Category: ネットラジオROOM (page 1 of 2)

銚子警察署☆を逃がすな!11月第1回「銚子市内の犯罪発生状況とインターネットの安全利用について」

今年もあっという間に残すところ2ヶ月を切りました。
年内にやっておきたいことや、やり残したことなど、改めて振り返ってみましょう!

11月の銚子警察署☆を逃がすな!
本日の担当は生活安全課長の飯箸課長、パーソナリティはBeCOMの西田です。

はじめに、銚子市の犯罪発生状況についてお話がありました。
今年から10月末までの刑法犯の認知件数は、388件、昨年よりは減少しているとのことです。
ただ、油断は禁物です。
昨年も多く発生している自転車の盗難、車上狙いなどは特に注意しましょう。
・自転車には必ず鍵をかけること。
・2つ以上の「ツーロック」がおすすめ。
・車の中の荷物は外から見えないようにする。
・貴重品はおかない。
これらのことを日頃から心がけておくだけで、被害者にならずにすみます。

また、銚子市では「電話de詐欺」が昨年より大幅に増えています。
毎朝、銚子商業高校の女子生徒の声による注意喚起の放送が流れていますが、これはあまりにも被害に遭われる方が増えてきてしまったため、7月末から防災行政無線で流しているそうです。
高齢者の方が多く被害に遭われているということで、お孫さん世代からの呼びかけをイメージして、女子高校生に協力してもらっています。
不審な電話があった際にはこの防災無線を思い出し、ご家族、ご近所、ご友人などで声を掛け合って被害にあわないようにしましょう。

続いて、インターネットの安全利用についてお話がありました。
最近は学生もスマートフォンを持っていることが当たり前になっているので、青少年が巻きこまれるネットトラブルが増えています。
例えば、「LINE」や「Twitter」などのSNSで、マナーを守らないと大きなトラブルに発展してしまいます。
「LINE」での「既読スルー」や「強制退会」、「Twitter」での「炎上」などがそれにあたります。
LINEでは最低限のマナーとして、

・「既読スルー」や「未読」は当たり前
・グループ内の相手に無理な要求はしない
・面と向かって言えないことはLINEでもかかない

そして悪用されないために、

・電話帳を送信しない
・友達自動追加はオフにする
・ID検索の無効化
・タイムラインの公開範囲を制限する

ということが大切になります。

「Twitter」では、「非公開モード」にしない限り、全世界にツイートが公開されています。
しかし普及のポイントでもあった「誰でも自由に書き込みができる」ということが「炎上」を発生させてしまいます。
これが誹謗中傷に発展すると、ネット上の誰かが相手の過去のツイートやプロフィールなどから個人を特定し、個人情報を晒す事態にもなるそうです。
また、気軽に自分や友人の写真を掲載していると、写真が他人に勝手に使われて「なりすまし」の被害にも繋がります。
ネット上には、このようなことができる人がたくさんいるので、特にSNSは正しい知識を持って利用しないと大変なことになります。

最近、ニュースではSNSを使った殺人事件や犯罪が増えてきているので、やはり便利なものほど意識して注意をすることを忘れてはいけません。
当たり前になっているネットの利用を、このラジオをきっかけにぜひ、少し見直してみてください!

最後に、銚子市で最近発生している事案について注意がありました。
今年の6月頃から、お風呂場を覗かれるという被害に遭っている女性が複数いるそうです。
スマートフォンなどのカメラでお風呂場の窓から撮影するという悪質なものだということなので、衣服を脱ぐ前に必ず窓を閉めて施錠することを心がけてください。
今回のお話にあったインターネットにも関連しますが、そういった写真をネット上に流されてしまうと、全て回収するのは不可能だと言われているそうです。
くれぐれも被害に遭わないよう、気をつけましょう!

