Category: FANFUNな事務局通信♪ (page 1 of 12)

FANFUNコミュニティーBLOG

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!4月「銚子市内の犯罪状況と電話de詐欺について」生活安全課

2月4日付、柏警察署から着任された生活安全課 吉原課長は、20年前に、地域課員として中央交番で勤務されていたそうです!
20年前と変わらない銚子の自然の美しさや魅力的な食を堪能しつつ、日々安全で安心なまちを守っていこうとされています。

安全なまち、安心を感じるまち。
そのためには、まずまちの状況をよく知ることから、ということで、犯罪件数からご紹介します。

平成30年中の銚子市内の刑法犯の認知件数は348件。平成29年の458件からマイナス110件と大幅に減少しています!

平成元年以降で銚子市内の犯罪件数がもっとも多かったのは、平成14年の1,517件とのことで、そこからは驚くほどに減っていることがわかります。
ただ、件数もさることながら「体感治安」と呼ばれる、いわゆる安心して暮らしている!という実感がとても重要になりますので、千葉県警ではさまざまな取り組みをされています。
その取り組みの数々を銚子警察署目線で、毎月このラジオを通してお伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、実際に銚子で発生している犯罪種別ワースト5は。。。
1  万引き    55件 大型ショッピングセンター他、スーパーでも多く発生
2 自転車盗   46件 大半が無施錠
3 部品ねらい      13件 車のナンバープレートなど
4 車上ねらい 10件
5 置き引き   9件
ただし、建物の屋内で発生した空き巣、忍び込みなど侵入盗をすべてを合計すると32件。
特徴をまとめると、①自転車無施錠の盗難被害 ②車両のガラスを割られた車上ねらい ③住宅・店舗への侵入窃盗被害は無施錠箇所からの侵入が多い、というところだそうです。

「自分は大丈夫」という楽観的な考えは、時に大切なものですが、こと犯罪防止の観点からするとちょっと問題です。
自転車、車から離れるときは、必ず鍵をかける。車内の見えるところにバッグや財布を置かない。置いたまま車を離れない。。。などなど基本的には「大丈夫」とは思わずに!防犯意識を高めていくことが大切です。

「電話de詐欺」については、テレビのニュースなどでもたびたび取り上げられていますが、その犯罪はますます巧妙になってきています。銚子の「電話de詐欺」の発生状況は、平成29年21件→平成30年3件と減少していましたが、平成31年に入りすでに3件の発生があります。
特に現在注意したいのは、「キャッシュカードをだまし取る手口」です。

千葉県警では、「電話de詐欺には、電話de対策」をスローガンに対策を講じています。

1  常に留守番電話に!→犯人と直接話さない
2 ナンバーディスプレーの活用→非通知など、知らない番号には出ない
3 迷惑電話対策サービス
4     警告・通話録音機能の活用

詳しくはぜひ放送をお聞きください!
「☆を逃がすな!」番組はこちら! https://youtu.be/lwQ5Jkb0sCs

 

ちょうしのおと~3月19日 まちづくりワークショップ報告

ちょうしノートを、言い換えると=ちょうしのおと=銚子の音になるね、とサイトの名付け親 (株)パームデザイン 名雪さんと話していたことがちょっと懐かしい!

暮らしの中で聞こえる様々な音。皆さんはどんな音に囲まれていますか?
さまざまな機械の音、車、人の声、風、海、鳥・・・そして船の音など、銚子ならではの音もあります。
銚子ならではの音、と言ったら「太鼓や笛」をあげる方が少ないないように思います。

3月19日 まちづくりワークショップで聞こえてきた音はとても豊かなものでした!
「この指とまれ!」プロジェクトには、長い時間をかけて育まれてきた活動や伝統芸能のお囃子を実践し伝える団体もあります。
新しい音楽やダンスを楽しみ笑顔をつなごうとする団体もあります。
銚子に聞こえるさまざまな音が、気持ちよいハーモニーを奏でられるようになるといいなと思います。


資料:0319まちづくりワークショップ(PDF)

当日のプログラム内容:
1 この指とまれ!プロジェクトについて
2 2018この指とまれ!プロジェクト活動報告
3 ミニワークショップ:参加者感想シートで共有~(良かった!こうしたら?応援!)
3 講演:まちづくり 関谷 昇氏(千葉大学大学院 教授)
4 ワークショップ:チャレンジシートで共有~自身のまちづくり活動の満足・不満足・チャレンジ!

