接続を推奨しております。
17時以降はスタッフがオンライン上で質問等対応いたしますので、まずはURLへのアクセスをお願い致します。

 

 

 

 

DELKUI3期生はこの一ヶ月間、銚子市内の様々な方々と関わりながら、ご協力頂きながらプロジェクトを進めてきました。

彼女達の一ヶ月の活動の成果を是非、成果報告会でご確認いただければと思います。

【円卓インターン吉川】

☆ENTAKU1DAY研修を行ないました!

ENTAKU1DAY研修では、普段はそれぞれの受入先企業で作業をしているDELKUIインターン生が
一緒に地元の方々と交流しながら、地域について学んでいきます。

今回はインターン生の感想を交えながら一日の様子をご紹介します!

一日の流れは以下の通りです。

<ENTAKU1DAYプログラム>
8:30 シーガルハイツ出発

9:00 犬吠埼灯台でVR撮影

10:00  青柳健太郎さんにヒアリング

11:30  金兵衛食堂でお昼

13:00  君ヶ浜ベイハウスでインターン生のインタビューを撮影

14:30  銚子海洋研究所を見学

15:20  銚子市役所観光商工課を訪問

16:00  銚子市長を訪問

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<犬吠埼灯台でVR撮影>

ENTAKU1DAYの始まりは犬吠埼灯台から!

現在千和屋建材株式会社でインターンをしている並木さん(まっしゅ)が
「是非灯台をVRで撮りたい!」ということで皆で撮影をお手伝いしました。
なんとスペシャルゲストとしてちょーぴーが登場!
作成した動画は千和屋建材公式Youtube「Chikazuya tube」からご覧いただけます。
是非チェックしてみて下さい!

Chikazuya tube

並木:今日はまず最初に他のインターン生や林さんにも手伝ってもらいながら灯台のところでVR動画を撮影させてもらいました。手伝っていただいたこと、とても感謝しています。一方、自分の準備不足も痛感しました。他の人に動いてもらうのならばもっと完璧に準備ができていないといけなかったと思いました。

 

<青柳健太郎さんにヒアリング>

 

次に長崎町にある青柳畳店の4代目・青柳健太郎さんにお話を伺いました。

青柳さんは、これまでは捨てられていた短いイ草を活用して畳バッグやランチョンマットなどを作成し、
東京のデパートやオンラインショップで販売しています。

インターン生はそれぞれ自分のプロジェクトを説明し、アドバイスをいただきました。
畳の新しい可能性を模索し続けている青柳さんの言葉はインターン生にも大きく響いたようです。

 

服部:青柳さんからは、端材の販売をする際に、消費者にどう見られるかということに振り回されず、あくまでも自分たちのスタイル、何を提供するかということを貫くことが重要だというような内容のお話をいただきました。いままでホームページでどう見られるかを1番気にしていましたが、何を伝えたいか、ということがもっとも重要であると再確認しました。

豊島:世間のニーズに合わせるというより、自分のやっていることを求めてくれる人だけをみるという考え方など、普段はあまり聞けないお話が聞けました。

 

 

<君ヶ浜ベイハウスでインタビュー撮影>

昼食を金兵衛食堂でおいしくいただいておなかいっぱいになった後は、DELKUI1期生の受入先企業である君ヶ浜ベイハウスに場所をお貸しいただき、
インターン生へのインタビュー撮影を行いました。

「インターンシップをしようと思ったきっかけは?」
「銚子でインターンシップをしてみて実際どうだった?」など
この一ヶ月間の経験について各々語ってくれました。

西田:インタビュー撮影で、自分がいいたいことはしっかり言えたので良かった。

豊島:撮られていると思うと、少しやりづらい感じもありましたが、自分の言葉で今の自分の思っていることを話せたと思います。

 

<銚子海洋研究所を見学>

君ヶ浜ベイハウスでひと休憩してからは銚子海洋研究所へ!
そして銚子海洋研究所もDELKUI1期生の受入先企業です。

実はこの日イルカウォッチングの船に乗せていただく予定だったのですが、あいにく強風により出港できませんでした。
その代わり、銚子海洋研究所内の「世界一小さい水族館」の見学をしました。水族館内には生き物を触れるコーナーが!
インターン生は所長の解説を興味心身で聞きながら生き物と触れ合っていました。