↓本日の放送はこちらからお聞きいただけます。

銚子警察署☆を逃がすな!10月第1回「県内及び市内の交通事故発生状況」と「高齢者の交通事故防止対策」について

銚子警察ラジオ「☆を逃がすな!」
早いもので10月の放送になりました。
秋も深まってきて、毎日お天気がころころ変わる、そんな季節です。
皆さん風邪などひいていませんか?
本日のご担当は苅部交通課長、パーソナリティは阿尾希世美さんです。
今月からしばらく、都合により月1回の放送とさせて頂きます。

今回は、まず県内・市内の交通事故発生状況についてお話し頂きました。
今年度9月末現在で、交通事故により亡くなられた方は県内で104名、全国的にはワースト7位だそうです。
前年より19名減少しているとはいえ、まだまだ千葉県では悲惨な事故が多いといいます。
対して銚子市内では、昨年の6月6日以降悲惨な事故は起きていませんが、怪我のない物損事故は増加しています。
ということは、たまたまケガがなかっただけで、いつ大きな事故が起きてもおかしくないということになります。
そして、今年の事故の特徴は、全体のほぼ半数が高齢者であり、歩行中に悲惨な事故にあわれているということです。
また、シートベルトの未装着で亡くなる方が増加しているそうです。
シートベルトは、命を守る最後の砦、装着していれば大事に至ることはない事故も多くあると聞きます。
一般道において、後部座席もシートベルトを装着するよう、心がけとドライバーからの働きかけが必要です。

さらに銚子市内で多くみられる、65歳以上の高齢者が原因の事故について、高齢者が事故当事者にならないために、どのように考えたらよいか、お話がありました。
銚子市では、高齢者のほぼ2人に1人が運転免許証を保有しているという現状がありますが、まずは「加齢による衰えを受け止め、自覚する」ことから考えなくてはなりません。
高齢者に限ったことではありませんが、今まで事故にあわなかった、起こさなかったのは偶然であり、運転する際の過信や思い込みが「自分自身を見つめる」ということを妨げてしまいます。
そこで、「運転はもう無理かな」「家族が心配しているからやめようかな」と思っている方には「運転免許証自主返納制度」を積極的に案内しているそうです。
65歳以上の方で、運転免許証の有効期間内に自主的に返納して頂いた方のうち、「運転経歴証明書」の発行を受けると、銚子市内のタクシー1割引、銚子電鉄半額、千葉交通やちばこうバスの路線バス半額のサービスが受けられます。
県内でも様々な割引やサービスを受けることができるので、気になる方は警察署へお問合せ、またはホームページなどで確認してみて下さい。

今年は9月末で約150人の方が返納しているとのことです。
これは高齢者の人口に対して1、2%程度だということなので、まだまだ返納制度への理解と浸透が必要です。
実際、銚子市内では車がないと不便だと感じることが多いとは思いますが、車の所有と交通機関を利用した場合で年にかかる費用を考えると、明らかにどちらが家計に優しいかはわかると思います。
なによりご自身、ご家族も安心です。
この機会に、市民の皆さんにぜひ改めて自分の運転や交通に対する考えを見つめなおして頂きたいと思います。

↓本日の放送はこちらからお聞き頂けます。

銚子警察「☆を逃がすな!」9月第2回「日常生活で注意して頂きたいこと~誤解からおきる事件への対応策~」

9月も残すところあと数日…
子供たちは新学期も始まり、ようやく生活リズムが戻ってきた頃でしょうか。
今日は穏やかでのんびりしたくなる陽気です。

銚子警察ラジオ☆を逃がすな!9月第2回の放送です。
本日のご担当は銚子警察署警務課本木課長、パーソナリティは澤田裕江さん(銚子大洋教習所代表取締役社長)です。

今回は、日常生活における人とのコミュニケーションの中で、誤解から生まれる犯罪についてお話し頂きました。

皆さんも学生時代などには、友人知人間で、ちょっとした誤解や言い方でトラブルになったことがあるのではないでしょうか。
大人になると、様々なことを考えて言いたいことが言えず我慢してしまい、それが心の中に積もり積もって増幅することで犯罪へ発展してしまう場合があるといいます。
ほとんどの普通の人は良識と理性を持っていて、話を聞いてくれる家族や知人がいるので心配はありません。
そうでない人が犯罪を起こしやすいと言えますが、外見からでは判断が難しいため、自分自身が日頃から誤解を与えないよう、誤解をしないよう、意識して注意すること、またきちんと説明ができるようにすること、深く考えすぎないようにすることが大切です。

