Category: ネットラジオROOM (page 1 of 5)

銚子警察署インターネットラジオ☆を逃がすな!10月「大規模災害への対応について」警備課

銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」10月の放送は今回が二回目の登場となる沼山警備課長にお話しを伺いました!
パーソナリティは、阿尾希世美さん(ボーモ阿尾取締役)です。

来月11月5日は「津波防災の日」ということで、9月の台風15号や津波災害に係るお話しをして頂きました。
台風15号は千葉県に甚大な被害をもたらし、日常生活に支障を及ぼす結果となってしまいました。
これからの自然災害に対して私たち一人一人が日頃から様々な準備をしておく必要がありますね。

市民が日頃からすべきこととして、
①自分の住んでいる場所がどんな災害に巻き込まれやすいのか把握する。
②避難場所とその経路、そして災害の情報を入手できる媒体を確認する。
この2つが大切なんだそうです。
そして、沼山課長は「命を守る行動をとってほしい」とおっしゃっていました。
自分で判断せず、地域の方と一緒に行動することが命を守ることに繋がるそうです。

そして、もちろん災害用品の備蓄を準備することも大切です!
実は、年に4回「防災用品点検の日」があるそう。(3月1日、6月1日、9月1日、12月1日)
因みにこの日は公式なものではありません!
食料品の備蓄として「ローリングストック」という考え方があります。

ローリングストックとは、保存食を備える→日常で使う(賞味期限)→使った分だけ買い足す、というサイクルのこと。
最近、この備蓄食料については、3日分の備蓄から「最低3日で、出来れば1週間分」の備蓄という考え方に
変わったそうです。

この他にも11月5日が「津波防災の日」になった由来があの「稲むらの火」だったり、
警察が推進している災害対策についてお話していただきました!

詳しくはぜひ放送をお聞きください!
「☆を逃がすな!」番組はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=ZuYn8IEIBMg&feature=youtu.be

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!9月「移動交番の活動」移動交番

9月の番組はとても賑やか&にぎやか!

千葉科学大学でインターンシップ中の学生さん4名も見学する中、ビーナスさわっちこと 澤田裕江さん(銚子大洋自動車教習所  代表取締役社長)のパーソナリティ、移動交番の山本班長、神保巡査部長、鈴木相談員の3名が移動交番の開設場所について、ただいま真っ最中の「秋の交通安全フェア」、電話de詐欺についてなど、大切なお話を楽しくご紹介くださいました!

 

千葉科学大学には、警察官になりたくて入学した、という4名。
インターンシップを通じて、現場の警察官をより身近に感じ、夢をかなえていく決意を新たにしたそうです!


写真右より順に・・・

向後君(茨城県神栖市)
「将来、交通課勤務を通して、人と車のより良い関係を研究しながらつくりたい。」

菅澤君(茨城県行方市)
「中学の時、少年犯罪について学び、気持ちに寄り添える警察官になりたいと思った。」

田中さん(長野県上田市)
「バイクに乗る両親の影響から、小学生の頃から白バイに乗ることが夢。」

工藤君(山形県鶴岡市)
「子供のころから大好きな「あんぱんまん」のまっすぐな正義感が、今の自分の原動力。」

番組はじまってすぐに、突然、声をかけられ戸惑う4人でしたが、しっかり現場対応してくれました!
そんな臨場感あふれる放送をぜひお聞きください!

 

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!8月「落とし物、忘れ物を減らす環境づくり等について」会計課

銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」8月は、「落としもの、忘れ物を減らす環境等について!」をテーマに会計課の日下部課長にお話しをおうかがいしました。


地元市立銚子高校出身の日下部課長。
高校生目線で見ていた銚子市を、現在、大人の視点で強く、優しく見守ってくださっている日下部課長から、「ペット」について、そして「お金」についての情報とアドバイスをくださいました♪

まずは、ペットについて。

第一には、いなくならないよう、よく見守ることが大切ですが、千葉県には人の身体や財産に対する犬の危害を防止するために作られた「千葉県犬取締条例」があり、ここでは「犬の飼い主は、訓練等の特別な事情を除き、係留、または抑留しておかなければならない」とされています。
ご存知でしたか?