西田:研究所では、世界一小さい水族館のタッチプールで生き物をたくさん触った。所長さんがたくさん解説して下さり生き物のことがよく分かった。水族館に行きたくなった。

並木:銚子海洋研究所の水族館ではヒトデやなまこ、アメフラシを持ったり触ったりしました。アメフラシは初めて見たし、触ったのですがつるつるしていてくせになるさわり心地でした。

 

<銚子市役所観光商工課を訪問>

銚子市役所で観光商工課笹本課長そして若手職員の方々にインターン生がそれぞれプロジェクトの説明を行いました。
短い時間でしたが、プロジェクトの意見交換をさせていただきました。

西田:笹本課長にプロジェクトの説明、進捗を報告した。私は少し長く話させていただいたが、伝わりづらい言い方をしてしまった。順序だてて、何が言いたいのかをはっきりさせる必要があると思った。短い時間でしたが、ありがとうございました。本番はもっとちゃんと伝わるように頑張ります。

 

<越川信一市長と意見交換>

ENTAKU1DAYの最後は越川市長を訪問し、意見交換を行いました。

最初は緊張した様子でしたが、市長のフレンドリーな雰囲気のおかげですっかり落ち着いて自分のプロジェクトを説明していました。
そして、市長がインターン生の日報を読んで下さると知って、喜ぶインターン生。
沢山の方に注目してもらえていることを活力してもらえたらなと思います。

星:市長とお話しして、人の話の聞き方がとても勉強になりました。ただ、聞いているだけでなく途中で質問や感想をおっしゃってくださり、人の話に興味を示していらっしゃったところを真似したいと思いました。

豊島:市長さんとお話しする機会などないので、とても貴重な経験になりました。元々記者をされていたこともあってか、とても聞き上手で話しやすい方でした。

 

インターン生はこれから19日の成果報告会に向けて自分たちが一ヶ月間行ってきたこと・それによって得られた成果をまとめなくてはいけません。
今回一日で沢山の方に自分のプロジェクト内容を説明する機会があり、インターン生にとってどうしたら上手く自分の活動を伝えられるのか大きなヒントになったと思います。

服部:今日、いろいろな人へ自分のプロジェクトの話をすることで、何を付け加えた方が興味を持ってもえるか、という話の工夫が必要だと思いました。ホームページ制作だけでなく、水産資材、木製パレットという銚子ならではということと、その商品を取り扱う会社が新しいことを始める、その一歩としてホームページを作る、また皆さんに上山商店がどのような会社か知ってもらうためのツールとなるということを伝えられるようにしたいです。

星:銚子を引っ張っていらっしゃる方々にお会いしました。みなさんいろんな経験をこれまで積まれてきたからこそ自分のご意見がすぐにでてくるんだなと感じました。私も分野を問わずいろんなことに挑戦して、語れるものがある人になりたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残り3日間、インターン生は全力で駆け抜けていきますので皆さん応援よろしくお願い致します!

今回ENTAKU1DAYにご協力して下さった皆様、誠にありがとうございました。

 

【円卓インターン吉川】

DELKUI3期生を紹介します!<豊島楓香編>

みなさんこんにちは!
青魚漬丼専門店 観音食堂七兵衛でインターンしています、緑担当、ちゃんりのこと西田梨乃です。

「DELKUI3期 紹介リレー」ほのつーからバトンタッチしました。
ほのつーありがとう♪

 

ふーぴー

名前はふうか、なのですが、あだ名はふーぴーです。珍しいあだ名ですよね?