しかし、相手が勝手に誤解して、何かをしてくる可能性がある場合には、不安だけが募ってしまいます。
このような場合、不安を軽減するためにできる基本的な対応があるそうです。
それは、
1.記録しておくこと
2.周囲に知ってもらうこと
3.相手を刺激しないこと
4.警察に相談すること
この4つだそうです。

「記録」は説明する際に役立ったり、証明にもなったり、何より忘れないためには効果的です。
「周囲に知らせる」ということは、大事になる前に早めに対応でき、周囲が気にかけてくれるきっかけにもなります。
さらに、「相手を刺激しないこと」では、決して感情的にならず冷静に言い分を聞き、冷静に自分の言い分を伝えて大きなトラブルを回避する、ということです。
「警察に相談する」では、そのとおり、遠慮なく心配事や困りごとを相談してほしいとのことです。
県警本部や各警察署には、総合相談口が開設されており、警務課が担当しています。
また、交番や駐在所、パトロール中の警察官でも相談することはできるので、ぜひ気軽に不安や困りごとを相談してください。

日々の心がけと、事前に知って準備しておくことだけで、犯罪を防いでいくことができるんですね。
決して他人事ではない本日のお話、とっても為になりました!

本日の放送はこちらからお聞き頂けます。↓

銚子警察署「☆を逃がすな!」9月第1回「振り込め詐欺と移動交番の開設について」

すっかり秋の陽気になりましたね。
本日は日差しが暑いくらいの秋晴れでした。
銚子警察ラジオ「☆を逃がすな!」9月の第1回目の放送です。
パーソナリティは、阿尾希世美さん、 ご担当は移動交番の皆さんです。
とても楽しく賑やかな放送になりました♪

本日は、ラジオでも何度もお話に出ている、「振り込め詐欺」、いわゆる「電話de詐欺」について改めて注意のお話がありました。
銚子市では毎朝の放送での呼びかけもあり、とてもよく聞く話になっているので、本当に身近に感じなくてはいけません。
最近では、息子を語る者に騙されて、東京都内へ呼び出され、犯人に直接現金500万円を手渡してしまったなどの被害があるそうです。
犯人は、警察官や、市役所職員、弁護士を装い、巧みな話術で善良な人々を精神的に追い詰めてきます。
このような詐欺に遭わないためにも、次のことを頭に入れておきましょう。

・普段から留守番電話にして、相手を確認してから電話に出る。
・家族との間で合言葉を決めておく。
・お金を渡す前に、家族や警察にまず相談。

大切な財産を守れるよう、少しでもおかしいなと感じたら落ち着いてこのことを思い出してください。

最後に、移動交番の開設予定が今月号から「広報銚子」に掲載されることになったというお知らせがありました。
今後は毎月掲載されるそうなので、チェックしましょう♪
そして移動交番を見かけたらぜひお立ち寄り下さい!

秋の交通安全運動が9月21日(木)から30日(土)まで予定されています。
24日(日)にはイオンモール銚子店にて交通安全フェアを行うそうです。

本日の放送はこちらからお聞き頂けます。↓

銚子警察署「☆を逃がすな!」8月第2回「被害に遭わないための防犯対策」について

銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」
8月も早いもので2回目の放送となりました。
近頃はとても暑い日が続いています。
熱中症に注意して元気に過ごしたいですね。
ご担当は渡辺地域課長、パーソナリティは阿尾希世美さんです。

本日は、7月15日から8月20日まで開設されていた海水浴場が、大きな水の事故等なく無事に終えたとの報告がありました。
今後の秋の行楽シーズンにおいても水辺での遊びは十分気をつけましょう。