特に注意したいのは、「花火大会」や「お祭り」。
大きな音を怖がり、逃げ出してしまった、という話はよく聞きます。
噛まないから大丈夫、ということだけでなく、ワンちゃんのことを嫌いな人への配慮、環境によるワンちゃんへの影響、ワンちゃんを守るという視点からも、しっかりつないでおく、逃げない場所に入れておくなど飼い主の皆さんはご確認ください。

そして、お金のこと。

ぜひこの機会に改めて具体的な「お金の持ち方」を覚えておいてください。

そのまま持ち歩かず、きちんとお財布にいれ、できれば免許証やキャッシュカードなど大事なものとは一緒にせず、診察券、名刺複数など、持ち主のお名前のわかるものと一緒に持ち歩くようにすることがポイントです!

詳しくは、どうぞ 放送をお聞きください!

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!7月「子どもと女性の被害を防止しよう!」生活安全課

銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」7月は、「子供や女性の被害を防止しよう!」をテーマに生活安全課の吉原課長にお話しをおうかがいしました。

番組の前後の雑談の中でもっとも印象的だったことは、「夏休み中、どうしたら子供たちが犯罪に巻き込まれず、元気に過ごすことができるか?それがとにかく一番気がかり。」と課長が繰り返し子供たちへの想いを口にされていることでした。

「子育て施策」というと、どうしても目に見えるもの、直接的なものが話題になりがちですが、実際には目には見えない良質の取り組みがたくさんあることに改めて気づかされます。

現在、銚子警察署では市内各団体組織との積極的な連携を進めているそうです。
細やかな連絡体制がスムースな対応を生み出し「安心」「安全」につながっていくと思います。

市民一人ひとりも防犯意識を高めながら子供達の成長を見守りたいですね。

さて、番組の内容をちょっと先にご紹介♬

・子供たちに絶対覚えてほしい「いかのおすし」って?
・不審者に注意!「はちみつじまん」
・特に女性に意識してほしい「あおぼーし」

ユニークな合言葉は覚えやすいですし、思い出して確認しやすいと思います。
防犯対策は、一人ひとりの意識と行動から、ですね!

さてさて上の3つの合言葉。それぞれどんな注意点かわかりますか?

「いかのおすし」=危険を回避する合言葉
いか・・・ついて「いか」ない
の・・・知らない車には「の」らない
お・・・「お」お声=大声を出す
す・・・「す」ぐ逃げる
し・・・「し」らせる

「はちみつじまん」=不審者を見分ける合言葉
は・・・話しかけてくる
ち・・・近づいてくる
み・・・見つめてくる
つ・・・ついてくる
じ・・・じっとしている
ま・・・待っている
ん・・・ん? ←これ大事!ん?と感じたら、ちゃんと疑ってみる

「あおぼーし」=主に女性の被害防止
あ・・・歩きスマホはやめましょう!
お・・・大声を出しましょう!&遅くなったら迎えかタクシーを!
ぼ・・・防犯グッズを活用しましょう!
|・・・エスカレーターやエレベーターでは周囲を警戒
し・・・下着は室内に干しましょう!

それぞれ、なるほど納得&興味深いです。

さて、日ごろ気になることがあっても、なかなか警察署には連絡しにくいと思われる方は少なくないと思います。
しかし実際のところ、警察の皆さんはとても気さくな方ばかり。
小さな「ん?気になる」を、後ではなく今伝えることも大切な防犯活動です!

どうぞよろしくお願いいたします!

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!6月「絶対!交通安全!!」交通課

今月の銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」は、宮内交通課長にお話しをいただきました!
パーソナリティは澤田裕江さん(銚子大洋自動車教習所 社長)

さて「銚子市内の上半期の事故発生状況」は?

今年1月から5月末までの交通人身事故については65件の発生で前年に比べ9件、率にして約16%も増加しているそうです。

死亡事故は3件発生、3名の方の尊い命が犠牲になっており、非常に厳しい状況であると言えます。

事故の特徴として
1 死亡事故のすべてが車と歩行者の関係する事故である
2 交差点、交差点付近での事故が増加傾向にある
3 高齢者の関係する事故が多発している
という3点があげられるそうです。

漫然とした運転、無理な横断。。
どちらも避けられるはずです。

また、駅前や国道などの主要道路の交差点や交差点付近は、特に車や自転車、歩行者の交通量が多く、意識的に気を引き締めていくことが必要ですね!
警察でも協力団体と連携して、該当監視やパトロール、指導取締の強化をはかってくれているそうです。