参加者感想シートには、異なる活動に参加する皆さん同士がエールを送り合うものもみられました。
各報告の後には、この指とまれ!選定委員の 越部卓先生からコメントをいただきました。
参加者感想シートから、一部を紹介いたします。

<郷土史談会>
・歴史の長さを感じます。全国の石の紹介で千葉の石として銚子石がとりあげられたことはうれしいことです。長く続いてきたのには、背景となるものがきっとあったのだと思います。主会場が変っても継続してほしいと思います。

<銚子正調大漁節保存ひびき連合会>
・人を育て、伝統をつないでいくという強い気持ちを感じました。目に見え、音にきこえ、はだにひびきを感じる活動を通して、少しでも多くの寄附がこれからも寄せられるように頑張ってください。

<ナルク銚子拠点くろしお>
・説明・リーフレット ともにわかりやすく、活動がとてもよく理解できました。定年制の変化、平均寿命の変化、リタイアの仕方の変化に応じながら活動を継続していってください。

<銚子はね太鼓保存会>
・とてもわかりやすい画像や動画、資料、説明でした。いろいろな国や各地での活動、活躍の様子がよくわかりました。銚子はね太鼓のよさ、すばらしさいをいろいろなところで話題にしていこうと思っています。

<SMILE LINK>
・イベントを成功させるためのアイディアが良いと思いました。リーフレットのセンスもとても良いと思います。継続させる工夫をこれからもしていってください。応援しています。

各活動に刺激をもらい、自分自身の行動を振り返り、あらためてチャレンジしたいことをシートに書き込みました。
銚子円卓会議としても、2020円卓ビジョンの直前となる今年度「2019チャレンジ宣言」をしないと!と思っています。

「この指とまれ!プロジェクト」についての活動、課題意識など、1月21日付の朝日新聞に掲載いただきました。

2019この指とまれ!の活動募集、はじまっています!

この指とまれ!活動募集!(円卓会議FANFUNブログ 4/15)
地域通貨「すきくるスター」の寄付で支える地域づくり活動“この指とまれ!プロジェクト”を募集します(銚子市HP)

【事務局_B】

この指とまれ!2019 活動募集中!~ 3月19日 まちづくりワークショップ報告

この指とまれ!プロジェクトは、地域に根差す活動を子供から大人までの一人ひとりが自分の意志で寄付して応援できるしくみです。

現在、2018この指とまれ!プロジェクトの寄付金額を最終集計中ですが、同時に2019年度この指とまれ!プロジェクト募集中です!

〇銚子市ホームページからのお知らせはこちら!(申請書等ダウンロードできます)
http://www.city.choshi.chiba.jp/osirase/2019/2019-0328-1758-10.html

 

銚子円卓会議では、市民自らの手で地域づくりを実践されている人に対して、地域通貨「すきくるスター」からの資金調達を含む活動PR、さらには構成主体それぞれの専門性を活かした多角的な支援をしています。

3月19日に開催した「まちづくりワークショップ」では「2018この指とまれ!プロジェクトの活動」について共有し、活動する人たち同士の学びと交流の機会となりました。
まちづくりワークショップ詳細(2019.03.19)

昨年度、銚子円卓会議では、この指とまれ!それぞれの活動がもっと身近感じていただけるようにとの想いから、12月の寄付月間公式認定企画としてに活動のパネル展示を行いました。

さらに、地域通貨の発行量を増やすことに加え、購入するだけで活動を応援することができる「寄付つき商品の拡大」や「募金箱の設置」など、それぞれの活動を応援する人の数を増やし、実際の寄付額を増やしていこうという視点での取り組みも進めています。

寄付はまちづくりへの参加♬多世代の多様な人との関りを生み出し&深めるきっかけになるものです!

