Category: 学生・おとなインターンシップ (page 1 of 4)

インターンシップフェア出展報告~「地域ベンチャー留学」の現場


12月2日永田町GRIDで行われたインターンシップフェアに出展しました。

DELKUI2期生のマッチング、コーディネートを担当するのは、銚子円卓会議内に設置している「地方創生インターンシップ・企業研修ワーキンググループ」です。


到着後、まずはコーディネーター研修から。
マッチングフェア申込者(230名)の属性や、傾向、コーディネートの留意点などの説明を受け、全体で大切なことを共有します。
続けてブースの準備。千葉県からの出展は銚子市1カ所のみ。ブース向かって左手お隣は長野県塩尻市・右手は秋田県羽後町。
 

午後1時。会場は大学生でいっぱいに。
夏のフェアよりも、おそらく昨年度の同時期のフェアよりも確実に人数が増えています。
プログラムは、トークセッションからスタート!
ゲストスピーカーの三重県尾鷲市 (株)熊野古道おわせ 伊東将志さんと「ベンチャー留学」を通して熊本県五木村でのプロジェクトに参加した学生さんのお話は「実践型インターンシップ」の意義深さを丁寧に伝えるもので、挑戦の舞台の前で逡巡する大学生の背中をそっと押す大きな優しさと夢にあふれていました。

伊東さんは、各地域でのコーディネーターの存在と役割についても語られました。
普段は見えないけれど、皆さんと企業さん、皆さんと地域をつなぐ人たち、という表現に、私たち大人も大いに励まされ勇気づけられました。

トークショーの後は、全国各地域それぞれ2分間ずつ全学生に向けてのプレゼンタイムです。
銚子円卓会議からのプレゼンターは、ワーキンググループリーダーの根本吉規さん(根本商店/銚子商工会議所青年部)。
昨年度のインタ―ン受入先企業でもあった根本さんから、銚子では、学生さんにとっての成長はもちろんのこと、企業も、地域も共に成長を目指す「出る杭が伸びる風土づくり」として実践型インターンシップに取り組んでいることをお話しました。


全体プレゼンの後は、各地域のブースでの説明タイムです。(計6回)
銚子の4つのプロジェクトに興味をもってくれた学生さん一人ひとりと話しながら、個々のプロジェクトや生活面でのサポートについて説明を加えたり、質問を受けたり聞き取りをしながら学生側も地域側もお互いに理解を深め合います。


今年度の受入先社長の気持ちになって、自分のこととしてプロジェクトについて説明をする根本さん。


DELKUI1期生の中島里彩さんが応援にかけつけてくれ、「私が通った職場はこんなに素晴らしいところにあった!」とインターン先だった「銚子海洋研究所」さんのオフィス前で撮った美しい海の写真を見せてくれたり、銚子での経験や感想を話してくれました。
りさ、本当にありがとう!

プロジェクトはどれも実際に企業さんが課題と感じていることを大学生インターン用のプログラムにしたものです。
しかし、学生たちがどう感じるのか?本当にエントリーしてくれるか?は不安でもあります。
ただ今回、ひとまず4つのプロジェクトそれぞれに興味をもってくれた学生が複数いたことでホッとしましたし、素直にとても嬉しかったです。

「パン屋さんが好き!バイトもしている!」という学生さんがいたり、合宿教習で免許取得した学生さんが、経験を生かして地域と教習生を結ぶプロジェクトにアイディアを出そうとしてくれたり、「竹、どうしましょう。。。」「興味あります!」と悩んでくれていたり。
学んでいることと結び付けながら、なんとか自分自身の成長につなげていこうとする姿勢は、どの学生も同じように強く頼もしいと感じます。参加しているどの学生たちもそれぞれに可能性に満ちあふれていて「たとえ銚子のプロジェクトとご縁がなかったとしても、ぜひどこかのプロジェクトにエントリーしてチャレンジしてほしい!」ことを伝えずにはいられませんでした。


受入れ先企業として参加していたボーモ阿尾さんには、フェア翌日となる今日、すでにプロジェクトに興味をもつ学生さんからお礼のメールが届いたそうですが、マッチングはまだまだこれからです。