そして、最近よく聞く「電話de詐欺」や「交通安全についての再認識」、「家や車などの防犯対策」についてそれぞれお話がありました。


「電話de詐欺」は、言葉巧みに危機感を煽りお金を騙し取る電話の詐欺です。
騙されないためにも、そのような電話があってもすぐに信用せず、事実を確認し、家族や警察に相談をすることが大切です。
また、高齢者の交通事故も増えているそうで、外出の際には反射材または見えやすい明るい色の服の着用などを心がけてほしいとのことでした。
防犯対策において大切なことは、外出する際や就寝前には必ず戸締りを確認すること、ちょっとの外出でも油断しない、車や自転車などについても鍵をつけたままやエンジンをかけたままで離れないようにするということです。
どれも被害に遭わないためには、日頃からのちょっとした注意や意識付けで未然に防止できることがあるので、身近にできることから取り組んでいきましょう。

↓本日の放送はこちらからお聞き頂けます。

銚子警察署「☆を逃がすな!」8月第1回「大規模災害発生時の津波対応等について」

8月最初の放送は警備課 渡辺課長にお話をうかがいました。
パーソナリティは、ビーナスさわっち 澤田裕江さん。

銚子には、春から夏にかけて数多くのイベントがありますが、市民の方々から警察官の姿を見て安心して参加できたという声が多く聞かれました。前回の放送でうかがった雑踏警備が安心の実感につながる瞬間ですね。

さて、毎年9月1日は「防災の日」です。今年は、8月30日(水)~9月5日(火)までの1週間を「防災週間」として、銚子市内でも様々なイベントが開催される予定とのことです。
防災は、肩に力を入れすぎず、しかし日常から準備しておくことが大切です。
備えあれば、ですね。

まだ記憶に新しい平成23年3月11日の「東日本大震災」において、銚子市では、2.5メートルの津波が押し寄せ、幸いにも死者、行方不明者は発生しませんでしたが、重軽傷者計20名、25棟が全壊するなど大きな被害を受けました。
床下浸水等を含めると、計2605件の被害が確認されたとのことです。
これに伴い、停電や断水などいわゆる「ライフライン」被害も発生しており、日ごろから市民一人ひとりができることを意識して、できることをしっかりと取り組んでいきたいところです。

具体的には「非常食の備蓄」も各ご家庭でできることのひとつではないでしょうか?
その際、気を付けたいのが、消費期限!
皆さんはローリングストックという備蓄方法をご存じですか?
少しずつ備蓄している非常食を食べながら、消費期限のあるものを入れ替えておくという考え方です。

今回の番組では、災害対応に役立つ身近な情報をお伝えしています。
市内の防災教育でも取り上げられている浜口梧陵の「稲村の火」について。
そして、実際に大きな地震を感じたら、すぐに海岸を離れ高台へ、という意識。そう!遠くへではなく、津波の場合は「高く」がポイントですね。日ごろから、ハザードマップで自宅や勤務地の周辺の標高を把握しておき、いざという時の避難場所や避難経路を決めておくことも必要ですね。

詳しくは、ぜひ番組をお聞きください。
「ながら聞き」ができるところが、ネットラジオの利点でもあります。
作業BGMの合間などにぜひお試しください。

銚子警察署「☆を逃がすな!」7月第2回「平成29年上半期の犯罪発生状況について」

こんにちは!
おとなインターンの邊見早織です!
夏休みに入り、昼間子供たちの遊ぶ声が聞こえてくるようになりました。
これから楽しみな予定や家族で過ごす時間が増えることと思いますが、羽目を外しすぎてケガをするようなことにならないよう、気をつけて楽しみましょう!

銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」7月第2回、
ご担当は飯箸生活安全課長、パーソナリティは澤田裕江さん(銚子大洋教習所 代表取締役社長)です。
飯箸課長は3月から2回目のご出演になります!