課題は、取り組みの浸透。浸透させるためには、支える側の基盤強化も必要と考えています。
時代の変化に柔軟に対応しながら仕組みを進化させようとする「意識」と「行動」の実践者を育む風土づくりは、銚子円卓会議の大切な使命です。

銚子で生まれた寄付のしくみ=この指とまれ!プロジェクト。
小さなきっかけではありますが、銚子円卓会議では、誰かの一歩をちゃんと後押しできる地域でありたいと考えています。

2019年度。
まずは「チャレンジする人」の募集からスタートです!

ここでもう一度!銚子市HPから募集に関するページをご紹介します。
http://www.city.choshi.chiba.jp/osirase/2019/2019-0328-1758-10.html

ご応募&ご相談、お問い合わせはメールでもOKです。
お気軽にお寄せください。お待ちしています!
銚子円卓会議事務局:info@choshientaku.com

☆彡事業者の皆様へ:寄付つき商品、募金箱設置へのご協力を募集しています!
詳細はこちらから!http://choshientaku.com/category/寄付/
お気軽にお問合せください。

☻ENTAKU1DAY 研修を行いました!(後編)

こちらの記事では、3月13日(水)に行ったENTAKU1DAY研修を「ENTAKU1DAY 研修を行いました!(前編)」に引き続き、後半の様子を紹介してまいります♪

円卓1DAY研修の後半のプログラムは以下の通りです!

〈円卓1DAY研修 後半プログラム〉

13:00~13:55 銚子私立第二中学校を訪問

14:30~15:30 ヤマサ醤油工場見学

16:00~17:00 市長との意見交換

 

では、銚子市立第二中学校で行った在学生とDELKUI生との交流から紹介させていただきます♪

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

【  銚子市立第二中学校を訪問 】

午後の部最初のプログラムは、銚子市立第二中学校の2年生の皆さんとインターン生での交流の時間です。

この時間は中学生の皆さんによる「365日の紙飛行機」と「ひまわりの約束」の合唱からスタート。

土門さん(浜鈴総芸)「中学生の合唱が本当に上手で、歌が始まった瞬間に泣きそうになりました。将来教師にでもならない限り、あんな経験はできないと思っていたので、今日のことはずっと忘れないようにしたいです。」

内芝さん(サントノーレ)「見ず知らずのインターン生に、手を抜かずに真面目に合唱してくれる素直さに驚かされました。」

 

合唱のあとは、各DELKUI生がそれぞれの企業で取り組んでいるプロジェクトの発表を行いました。

杉崎さん(ボーモ阿尾)「体育館での発表ということで緊張した」

熊谷さん(銚子大洋自動車教習所)「中学生にも私たちの活動を分かってもらえるように、丁寧に説明することを心がけて発表しました」

       

そして、対話の時間には、中学生から「どうして大学に入ったのですか?」や「銚子は不便じゃないですか?」など、様々な質問が飛び交いました。

中学生「なぜインターンで銚子にきたのですか?」

ーー熊谷さん(銚子大洋自動車教習所)「プロジェクト内容が自分の挑戦したいことにマッチしていたという理由もあるが、実際に銚子に来てみて、銚子で頑張ってる方と出会いお話しさせていただくことから、モノづくり・仕事に対する考え方やモットー、大事にしていること生き方 などを知ることができて『その考え方 見方があるのか』と思うようになった」

草野校長との撮影。

銚子第二中学校のみなさま、ありがとうございました。

 

 

【 ヤマサ醤油工場見学 】

つづいて、中学校訪問の後は、ヤマサの醤油工場を見学です。

工場の敷地内にあるシアターで動画上映鑑賞したのち、醤油ソフトとみたらしソフトをいただきました。

 

 

【 越川市長と意見交換 】

 