現在【ベンチャー留学】主催者のNPO法人ETIC.さんでは、すべての学生さんとの個別でのエントリー説明会を実施しています。
銚子でのプロジェクトはすべて【ベンチャー留学】を通してお申込みいただくことになりますが、ご相談に関しましは、事務局でも承りますので、お気軽にお問合せください。

改めて銚子でチャレンジできる4つのプロジェクト(4企業)をご紹介します。定員は、各社1名ずつ。
■2019春DELKUI2期生受入先企業■
▶サントノーレ
プロジェクト名:『進化するベーカリに必要なものは何だ!? 地域に残したい店舗の希望を紡ぐ「右腕マニュアル」作成プロジェクト』

▶銚子大洋自動車教習所
プロジェクト名:『海と太陽と、お魚のまちの「ドライビングスクール」で、教習生と地域をつなぐコーディネータ募集! 関東最東端から、安全運転を叫ぶ!』

▶浜鈴総芸
プロジェクト名:『日本一の門松(かどまつ)供給地の課題に、とことん向き合う究極のコミュニケーター募集!テーマは「半端ない量の残った「竹」をどうする!?」』

▶ボーモ阿尾
プロジェクト名:『「いわし」で出来た銚子の【魚(うお)めん】の魅力を伝えるプロモーター募集!”魚めんCOOKING PARTY”で、ちびっこファンの拡大プロジェクト』

【事務局_B】

DELKUI2期生を募集します!~地方創生インターンシップ

【DELKUI2期生募集開始!】

  2019春(2月末~3月末)の約1ヵ月。
NPO法人ETIC.による「ベンチャー留学」を活用し、千葉県銚子市で地域・学生双方の成長を目指す実践型インターンシップを行います。

全国の意欲的な大学生の皆さんに、銚子での取り組み情報が届きますように。
DELKUI1期生に負けない魅力的な大学生と出会えますように。
大学生の成長に負けないように、地域もちゃんと成長できますように!

いろいろな想いをギュっと込めてDELKUI2期生の募集を開始します。

銚子円卓会議がコーディネートする本事業は、受入先企業の課題をプロジェクトにして、大学生であるインターンシップ生とともに約1ヵ月をかけその達成を目指していこうとするものです。
企業さんが、とりあえずお付き合いで参加して、ちょっと学生さんの面倒を見なくちゃならないんだ、というものではありません。
そもそも企業さんが本気で課題と向き合っています。
成長を目指すのは学生さんだけではなく、企業さんも、そして地域も、です。

今年度受入先企業さんは、昨年同様に4社。
今回も、銚子らしさのある地域の魅力あふれる個性豊かなプロジェクトばかりです。
また銚子ならではの魅力として、下支えするコーディネートチームメンバーが多彩であることもぜひお伝えしたいところです。
昨年度の受入企業さんはじめ、1期生に翻弄された大人たちが(笑)今年度もインターン生との関りを楽しみにしてくれています。

日本一の水揚げ量を誇る漁港、あまりにも有名な醤油醸造業、そして耕作面積日本一の春キャベツだけじゃない!肥沃な大地の恵み。
四季折々の屛風ヶ浦、マリーナの夕日、まちのあちこちにあるカフェ。人情味たっぷりの銚子人。

ここには、出る杭を伸ばす風土があります!

■2019春DELKUI2期生受入先企業■

▶サントノーレ
プロジェクト名:『進化するベーカリに必要なものは何だ!? 地域に残したい店舗の希望を紡ぐ「右腕マニュアル」作成プロジェクト』

▶銚子大洋自動車教習所
プロジェクト名:『海と太陽と、お魚のまちの「ドライビングスクール」で、教習生と地域をつなぐコーディネータ募集! 関東最東端から、安全運転を叫ぶ!』

▶浜鈴総芸
プロジェクト名:『日本一の門松(かどまつ)供給地の課題に、とことん向き合う究極のコミュニケーター募集!テーマは「半端ない量の残った「竹」をどうする!?」』

▶ボーモ阿尾
プロジェクト名:『「いわし」で出来た銚子の【魚(うお)めん】の魅力を伝えるプロモーター募集!”魚めんCOOKING PARTY”で、ちびっこファンの拡大プロジェクト』