そして気になる高齢者が関係する事故が多発。。。。
運転に関しての課題は、宮内交通課長も、澤田社長も、十二分に課題として実感され、さらにその解決に向けて具体的なご努力もされていらっしゃいます。

今回の放送では、リスナーの皆さんへのメッセージとお願いを2つお話くださいました。

ひとつは、行動について。
「横断歩道のない道路を横断することは、絶対にやめてください!!!」

そう、ちょっとだからね、というその気持ちがダメ、絶対。
車やほかの歩行者に、早く自分の所在を認識してもらうことが重要でもありますね。
目立つ服装、反射材を利用したものを身につけるなどの工夫も大事とのことです。

そしてもうひとつは、こんなうれしい提案。
「交通安全講話します!!!ぜひ銚子警察署交通課へご連絡ください!!!」

わかりやすく面白く交通安全を伝えてくれるので、ぜひ参加、または企画してみてください!

さて関連してもうひとつ、素敵なプロジェクトのご案内です。
それは「ひまわり絆プロジェクト」

平成23年に交通事故により命を奪われた4歳の男の子の事件がきっかけとなり、そのご両親や事件を担当していた警察官の「交通事故をなくしたい!」という思いから生まれたプロジェクトだそうです。

「 ひまわりの絆プロジェクト|千葉県警察」
詳細こちら→https://www.police.pref.chiba.jp/keimuka/orders_forVictim_sunflower.html

銚子警察署では、銚子大洋自動車教習所さんの協力で花壇を作り
6月に種まきをして、ちょうど芽が出てきたところだそうです。

夏には教習所の国道沿いにひまわりの花が咲くんですね!
教習生もプロジェクトの意味を知ることで、車を運転をする心構えも少し変わってくるのではないでしょうか。

銚子警察署には、昨年とれたひまわりの種があるそうです。
ご連絡をいただければお分けしていただくことができるそうです。

活動が広がり、交通事故の根絶につながっていくといいですね!

最後は「夏の交通安全運動」のご紹介です。
7月10日~7月19日までの10日間で、スローガンは「歩行者を 守る気づかい 思いやり」です!

梅雨があけると本格的な夏の行楽シーズンです。
ある意味、とても銚子らしい季節、ともいえます。
ご家族やお友達と、交通安全について話てみるのも良いですね。

番組が小さなきっかけになれば嬉しいです。

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!5月「地域警察官の活動」地域課

タララタッタター!
銚子警察署インターネットラジオ☆を逃がすな!の今月の放送は、ユーモアたっぷりの武田地域課長!
パーソナリティのビーナスさわっちこと、澤田裕江さんとの息ぴったりの楽しい番組をお届けします。

武田課長:令和元年、第1回目の放送ですから・・・
澤田さん:ですから・・・?

☆彡さぁ!この続きはぜひ、放送をお聞きください!

武田課長:制服を着ている警察官で紳士的なのが、地域警察官で・・・・

☆彡え~?そんなこと、おっしゃっていいんですか?

 

(^^)ちょっと真面目に内容をご紹介。
番組で紹介されている「巡回連絡カード」は、その活用を知ることで、地域の中のつながりづくりや、ご近所の方々とのお付き合いの大切さを実感すると同時に、地域警察官の日々の活動があることでの安心を改めて感じます。

自転車の盗難件数は、昨年中、約40件、今年はこれまに10件とのことですが、実際にはこの数は被害届を受理した件数だそうです。
放置自転車になり、防犯登録から所有者を調べて連絡すると「実は1ヵ月前に盗まれてました」というようなこともあるそうです。
まず、自転車の所有者になったら、防犯登録をすること。
盗まれた場合はすぐに被害届を出すことが大切です!
人から譲り受けた場合は、自転車の名義変更は忘れずに。
使用に関しては必ず施錠をするように心がけましょう。

楽しくってためになる!
銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」はこちらからお聴きください♪

 

 

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!4月「銚子市内の犯罪状況と電話de詐欺について」生活安全課

2月4日付、柏警察署から着任された生活安全課 吉原課長は、20年前に、地域課員として中央交番で勤務されていたそうです!
20年前と変わらない銚子の自然の美しさや魅力的な食を堪能しつつ、日々安全で安心なまちを守っていこうとされています。

安全なまち、安心を感じるまち。
そのためには、まずまちの状況をよく知ることから、ということで、犯罪件数からご紹介します。

平成30年中の銚子市内の刑法犯の認知件数は348件。平成29年の458件からマイナス110件と大幅に減少しています!