円卓1DAY研修の最後には、銚子市市長の越川信一氏とDELKUI生との意見交換を行いました。

この意見交換会で、DELKUI生の活動内容を中心に対話しました。昨年のDELKUI生とは違い、今年度のDELKUI生は市長との機会にあまり緊張せず取り組むことができたそうです。

杉崎さん(ボーモ阿尾)「市長さんのイメージが、THEシェアドリーダーシップという感じだった。」

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

円卓1DAY研修の1日で、銚子市の様々な側面を体験し、交流し、学ぶことで、地域を知ることができました。

ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

 

以上、円卓1DAY研修の紹介でした。

 

 

【インターンR】

☻ENTAKU1DAY 研修を行いました!(前編)

ENTAKU1DAY研修は、普段は各々の企業で業務に取り組んでいるDELKUI生が、まるっと1日で、5名全員一緒に地域を学ぶ日です♪

この研修は昨年度も開催し好評でしたが、今年度はより体験型のメニューを追加しバージョンアップしました。

1日の流れは以下の通りです。

 

〈円卓1DAY研修 プログラム〉

8:00~10:00 銚子漁港見学(第一、第二、第三市場)

10:30~12:30 キャベツ収穫体験・調理体験

昼食 C´s marina

13:00~13:55 第二中学校で中学生と交流

14:30~15:30 ヤマサ醤油工場見学

16:00~17:00 越川市長との意見交換

この記事では、前半プログラムの様子をDELKUI生の感想とともに紹介させていただきます♪

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

【 銚子漁港見学(第一、第二、第三市場) 】

   

午前8時 最初の訪問先、第一魚市場では水揚げ、第二・第三魚市場では魚種も豊富、活気ある市場の様子を間近に感じることができました。

 

奥村さん(浜鈴総芸)「第一漁港から第三漁港まで見た中で、第二漁港が一番楽しかったです。様々な種類の魚を見ることができた第三漁港も楽しかったもですが、大きな船からトラックに乗せるときの漁師さんの声のかけ方・動き方や、漁船を間近で見ることができました。」

杉崎さん(ボーモ阿尾)「魚をたくさん見れたのが一番楽しかった。」

 

【 キャベツ収穫体験・調理体験 】

つづいて、アフロきゃべつこと、Hennery Farm代表・坂尾英彦さんの畑でキャベツ収穫・調理体験。

実際に、全員アフロヘアになり、キャベツの大きさや硬さを感じながら手作業で収穫しました!

 

 

内芝さん(サントノーレ)「私は自分の体を動かして実際に触れて感じることが好きなので体験型であったことはとても楽しかったです。特にアフロきゃべつの収穫体験で『アフロを被るだけでこんなに面白くなるんだ!』というのがとても印象的でした。同じ収穫体験をするにしても、記憶に濃く刻まれる体験であったと思います。」

 

 

 

【 昼食  C´s marina 】

C’s marinaにて収穫したキャベツの調理と昼食です。

坂尾さんの奥様もご一緒していただき、内緒でお二人の馴れ初めも教えて頂きました…!!

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

以上、前編では、午前中の第一~第三漁港の見学とキャベツ収穫・調理体験を通して、大きな産業である銚子の漁業と農業を学んだ様子を紹介しましたがいかがでしたか?

引き続き、午後の第二中学校での在学生と交流・ヤマサ醤油工場見学・越川市長との意見交換の様子を「ENTAKU1DAY 研修を行いました!(後編)」で紹介してまいります! ぜひ、ご覧ください(^^)♪

 

 

【インターンR】

犬吠WAONってキャッシュレスでハートフル!チャージキャンペーンのお知らせ!

いよいよ開催!
3月9日(土)・10日(日)10:00 イオンモール銚子2階しおさいプラザにて

キャッシュレスで、お得なだけじゃない(^^♪
うれしさ満載!の犬吠WAONチャージキャンペーン!

銚子市への寄付にもつながるハートフルなキャンペーンの開催です!