◇大学生の皆さまへ
全国の大学生の皆さん。銚子で1ヵ月の実践型インターンシップに挑戦しませんか?
銚子出身、また千葉科学大学の学生さんなど、銚子との関りが深い方のお問合せももちろん大歓迎です!
上記のプロジェクトはすべて【ベンチャー留学】を通してお申込みいただくことになります。
ご相談に関しましは、事務局にて承ります。お気軽にお問合せください。

◇大学生をお持ちの保護者の皆様へ
ぜひお子様に情報として「ベンチャー留学」についてお知らせいただけましたら幸いです。
銚子でのプロジェクトだけでなく、全国各地で多様な企業が多様なプロジェクトを提供しております。就活インターンとは一線を画す実践型インターンシップの経験は「どう働くか?」だけでなく、「どう生きるか?」と真摯に向き合う良質の機会となると思います。

◇銚子市内の企業様へ
今年度2期目となります地方創生インターンシップにご興味をお持ちいただけました企業様に資料や情報を提供させていただいております。
お気軽にご連絡ください。

〇お問合せ:銚子円卓会議事務局 info@choshientaku.com

誰かを想う 夏~インターン生活躍中!

エシカルサマー2018開催中です。(「ちょうしノート」紹介ページへ)

大学生インターンの活動も続いています。

立正大の近藤さんに続いて、銚子市の総務課総務室協働推進班にインターンしたのは、帝京大学3年の鈴木さん。
鈴木さんは、地元銚子市の出身。「公務員」という職業を選択肢のひとつに、改めて生まれ育った銚子の今を見つめ、これからを考える機会としてインターン活動に取り組みました。

近藤さん同様、多様な業務の中のひとつとして、銚子円卓会議事業にも関わることになり、「協働」の現状と可能性を学ぶことができるように、人に会い、話しを聞いて記事化するプログラムを受けていただきました。

(写真:左・上 近藤さんと福屋 石上さん  右・下 鈴木さんとサントノーレ 石橋さん)

近藤さんが書いた記事はこちら!
福屋 石上さん 
スタイル for hair 岡根さん 
Maka Lea 武井さん 

エシカルサマーブース対応にも協力してくれた鈴木さんの取材記事はこちら!
サントノーレ 石橋さん 

また、7月末から、銚子円卓会議協働事務局でもあるNPO法人BeCOMに、高校生の時、銚子市制施行80周年記念事業「わたしが住みたい!あしたの銚子プロジェクト」のコアメンバーだった 吉川芽奈さんがインターン活動を実践。

エシカルサマーの企画立案、運営、取材対応などに取り組みました。

吉川芽奈さんは、現在イギリスの大学で国際開発学を学んでいます。
ベトナムのNGOインターンとして活動していることもあり、フェアトレード、エシカル消費は自分事の吉川さんですが、今回の企画を通して改めて犬吠WAONカードと、地域通貨「すきくるスター」は、身近にエシカル消費を叶えるツールであると実感したそうです。

*facebookページ「わたしが住みたい!あしたの銚子プロジェクト」で活動が紹介されています。こちらから。

エシカルサマー2018のブースでは、銚子市へのインターン&NPOへのインターンと一緒に運営するタイミングもありました。

インターン生達の学ぼうとする姿勢、素直に吸収する力に、ハッとさせられることが数多くあります。

学生たちと一緒に活動するたびに、大人こそ、見える「成果」にとらわれ過ぎず、見えないものを見抜く力を、磨き続けなければと強く思います。

【事務局_B】

立正大からのインターン生、活動中!

公務員を志望する立正大学生が、銚子市役所各課へインターンシップ中です。

総務課総務室協働推進班に配属された2年生の近藤美月さんが「銚子円卓会議」事業について学び、実践編として、地域通貨流通拠点である地域の店舗でヒアリング、内容を記事化し、コミュニティサイト「ちょうしノート」で公開する、という作業に取り組んでいます。


(インタビューメモを取る近藤さんとハワイアンカフェレストランMaka Le’aオーナー 武井さん)

初回のインタビューを終えた近藤さん。「とても緊張したけど、とにかく楽しかった。お話も素敵だったし、市役所の仕事の広がりに驚いた。」と話してくれました。

インターン期間は1週間ですが、多岐にわたる公務員の仕事について学びながら、市民の声に直接触れ、これまできっと想像することもなかった銚子市の現状や将来について思いを馳せ、充実した時間を過ごしてほしいな、と思います。

本人が作成したインタビュー記事の公開、そしてインターン活動の感想ブログをどうぞお楽しみに!