今回のテーマは「平成29年上半期の犯罪発生状況について」でした。
千葉県内の今年の1月から6月までの犯罪の認知件数は26,318件で、昨年6月末の件数より1,942件減少しています。
しかし、全ての犯罪が減っているわけではなく、増えている犯罪もあるそうです。
減っている犯罪は、強制わいせつ、自動車盗、オートバイ盗、車上狙いなど。
増えている犯罪は、出店荒し、忍び込みなどの屋内への侵入窃盗、電話de詐欺です。
この電話de詐欺は、昨年と比べると2割以上増えています。
キャッシュカードを騙し取られるといった被害も含め、千葉県内だけでも被害額は13億円を超えているそうです。

また、銚子市内でも上半期の犯罪の認知件数は223件と、昨年より66件減少していますが、やはり油断はできません。
犯罪抑止活動によって侵入窃盗や強制わいせつなどの犯罪は大きく減少していますが、車上狙いや電話de詐欺は顕著に増加しているとのこと。
車上狙いの発生状況の分析において、潮見町の銚子マリーナ周辺が最も多く、次いで中央町や新生町の利根川沿い周辺で多く発生しています。
車で釣りに来て、駐車した車から離れていた人、車を駐車して仕事をしていた人などが被害に遭っています。
少しの間車を離れる時でも、荷物の置き場所を考えて被害に遭わないようにしましょう。

車上狙いだけでなく、電話de詐欺においても、「自分は大丈夫」と油断していると危険だといいます。
銚子市内では、6月末現在で昨年の倍以上の電話de詐欺の被害届を受理しているそうです。
その中にはとても高額の被害もあったそうです。
手口は非常に巧妙で、被害者の中には「こんな詐欺があるのを知らなかった」、「まさか自分が騙されるとは思わなかった」という方々もいます。
犯人は皆さんが想像していないような油断している状態の隙を狙って人の良心を利用し、騙されやすい状況をつくります。
このような詐欺に騙されないようにするためにも、普段から家族間で「こんな電話があったらどうするか?」ということを話しておくことが大切です。
電話de詐欺は本当に身近な犯罪なので、日々危機感を持って話題にしておく必要があります。
最近は、毎朝7時30分に、銚子商業高校の生徒さんの声で詐欺に関する防災無線も流れています。
やはり、私たちの生活の中で身近なものになってしまっているのだと認識しなければなりません。
自分たちが住んでいる街をより良くするためには、「知ること」や、「知って考えること」、そして「市民1人1人の心掛け」が改めて非常に大切だと感じますね。

↓本日の放送はこちらからお聞きいただけます。

【おとなインターン 邊見早織】

銚子警察署「☆を逃がすな!」7月第1回「自転車の防犯登録」&「警察官募集」

こんにちは!
おとなインターンの邊見早織です。
すっかり夏らしい季節になりましたね。
あっという間に今年の梅雨は明けたのでしょうか…?
まだ油断はできないようですが、お天気の良い日が多いと気持ちも明るくなりますね!

本日7月第1回の銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」。
ご担当は、2回目のご出演になる吉次会計課長です。

今回のお話は、自転車の防犯登録についてでした。

普段からとても便利な乗り物として幅広い世代に利用されている自転車ですが、便利な反面、盗難・放置されることが多いそうです。
そこで、見つかった自転車がちゃんと所有者のもとに返還されることを目的に、平成6年から防犯登録をすることが義務付けられています。
自転車を購入した際、登録料500円で黄色いステッカーが貼られ、所有者のデータが県警に登録されます。
平成28年中には、千葉県内で約39万台が防犯登録されているとのこと。
万一、自転車が盗難被害に遭った場合、この防犯登録や自転車に刻印されている車体番号が手がかりとなり持ち主が判明するので、登録はもちろんのこと、その「登録カード」の控えを大切に保管してほしいということです。
(↓ステーションにちょうど登録ステッカーが貼ってある自転車がありました♪)

また、自転車をインターネットや通販で購入したり、友達から譲り受けたりした場合は登録の抹消・変更の手続きが必要になります。
この手続きを行わずそのままにしている方がとても多いそうで、盗難に遭った際に実際の持ち主がわからなくなってしまったり、たまたま警察官に職務質問を受けた際などに他人名義の自転車に乗っていると、あれこれ理由を詮索される、ということにもなります。
手続きはお近くの自転車販売店やホームセンターでできるそうなので、まだされていないという方はしっかりしておきましょう。

最後に、現在行われている警察官の募集活動についてお知らせがありました。
8月10日まで受付をしているとのことなので、少しでも興味がある方はぜひ銚子警察署へお問合せください。
これからの未来を支えていける若いパワーを、ぜひお持ちしています!!