用意するのは、犬吠WAONカードだけとチャージレシートのみ。
☆チャージのレシートは2月24日分から有効☆

【うれしいこと1】
チャージ金額の10%の地域通貨「すきくるスター」プレゼント!
10,000円のチャージで、なんと1,000スター♪
スターが使えるお店は地域コミュニティサイト「ちょうしノート」から
(*ただし、スター発行は2日間で30万スターを上限とさせていただきますm(_ _)m)

【うれしいこと2】
その場で賞品がもらえる(かもしれない)抽選会に参加できちゃう!
今回の賞品は、この指とまれ!プロジェクトに寄付になるGIFT STAR商品(寄付つき商品)です。
〇サントノーレさんの「咲咲食パン」
〇根本商店さんの「コメの実」
〇リプリーズさんの「オリジナルトートバッグ」
*はずれ???でも大丈夫! 使いやすくておしゃれなA5クリアファイルをもれなくプレゼント!

週末はイオンモール銚子しおさいプラザまでお出かけください。
お待ちしています!

DELKUI2期生 「魚めんCOOKING教室」報告がありました!

ボーモ阿尾さんで、「魚めん」の販売戦略プロモーターとしてインターンしている杉崎莉々さんから、銚子市保健福祉センターすこやかな学びの城で実践した『魚めんCOOKING 教室』の報告がありました。

ご紹介します。

********************************************

【イベントの反省】
〇良かったところ
・机の配置など、臨機応変に対応できた。
・目的を明確化して臨むことが出来たこと。準備段階において、何度も目的に関して話し合いを重ねることができた。
・当日、途中段階の時間配分がうまくいった。
・子供たちだけでなくお母さん方も美味しく食べてくれたこと。
・当日、市役所の皆さんやスタッフにもふるまうことが出来たので、今後、さまざまな皆さんとの関係性の円滑化につながる可能性が生まれた。
 
〇改善点
・コスト(予算)に関して、十分に検討することができなかった。
・準備段階で、どうしても効率の悪い部分ができてしまった。一人でもできること、二人でしかできないことを、その時々の目的を決めて行う必要があると気づいた。
・お母さん方のコミュニケーションが、全体ではなく各グループ内の共有になってしまった。しかし皆さんが交流を行ってくれたことは良かった。
・全員が共有する行程表は早めに作成する必要があると感じた。
・会費と出費の差が著しいように感じた。特に、アンケートや会話の中で「魚めんは 500 円から販売している」ということを伝えていたため、「お土産でこれもらっていいの?」という反応があった。参加者側からみてもやはりそう思われるほどのお土産は奮発しすぎではと感じた。逆に、魚めんを渡さない方が「レシピを見て買って作ってみよう」という気になったのではないか。
→「食べていただく」という観点からは、非常に良かったと思う。
→1回開催した以上、イベントのサービスをグレードダウンさせるわけにいかないから、今後市内でこの手のイベントを行う際もかなりのサービスが必要になる。
この点なども、最終目的が「食べていただく」ことなのか「買っていただく」ことなのかもう一度すり合わせる必要があると感じた。
 
〇感想
率直に言うと、準備が大変だったということ。イベント開催にあたってこんなに多くの作業があるとは知らなかった。しかしその分学ぶことも多かった気がする。
会場の下見や行程表の作成、受付フォームの管理など初めての経験ばかりで大変だったが、その分得られた達成感は非常に大きいものだった。
イベント開催に際しご尽力賜りました市役所の方々や子育て支援課の先生方、スタッフの方々に感謝申し上げます。

***********************************************
当日、参加者のアンケ―トを行いその集計も早速取りまとめています。
3月1日アンケート(PDF)

杉崎さんは、て気づいたことについて考えを深め、新しい販売先や販売戦略の可能性を広げていきます。

☆DELKUI2期生 成果報告会☆
2019年3月22日(金)17:00-19:00
銚子市勤労コミュニティセンター2階ホール
*どなたでも参観いただけます。DELKUI2期生の1ヵ月の疾走をぜひ応援してください。

【事務局_B】

☻インターン2日目

こんにちは!