【事務局_B】

地方創生インターンシップ DELKUI お問合せに関して

銚子市には、第一次産業から第三次産業までバランスよく存在し、それぞれが日本有数の規模になっています。
各産業分野では、これからの社会を見据えて、新しい価値を創造しようとする動きが生まれています。
そんな挑戦の現場に、学生など若者を期間限定で迎い入れ、共に成長を目指す「地方創生インターンシップ」。

銚子円卓会議では、地域貢献型電子マネー・電子地域通貨等の新しい技術を活用してソーシャルキャピタル(社会関係資本)の可視化をすすめながら、立場、世代、価値観などさまざまな隔たりをつなぎ、まちづくりの「ちから」を高めることを目指しています。

この事業では、まちづくりの「ちから」を支える人を育む新しいしくみづくり、出る杭を伸ばす風土づくりに取り組みます。

******出る杭!? DELKUI!?********
海に突き出た半島で、さまざまな分野に日本一の称号をもつ銚子市は、日本の出る杭なのかもしれません。
ならば出る杭がぐんぐんと伸びる風土であることを地域の誇りにしていこうと!と地方創生インターンシップ事業の愛称をDELKUI(デルクイ)としました。
****************************

■■■■お問合せ・ご相談に関して■■■■
銚子円卓会議では、課題解決型インターンシッププログラム開発、コーディネート、マッチングを行っています。
事業内容のご質問の他、インターン生を受け入れてみたいという事業様、学生を受け入れてほしいという大学、専門学校関係者様など、お気軽にお問合せください。企業、自治体からの視察、研修のご相談も承ります。

お問合せ:info@choshientaku.com
◎本事業は、地域再生計画に位置付けられており、企業版ふるさと納税を通して応援していただくことが可能です。一般の皆様からのご寄付も受けつけております。事業の推進にどうぞお力をお貸しください。

☆大学生の皆さん!ぜひ、こちらもご覧ください!☆
全国のインターンシ ップを紹介!プロジェクトインデックス BY NPO法人ETIC.

【地方創生インターンシップ】DELKUI 1期生 になってくれた皆さんへ

4月になりました。
皆さんが銚子を離れてから、まだほんの1週間ですが
3月がとても懐かしくてたまりません。

先週は穏やかなお天気の日が多く、これなら自転車も気持ちよかったろうな、とか
春休みで時間を持て余している中学生や高校生と会うと、インターン生に会わせたかったな、とか
市内のあちこちで咲く桜の花をみながら、きっと今週はバイト、バイトで桜なんて見てないだろうな、とか

折々に皆さんの顔を思い出しています。

先週28日、銚子円卓会議の議論の中で、インターンの皆さんは銚子市の「関係人口」だと発言がありました。

これまで銚子となんの関りもなかった皆さんが、1ヵ月間、銚子に暮らして、インターンとして仕事をし、課題から逃げずに、考え、動くその姿に、どれだけ希望を感じて、勇気をもらったことか!

銚子に暮らしている私たちが実感をもって「関係人口」だ、と思える成果をくれたことに、心の底からお礼を言いたいです。

DELKUI1期生になってくれて、本当にありがとう!!!

私達は、皆さんからのご意見やアドバイスをもとに、今年度も地域でチャレンジしようとする若者たちが、伸び伸びと活動できるように準備を進めていきますね。

皆さんには、どうか時々銚子を思い出してほしいと思います。
そして、銚子を忘れてしまうほど、夢中で努力し「何か」をつかみ、「すごく、すてきな人」になってほしいと願います(笑)

皆さんが「すごく、すてきな人」になることで、銚子はいつか「出る杭を伸ばす地域」だと証明できると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

あ、地域通貨「すきくるスター」の有効期限は180日です。
失効する前にぜひ、今度はのんびり遊びに来てください!