彼女は、株式会社イシガミで、お煎餅(イシガミ)の魅力を社外に伝えるインスタグラム、
従業員の方々を繋ぐ社内報に取り組んでいます。
彼女の個性あふれるインスタグラムは、今まで見たことない加工方法でとても驚きました!とってもかわいいのでぜひみなさんにも見ていただきたいです!
ぜひ、インスタグラムで、「ricecracker_nuresenbei」を検索、フォローを!
社内報も得意な絵を描いて手書きテイストの社内報になっています!専務と社長のイラストがこれまた似てるんです!(笑)
従業員さんにアンケートをとっておすすめのお煎餅をきいたり、ときには“マンボー“の絵を描いてもらったり。彼女だからこそできる社内報であたたかみを感じます。
社内報とインスタグラムから彼女のイシガミへの愛が伝わってきます♡

イシガミと言えば、ぬれ煎餅!私は銚子に来てはじめてぬれ煎餅を食べましたが、すぐにあの食感にはまってしまいました!!ちなみにイシガミのぬれ煎餅で私が一番好きなのは、“まろやか“です。あの少し甘い味がたまりません。おみやげに買って帰ります!

 

ここからは、ふだんのふーぴーをご紹介!
いつも「りのさんりのさん」と話しかけてくるふーぴーはとてもよくしゃべって元気な子で、友達のようなかわいい後輩。
彼女がお家にいない時はどこか静かな気がします(笑)
ふーぴーと私の共通点は意外とあって、バレーボールをしてたこと。好きなアイドルが同じ。
チームすきくる(すきくるステーションで作業することが多いこと)。そして、マイペース(笑)。
おうちではいつもゆっくり睡眠をしっかりとりながら作業してます。
また、彼女は少しいたずらっ子な面も。深夜2時ごろ、ぐっすり寝ているほっしーに声をかけ、起こします。
そしてそれを動画にとっているのです。怒らないほっしーが逆にすごい!(笑)
そんなふーぴーもかわいいですね。
以上、ふーぴーこと豊島楓香の紹介でした。

 

みなさん、たのしんでいただけましたか?以上で、DELKUI3期紹介リレー終了になります。
そしてプロジェクトの方も終盤!成果報告会まで残すところ3日となりました!
最後の成果報告会では、それぞれの1か月の試行錯誤が伝わる良い発表になるように残り数日、みんなで頑張ります。

 

さいごに
私はこのメンバーで1か月一緒に過ごし、とてもかえがえのない思い出ができました。毎日の夜ごはんは必ずみんなで食べる。
休みの日にはみんなで電車に乗って、おでかけ。
いつも楽しく、私はいつも笑っていました。このメンバーが出会えた奇跡を大事にしていきたいと思います。

 


 

豊島楓香’s PROJECT
『老舗の家業を未来へつなぐ!温故知新のプロモーションに挑む専務の右腕プロジェクトに挑戦!』
常に進化し続ける老舗米菓店の魅力を発信せよ!
老舗米菓店の新しい可能性を模索する㈱イシガミの濱口専務と共にイシガミの魅力的な日常を配信。
イノベーションのプロセスを可視化し、お客様、従業員と共有しながら、コーポレートビジョンを明確化する。
詳しくはこちらから! PROJECT INDEX

DELKUI番外編~2期生が再訪!~

現在、DELKUI3期生が活動中ですが、
地方創生インターンシップDELKUIでは過去2年間で9名のインターン生を受け入れてきました。

実は、DELKUIインターンシップの特徴の一つとしてインターン参加者の『再訪率の高さ』があります!
一ヶ月のインターンシップが終わった後にも夏休みやイベントをきっかけに銚子に訪れてきてくれています。

今日はDELKUI2期生の杉崎莉々さんが銚子に来てくれました!
莉々さんは地方創生インターンシップのマッチングフェアにも参加し、インターン期間中の経験を色々とお話ししてくれました。
毎週水曜日の夜行われているENTAKU Nightにも参加してくれます!
こうしてまた継続的にインターン生が銚子に関わってくれることはとても嬉しいことです。
インターンシップを通して少しずつですが関係人口が増えていることを実感します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お久しぶりです!! DELUKUI2期生 リンリンこと、杉崎莉々です!