平成元年以降で銚子市内の犯罪件数がもっとも多かったのは、平成14年の1,517件とのことで、そこからは驚くほどに減っていることがわかります。
ただ、件数もさることながら「体感治安」と呼ばれる、いわゆる安心して暮らしている!という実感がとても重要になりますので、千葉県警ではさまざまな取り組みをされています。
その取り組みの数々を銚子警察署目線で、毎月このラジオを通してお伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、実際に銚子で発生している犯罪種別ワースト5は。。。
1  万引き    55件 大型ショッピングセンター他、スーパーでも多く発生
2 自転車盗   46件 大半が無施錠
3 部品ねらい      13件 車のナンバープレートなど
4 車上ねらい 10件
5 置き引き   9件
ただし、建物の屋内で発生した空き巣、忍び込みなど侵入盗をすべてを合計すると32件。
特徴をまとめると、①自転車無施錠の盗難被害 ②車両のガラスを割られた車上ねらい ③住宅・店舗への侵入窃盗被害は無施錠箇所からの侵入が多い、というところだそうです。

「自分は大丈夫」という楽観的な考えは、時に大切なものですが、こと犯罪防止の観点からするとちょっと問題です。
自転車、車から離れるときは、必ず鍵をかける。車内の見えるところにバッグや財布を置かない。置いたまま車を離れない。。。などなど基本的には「大丈夫」とは思わずに!防犯意識を高めていくことが大切です。

「電話de詐欺」については、テレビのニュースなどでもたびたび取り上げられていますが、その犯罪はますます巧妙になってきています。銚子の「電話de詐欺」の発生状況は、平成29年21件→平成30年3件と減少していましたが、平成31年に入りすでに3件の発生があります。
特に現在注意したいのは、「キャッシュカードをだまし取る手口」です。

千葉県警では、「電話de詐欺には、電話de対策」をスローガンに対策を講じています。

1  常に留守番電話に!→犯人と直接話さない
2 ナンバーディスプレーの活用→非通知など、知らない番号には出ない
3 迷惑電話対策サービス
4     警告・通話録音機能の活用

詳しくはぜひ放送をお聞きください!
「☆を逃がすな!」番組はこちら! https://youtu.be/lwQ5Jkb0sCs

 

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!3月「警察官を募集しています!」警務課

↑↑  沖永良部島の観光協会HPです。海も花もきれい!

更新が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。
銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」の3月放送をアップします!
テーマは「警察官募集」。

・・・なぜ沖永良部島??
実は、この2月に赴任されたばかりの警務課長は、沖永良部島ご出身♪
自己紹介で、島について詳しくご紹介いただいています。
放送前のひととき、パーソナリティの阿尾さんは、島の魅力をうかがい、ぜひ一度訪れたい、住んでみたい!とおっしゃってました。

   
(ポスター&パンフレットPDF)

**********************************************
千葉県警察は、千葉県で暮らす620万人の安全で安心できる県民生活を確保するために約12,500人の警察職員が日夜活動しています。警察の活動は、犯罪の抑止・捜査、犯人逮捕、交通指導・取締り、災害対策など、職務は多岐にわたっています。大切なことは強い意思とチームワーク。自分の得意な分野や興味のある分野で、あなたの活躍する場所が必ず見つかります。
**********************************************
Aコース(昭和61年4月2日以降に生まれ、大学卒又は平成32年3月末日までに卒業見込みの方)
男性 131名程度 女性25名程度

Bコース(平成元年4月2日~平成13年4月1日までに生まれ、Aコースの学歴に該当しない方)
男性 20名程度 女性5名程度

試験 5月12日(日)

詳しくは、こちからお問合せください。
千葉県警察本部 警務課 電話番号:043-201-0110 (代表)
または、山下課長がいらっしゃる銚子警察署にご連絡いただいても大丈夫です!銚子警察署 0479-23-0110

放送では、警察署各課のお仕事内容についてもお話くださいました。
警察官は男性だけでなく女性警察官も大募集中です。
放送はこちらから!
https://youtu.be/WjOJD7s17yQ(外部リンク)

次回4月の放送は、来週火曜日公開予定です!お楽しみに!