ちなみに、成果報告会の時、泣いてて写真が全く取れていないという….いつもながらの失態。
会場の雰囲気だけ。

【事務局】

【地方創生インターン】DELKUI インターン生の疾走

約一ヶ月間、4人それぞれが取り組んできたプロジェクトが終わりを迎えようとしています。
今日は各々が振り返り、明日の成果報告会へ向けて準備中。
間もなく東京、神奈川、宮崎へ戻る彼らに会いに、明日23日(金)16~18時、商工会議所5階へぜひお越しください。
(詳細は一つ前の記事をご覧ください)

●小倉洋平(宮崎大学2年)/株式会社銚子スポーツタウン
“オープニングイベントの企画・運営”
 →昨日3月21日(水祝)10~14時 開催。
  ・ウェルカムスピーチfrom小倉和俊社長、木樽正明氏(元プロ野球選手/銚子ふるさと大使)
  ・風船バレーボール(公式競技用風船を作っている市内伊藤ゴム風船様協力/ジュニアボランティア協力)
  ・施設内覧
  ・昼食/座談(ちょくら様協力)
「地域の方へ施設をご覧いただき今後とも応援していただきたい」「イベントではどなたでもできる体を動かすことを取り入れたい」など目標を持って多くの方とお話して地域を歩いた一ヶ月。当日は雨の中、施設所在である野尻町の皆様、さくらの会の皆様はじめ、老若男女多くのご来場、そして多方面からのご協力をいただきました。

●中島里彩(産業能率大学1年)/(有)銚子海洋研究所
 “子育てママのための自然体験プログラム開発”
 →昨日3月21日(水祝)15~16時 開催
 小さなお子さんを保育スタッフがお預かりし、ママだけのクルーズを企画。又、独自の
 アンケートを銚子第二、第三、第四保育所、飯沼幼稚園のお母様対象に実施し貴重なデータを収集。多くの方へのヒアリングにも奔走しました。
 残念ながら悪天候による欠航となりましたが、室内プログラムとしてママヨガ(インストラクター中西弘美さん)を実施。その間、お子さんたちは子育てコンシェルジュ、千葉科学大学学生の保育ボランティアの皆さんとゆったり遊んでおりこうに待っていました。

●齋藤真理恵(早稲田大学2年)/(有)根本商店
“新商品の販売に関するトータルプロモート”
 →おこせ!せんべいレボリューション!を掲げ新発想のおせんべいプロモーションに向けて、国内外の市場調査や、売り方の創意工夫、ヒアリング、3月18日(日)銚子セレクト店舗内での試食会など、多岐にわたる研究を重ねました。
今後根本商店様ではそれらを活かし本格的プロモーションにつなげていきます。

●植田千尋(立教大学2年)/君ケ浜ベイハウス
“料理の魅力を伝える英語と北京語のメニューづくり”
 →3週間弱という短い間で、接客体験やメニュー理解などお店への理解を深め、その良さを英語・中国語で伝えるメニューづくりに取り組みました。3月4日、銚子市国際交流協会によるパーティーでは早速、中国、アメリカ、イギリスなどご出身の方を始め、多くの方にご挨拶。3月19日(月)にはベイハウスにて諸外国ご出身の地域の方や海外とのつながりのある日本人の方にご参加いただき、実際お食事していただきながらメニュー下案へのアドバイスをたくさん伺いました。お披露目間近ですので、国籍問わず皆様ぜひお店でメニューをご覧ください。

【地方創生インターン】DELKUI 成果報告会を開催します!

2018春 成果報告会を開催します!