 

一年前自分が奮闘していたこの地で、今度は後輩が頑張っている姿を見るのは

なんだか感慨深いです……!(笑)

 

「安心する……」これが今日銚子駅に着いた時の素直な感情でした。

第二のふるさとと思えるような居心地よい環境に対して、そして久しぶりでも温かく迎え入れて下さる銚子の皆様に対して、感謝してもし切れないです…

この居心地の良さが無くならない限り、私が銚子に来なくなることは無いでしょう(笑)

 

 到着して早々、昨年度ご尽力賜りました銚子市役所・子育て支援課に挨拶へ行ったり、

instagramの有効な活用についてお話しを伺ったりと、充実した時間を過ごしております。

そして夕方は、進捗確認とメンバー、企業同士の交流を兼ねたENTAKU Nightにご一緒させていただく予定です。

銚子円卓会議に関わる多くの方々にお会いできることが本当に楽しみです♪

 

 

この一泊二日、新たな出会いを大切にしつつ全力で楽しんで過ごしたいです!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
杉崎莉々さんのプロジェクトの詳細はこちらからご覧いただけます。
PROJECT INDEX
『「いわし」で出来た銚子の【魚(うお)めん】の魅力を伝えるプロモーター募集!
”魚めんCOOKING PARTY”で、ちびっこファンの拡大プロジェクト』
興味のある方は過去ブログ「学生・おとなインターンシップ」のカテゴリーをチェックしてみて下さい!

DELKUI3期生を紹介します!<西田梨乃編>

こんにちは。有限会社上山商店のインターンシップ生としてお世話になっています、
きいろ担当、ほのつーこと服部帆夏です。

「DELKUI3期 紹介リレー」まっしゅからバトンタッチしました。

まっしゅありがとう~!!

 

第4回は、みどり担当の西田 梨乃、をご紹介します。

 

りのちゃんは大学でアカペラサークルに所属している、歌うの大好き少女です。みなさんからは、ちゃんりの、と呼ばれています。
今回、彼女とは唯一同年で同室で過ごしています。彼女はとにかく、なんでも、おもしろそうに笑ってくれます。
私の大学の同級生だったら絶対にスルーするようなことまで拾ってくれるので、本当にいつも助かっています。
それから5人のアパート生活では、ほっしーと一緒にいつも料理をしてくれます。りのちゃん、ほっしーありがとう~!
さらに!!とてもしっかり者で、今回のプロジェクトへの取り組み方や経過報告の場では、
計画的で、順序だっていて、本当にすごいな、と尊敬しています。

でも毎日帰ってきてから誰よりも早く、お布団に籠ってしまって出てこない、
という一面もあって、朝は誰よりも早く起きて活動しています。

 

 

 

そんな、りのちゃんが今回挑戦しているのは、観音食堂 七兵衛さんで、社長の長年の夢を叶える、鯖の卵の缶詰を商品化することです。
毎日、何かしらの缶詰がリビングに置いてあって、りのちゃんが缶詰の味や形について参考にするため調べています。
さばの卵は春さばが持っているそうですが、今期の卵を持つさばが揚がっていないことがプロジェクトの壁になっているようです。
さらに、今回は世界中を騒がす例のものの影響により、缶詰に関する調査が難航していることを聞いています。
自然相手という難しいところで、できることをやれるだけ、それ以上に全力で取り組んでいる彼女の挑戦を応援しています!

 

ではでは、今回はりのちゃんをご紹介いたしました。次回はりのちゃんが5人目のインターン生を紹介してくれます。

それはもちろん、、、 ぜひ、読んでくださいね。

 


 

西田梨乃’s PROJECT
『廃棄されている鯖の卵を、全国のサバラバー(鯖好き)に!逸品開発プロジェクト』
ターゲットもある。食材もある。つまりは、マーケターの出番だ!
プロジェクト立ち上げ期のマーケーターの役割は、よく調べ、よく聞き、感じ、考え、整えること!
銚子ならでは、七兵衛ならでは、の商品開発のはじめの一歩を踏み出そう!
詳しくはこちら!PROJECT INDEX

Older posts