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!2月「1年を振り返って、そして今年!」移動交番

☆を逃がすな!2月は銚子警察署移動交番の皆さんにお越しいただきました!
1年間の活動を振り返り、それぞれに経験したことや感じたことをお話くださいました。

リスナーの皆さんには、ぜひ警察の皆さんのあたたかなお人柄と、地域の安全を担う熱い責任感を感じていただければうれしいです。

まずは、移動交番でできることをおさらい。
・各種届け出の受理や各種相談への対応
・子供たちの見守り活動や安全教室の実施
・高齢者への防犯講話や交通安全指導
・各種広報活動

ベテランリスナーの皆さんにはおそらくお馴染みかもしれませんが、移動交番には独自のキャラクターがちゃんと存在します。
その名も「いわっしー」君!&「いわしみず」さん。
もちろん銚子市の魚「いわし」にちなんで名づけられているそうです。
いわっしーくんの風船もあるそうですよ!

移動交番で一番感じたこととは、なんといっても人との関りだそうです。
千葉科学大のスターラビッツ、市役所、銚子電鉄、ウォッセなど多くの方々にご協力をいただいているそうです。

110番の日のキャンペーンにはウッド村ファームのリコちゃんも協力してくれたそうです。
リコちゃん、モデルさん体形で、制服がとてもお似合いだったそうです。
ちなみに、110番の日は、110番の適性利用を呼びかけるものです。
緊急性のないものは、#9110という専用ダイアルがありますので、上手に活用してくださいね!

今回の放送でご紹介いただいた市民の皆さんとの数々のエピソードはどれも印象的でした。


演歌歌手の松山恵子さんとの思い出を胸にしまっている男性のこと、大河ドラマで話題の韋駄天・金栗四三と競争したことがある!と94才の大先輩のことなど、本当に驚きました。
金栗四三さんが、銚子に来たことがあるなんて、全く想像もしませんでした。

昭和13年か14年の頃、当時の中学の各クラスからの代表者が出て、ヤマサ醤油前の公正市民館前から高神のお寺まで競争したそうですよ!

移動交番の皆さんが、思いもかけない銚子の様々なエピソードを引き出してくれることがうれしいですね!

ぜひ、ゆっくりと放送を聞いてみてください。
https://youtu.be/urtpsIRBMpg

冬の交通安全運動!銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」

銚子警察署「☆を逃がすな!」
9月銚子警察署で勤務されている宮内交通課長がはじめてお話してくださいました!
パーソナリティは、阿尾希世美さん(ボーモ阿尾取締役)

「銚子といえば、第一に「魚」、漁港のイメージがあり、魚料理はおいしいことに加え、他ではなかなか見ることができない風力発電機、屛風ヶ浦などの珍しい古代の地層、醤油工場など歴史ある建物も数多く所在し、見どころいっぱい」とうれしいコメントからスタートしました。

交通課長、という視点では、銚子は「新旧が共存した交通環境」と感じていらっしゃるそうです。

銚子駅を中心として、東西には国道356号線、南北には国道126号線という主要国道があるほか、海沿いにはドーバーラインのようなバイパスもあり、機能的な新しい道路がある一方で、市内には至るところに昔ながらの風情ある町並みが共存しているので、地元の私たちには、馴染みのある道路環境でも、市外から観光等でいらした方々には、慎重な運転が必要な場所もある、というご指摘はなるほど、と改めて感じました。

ルールを守る、お互いを思い合うことで、安全で快適な交通環境になり、それが安心できる安全なまち、という意味になるのだと感じます。

「冬の交通安全運動」は12月10日(月)~19日(水)までの10日間。
スローガンは「その一杯 愛車も走る凶器に 早変わり」

年末になるとお酒を飲む機会も増えます。「酒酔い運転」「酒気帯び運転」はもちろん、「車両等の提供禁止」「種類の提供禁止」「同乗の禁止」も心に留めておきたい大切なことです。

放送では、「酒酔い」と「酒気帯び」のおおまかな定義や、罰則の違いなど詳しく教えていただきました。
ぜひ、ご確認ください。

平成30年も残りあとわずか。交通安全は、一人ひとりの心がけと行動から!
良い年末、そして新しい年を気持ちよく迎えられるよう、忙しいとはやる時こそ深呼吸。
ホッとしながら笑顔で過ごしたいですね。

Older posts