日時:3月23日(金)午後4時~午後6時 銚子商工会議所 5階大会議室
内容:〇講話「地方創生インターンシップと地域づくり」
    講師 船木成記氏(長野県参与、尼崎市顧問、高知大学客員教授、及び(株)博報堂)
   〇インターン生4名による活動報告

*講師プロフィール 

船木成記氏
社会課題の社会化や解決を目指すソーシャルマーケティングが専門分野。これまで手掛けてきた分野は、環境、経済、観光、文化、公衆衛生、次世代育成、ワークライフバランス、男女共同参画等。また、行政、NPOやNGO等のソーシャルセクター支援やソーシャルビジネスの操業や事業基盤構築のサポートも数多く手掛けている。地球温暖化防止の「チームマイナス6%(環境省)」やWLB推進のための「カエル!ジャパン(内閣府)」、メタボ対策の「杉並ウエストサイズ物語(杉並区)」等。現在は、「地域づくりは人づくり」の視点で、長期インターンシップや人材育成、行政職員の力量形成にも注力中。学びや自治、協働をコンセプトに長野県(及び尼崎市)の政策を総合的に推進している。

【事務局_B】

【地方創生インターン】DELKUI 1DAY研修実施しました!

インターン生は日々それぞれのプロジェクトに集中していますが、プロジェクトの成果が地域力の向上につながっていくイメージを膨らませてもらうために、銚子円卓会議のオリジナル研修を実施しました。
改めて、銚子を俯瞰でみて、学び、さらにプレゼンテーションとして中学校で授業を実施しました。
写真とともに、駆け足で一日の流れをご紹介します。

実施日:3月14日(水)ENTAKU1DAY研修  午前9時~午後5時

フィールドワーク
9:00-10:45
銚子漁業協同組合 「銚子の漁業」/総務部 部長 石毛康弘氏・人事課 課長代理 平野政広氏
 

 

11:00-12:30
JAちばみどり 東部出荷所・市民センター「銚子の農業」/代表監事 坂尾清志氏
 

 

プレゼンテーション
13:00-13:50
銚子市立第二中学校 授業担当者:飯田訓文((一社)銚子青年会議所 副理事長) 授業対象者:2年生 21名 
  

  

 

休憩(銚子円卓会議委員でもある銚子信用金庫 松岡理事長がお越しくださいました!@NPO法人BeCOM事務局)

ヒアリング
16:00-17:00
銚子市 「銚子の課題とこれから」/銚子市長 越川信一氏
 

研修にご協力いただきました皆様に、改めまして感謝申し上げます。
インターン期間は残り10日を切りました。

【事務局_B】

【地方創生インターン】DELKUI 日々、成長。

地方創生インターンDELKUI1期生 4名、元気に活動中です!

もっともはやくに銚子入りした小倉洋平君(宮崎大学 2年生)は、長山町にホームステイしながら、銚子スポーツタウンまで自転車で20分かけ出勤しています。

生まれ変わった旧西校の姿を地域の一人でも多くの方に見てほしい、事業を推進する社長の想いを知ってほしいと、地域オープニングイベントの準備を進めています。

イベントの開催は3月21日(祝・水)に決まりました。詳細はこちらでもお知らせしていきたいと思っています。

2番目に到着した中島里彩さん(産業能率大学 1年)は、銚子海洋研究所が子育てママに提供する新しいサービスの開発に取り組んでいます。
子育てママ、子育てママを応援する専門家双方へのヒアリングを繰り返しながら、自分の立てた仮説を検証、修正と根気よく企画と向き合っています。

3番目に到着した齋藤真理恵さん(早稲田大学 2年)は、根本商店さんのもとで、せんべいレボリューションをおこそうと奮闘中。誰もが知っている「おせんべい」に、新しい概念と広がり、彩りをつけていこうと、商品の性質を冷静に分析しつつ、ターゲットは?価格は?価値は?そして、具体的なデザインは、売り先は?と徹底的に研究しています。

最後に到着した植田千尋さん(立教大学 2年)は、君ヶ浜ベイハウスさんの英語と北京語のメニュー開発に取り組んでいます。メニューは、お店とお客様のコミュニケーションツールであることを改めて確認し、お店の魅力をどうしたらより広く伝えることができるか格闘しています。

 

企画立案に頭を悩ませ、慣れない生活環境に戸惑い、緊張の面持ちで各方面に協力を依頼し、銚子の自然に驚き、人のあたたかさに触れ、それを素直に感謝の言葉にし・・・
身体も心も、もうこれ以上ないくらいに働かせて、日々成長している姿を目の当たりにしていると、私達大人も自然に背筋が伸びてきます。

【事務局_B】

Older posts