今日はインターンの仕事の1つである「ちょうしノート」の更新と

事務局である「すきくるステーション」について書いていきたいと思います。

「ちょうしノート」とは、銚子にあふれるFANFUN(心躍る瞬間)を皆さんにお届けするコミュニティーサイトです。

こちらもぜひチェックしてみてください。http://choshinote.com/

なかでも毎日更新しているのは、銚子港での水揚げ量です。

魚と言って真っ先に思いつくのは、小さい頃、知り合いの方がよくおすそ分けしてくれたことです。

また、魚だけでなく野菜やお漬物など農業・漁業を通して、近所のつながりがあるところも銚子の魅力のひとつだと思います。

そして、インターンのメインの働き場である「すきくるステーション」、

ここは色々な方々が行き交う、まさに名前の通り、駅(=ステーション)のようなところです。

(昨日どなたかが話していたのをそのままお借りしました・・・)

私のような大学生がポンッと現れても皆さんが温かく歓迎して下さる、そんなあたたかい場所です。

そんな皆さんに感謝の気持ちを込めて、明日はチョコレートを持って行きたいと思います(*^_^*)

この写真は今日Kさんが持ってきてくださった手作りチョコレートです!

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

また明日更新したいと思います。

 

【M】

平成最後の新成人の皆さんへ 記念品を準備しています!

 

新しい年号への期待感と同時に、「平成最後の・・・」という言葉もよく聞かれるようになりました。ほんの4か月間の平成31年。銚子では今週日曜日、1月13日に成人式が挙行されます。

記念品は、地域通貨「すきくるスター」が500スター入った犬吠WAONカード。

地元のお店とのつながりをつくるもよし、地域活動へ寄付するもよし。
自分の意志で選択して使ってほしい、という願いが込められています。

もちろん「犬吠WAON」カードへは、チャージ(入金)して使い続けていただくことで継続的にふるさと銚子への寄付になります。

銚子に暮らしていても、銚子を離れて暮らしていても
生まれ育った「ふるさと」を愛おしく感じてもらえますように。

【地域通貨「すきくるスター」の使い方】
☆スターでお買い物をする
オールスターズ(使えるお店)を確認!
→ちょうしノート→MISEからカテゴリーを選んでね!

☆スターを寄付する
こちょっぴーの設置はこちら!
>銚子市役所1階市民課前
>イオン銚子2階エレベーター脇
>銚子信用金庫(本店・清川町支店・外川支店・松岸支店・橋本支店)
>銚子商工信用組合(本店・川口支店・椎柴支店・清水支店・松岸支店)
→プロジェクトはこのサイトでも、こちょっぴーでも確認できます!

【事務局_B】

2018この指とまれ!プロジェクト パネル展示はじまりました!

◇2018この指とまれ!プロジェクトは、寄付月間公式認定企画です!◇


彩り豊かな銚子の市民活動を、地元のお金、電子地域通貨「すきくるスター」の寄付で応援できるこの指とまれ!プロジェクトを紹介するパネル展示がはじまりました!
こんな活動があったんだ♪ と知っていただきながら、寄付について、これからのまちづくりについて考え、またご家族・お友達と話すきっかけになればうれしいです。

<パネル展示期間>
12月11日~14日 イオンモール銚子 しおさいプラザ
12月17日~21日 銚子市役所1階 受付前
12月24日~27日 イオンモール銚子 しおさいプラザ

期間中、千葉県主催のセミナーがあります!
◎協働のまちづくりセミナーin銚子 『寄附がつなげる”これから”の地域づくり』
12月18日(火)13:30~16:30  銚子市勤労コミュニティセンター
参加対象:地域活動に興味のある皆様 広く一般の皆様
基調講演:(特非)日本ファンドレイジング協会理事 山北洋二氏
事例発表:銚子円卓会議~この指とまれ!プロジェクト
この指とまれ!プロジェクト活動団体:銚子正調大漁節保存ひびき連合会
主催:千葉県 環境生活部 県民生活・文化課

上記はいずれも寄付月間2018公式認定企画です!

Older posts