↓下記より放送をお聞き頂けます。

銚子警察署「☆を逃がすな!」6月第2回「ゾーン30」&「千葉県自転車条例」について

こんにちは!
おとなインターンの邊見早織です。

6月第2回目の銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」
本日のパーソナリティは阿尾希世美さん、ご担当は苅部交通課長です。

今年の4月から銚子に赴任されたとのこと。
銚子の印象を、思っていた以上に見所がたくさんあり驚いたとおっしゃっていました。
さらに、銚子は新旧の道路が共存した交通環境なので、市外の方などにはより慎重に運転に気をつけていただきたい場所もあると感じる、とお話しくださいました。

その交通環境のお話に関連して、本日のテーマは「ゾーン30」という交通規制と、「千葉県自転車条例」についてでした。

「ゾーン30」とは、「30km規制」エリアのことです。
生活道路における安全な通行を目的として、速度抑制や抜け道対策のために設定されています。
銚子市内では、春日町、台町、清川町の各一部、春日小学校及び銚子商業高校の周辺エリアに設定されています。
今年に入ってからの市内の事故発生状況において、痛ましい悲惨な事故は発生していないそうですが、こういった規制を一人一人がしっかり意識することで今後も重大な事故が起こらないようにしていきたいですね。

そして「千葉県自転車条例」では、改めて自転車の安全な乗り方について見直すためのお話がありました。
この条例は平成29年4月1日に施行されたばかりのものですが、近年交通ルールやマナーを守らない危険な自転車走行が社会的に問題になっている背景からできたそうです。
自転車も「くるま」だということを意識して、ルールとマナーを守って走行しなければなりません。
誰もが、事故を起こさない、というのは当たり前のこととして認識していますが、事故を起こさないためには何を気をつければいいかということを生活の中でしっかり考えていきましょう!

音声はこちらから聞くことができます。
https://youtu.be/01zU_hW54-k

銚子警察署「☆を逃がすな!」6月第1回 警察官募集&犯罪被害者支援活動

6月最初の☆を逃がすな!は、警務課 本木課長がご担当くださいました!

3月に赴任され3か月。
スポーツ万能で、身のこなしもスマート。
4歳になる孫娘さんがいらっしゃるとは驚きです。お孫さんがいつでも一緒にお買い物に行きたがるカッコイイおじいちゃんを目指していらっしゃるそうで、なるほど、納得です。(^-^)

さてそんな本木課長から、はじめに警察業務の各課のお仕事や、普段なかなか市民には見えない大切なお仕事についてうかがいました。

テレビでも、このラジオでもおなじみの交通課や生活安全課、警備課などは、お仕事の内容もおよそイメージできますし、その存在が見えることで体感治安があがる効果も理解できます。しかし裏方となる警務課のお仕事は少し想像してみないと見えてこない業務です。

今回は、改めて警察官募集の件と、犯罪被害者支援活動についてご紹介をいただきました。

警察官の募集に関しまして、すでに1回目の募集は終了しておりますが、2回目の募集が7月4日から8月10日まで行われるそうです。
「頼れる・誇れる・思いやりのある警察官」を育てていきたいという本木課長の言葉は、市民にとってもうれしく感じられるものです。

また犯罪被害者支援活動に関してですが、銚子地区犯罪被害者支援連絡協議会が設置されており、3月にも会議が開催されているそうです。
犯罪被害者支援は、一警察単位だけでなく、広域な支援も各警察署が協力して行っているそうです。

見えないけれども、確かにあるということは、安全の条件です。そして弛まぬ安全への努力と工夫が、安心を約束してくれることを感じます。

音声はこちらから!
https://youtu.be/vqjBvrHVhqk

Older posts