Category: ネットラジオROOM (page 1 of 4)

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!6月「絶対!交通安全!!」交通課

今月の銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」は、宮内交通課長にお話しをいただきました!
パーソナリティは澤田裕江さん(銚子大洋自動車教習所 社長)

さて「銚子市内の上半期の事故発生状況」は?

今年1月から5月末までの交通人身事故については65件の発生で前年に比べ9件、率にして約16%も増加しているそうです。

死亡事故は3件発生、3名の方の尊い命が犠牲になっており、非常に厳しい状況であると言えます。

事故の特徴として
1 死亡事故のすべてが車と歩行者の関係する事故である
2 交差点、交差点付近での事故が増加傾向にある
3 高齢者の関係する事故が多発している
という3点があげられるそうです。

漫然とした運転、無理な横断。。
どちらも避けられるはずです。

また、駅前や国道などの主要道路の交差点や交差点付近は、特に車や自転車、歩行者の交通量が多く、意識的に気を引き締めていくことが必要ですね!
警察でも協力団体と連携して、該当監視やパトロール、指導取締の強化をはかってくれているそうです。

そして気になる高齢者が関係する事故が多発。。。。
運転に関しての課題は、宮内交通課長も、澤田社長も、十二分に課題として実感され、さらにその解決に向けて具体的なご努力もされていらっしゃいます。

今回の放送では、リスナーの皆さんへのメッセージとお願いを2つお話くださいました。

ひとつは、行動について。
「横断歩道のない道路を横断することは、絶対にやめてください!!!」

そう、ちょっとだからね、というその気持ちがダメ、絶対。
車やほかの歩行者に、早く自分の所在を認識してもらうことが重要でもありますね。
目立つ服装、反射材を利用したものを身につけるなどの工夫も大事とのことです。

そしてもうひとつは、こんなうれしい提案。
「交通安全講話します!!!ぜひ銚子警察署交通課へご連絡ください!!!」

わかりやすく面白く交通安全を伝えてくれるので、ぜひ参加、または企画してみてください!

さて関連してもうひとつ、素敵なプロジェクトのご案内です。
それは「ひまわり絆プロジェクト」

平成23年に交通事故により命を奪われた4歳の男の子の事件がきっかけとなり、そのご両親や事件を担当していた警察官の「交通事故をなくしたい!」という思いから生まれたプロジェクトだそうです。

「 ひまわりの絆プロジェクト|千葉県警察」
詳細こちら→https://www.police.pref.chiba.jp/keimuka/orders_forVictim_sunflower.html

銚子警察署では、銚子大洋自動車教習所さんの協力で花壇を作り
6月に種まきをして、ちょうど芽が出てきたところだそうです。

夏には教習所の国道沿いにひまわりの花が咲くんですね!
教習生もプロジェクトの意味を知ることで、車を運転をする心構えも少し変わってくるのではないでしょうか。

銚子警察署には、昨年とれたひまわりの種があるそうです。
ご連絡をいただければお分けしていただくことができるそうです。

活動が広がり、交通事故の根絶につながっていくといいですね!

最後は「夏の交通安全運動」のご紹介です。
7月10日~7月19日までの10日間で、スローガンは「歩行者を 守る気づかい 思いやり」です!

梅雨があけると本格的な夏の行楽シーズンです。
ある意味、とても銚子らしい季節、ともいえます。
ご家族やお友達と、交通安全について話てみるのも良いですね。

番組が小さなきっかけになれば嬉しいです。

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!5月「地域警察官の活動」地域課

タララタッタター!
銚子警察署インターネットラジオ☆を逃がすな!の今月の放送は、ユーモアたっぷりの武田地域課長!
パーソナリティのビーナスさわっちこと、澤田裕江さんとの息ぴったりの楽しい番組をお届けします。

武田課長:令和元年、第1回目の放送ですから・・・
澤田さん:ですから・・・?

☆彡さぁ!この続きはぜひ、放送をお聞きください!

武田課長:制服を着ている警察官で紳士的なのが、地域警察官で・・・・

☆彡え~?そんなこと、おっしゃっていいんですか?

 

(^^)ちょっと真面目に内容をご紹介。
番組で紹介されている「巡回連絡カード」は、その活用を知ることで、地域の中のつながりづくりや、ご近所の方々とのお付き合いの大切さを実感すると同時に、地域警察官の日々の活動があることでの安心を改めて感じます。

自転車の盗難件数は、昨年中、約40件、今年はこれまに10件とのことですが、実際にはこの数は被害届を受理した件数だそうです。
放置自転車になり、防犯登録から所有者を調べて連絡すると「実は1ヵ月前に盗まれてました」というようなこともあるそうです。
まず、自転車の所有者になったら、防犯登録をすること。
盗まれた場合はすぐに被害届を出すことが大切です!
人から譲り受けた場合は、自転車の名義変更は忘れずに。
使用に関しては必ず施錠をするように心がけましょう。

楽しくってためになる!
銚子警察署ラジオ「☆を逃がすな!」はこちらからお聴きください♪

 

 

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!3月「警察官を募集しています!」警務課

↑↑  沖永良部島の観光協会HPです。海も花もきれい!

更新が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。
銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」の3月放送をアップします!
テーマは「警察官募集」。

・・・なぜ沖永良部島??
実は、この2月に赴任されたばかりの警務課長は、沖永良部島ご出身♪
自己紹介で、島について詳しくご紹介いただいています。
放送前のひととき、パーソナリティの阿尾さんは、島の魅力をうかがい、ぜひ一度訪れたい、住んでみたい!とおっしゃってました。

   
(ポスター&パンフレットPDF)

**********************************************
千葉県警察は、千葉県で暮らす620万人の安全で安心できる県民生活を確保するために約12,500人の警察職員が日夜活動しています。警察の活動は、犯罪の抑止・捜査、犯人逮捕、交通指導・取締り、災害対策など、職務は多岐にわたっています。大切なことは強い意思とチームワーク。自分の得意な分野や興味のある分野で、あなたの活躍する場所が必ず見つかります。
**********************************************
Aコース(昭和61年4月2日以降に生まれ、大学卒又は平成32年3月末日までに卒業見込みの方)
男性 131名程度 女性25名程度

Bコース(平成元年4月2日~平成13年4月1日までに生まれ、Aコースの学歴に該当しない方)
男性 20名程度 女性5名程度

試験 5月12日(日)

詳しくは、こちからお問合せください。
千葉県警察本部 警務課 電話番号:043-201-0110 (代表)
または、山下課長がいらっしゃる銚子警察署にご連絡いただいても大丈夫です!銚子警察署 0479-23-0110

放送では、警察署各課のお仕事内容についてもお話くださいました。
警察官は男性だけでなく女性警察官も大募集中です。
放送はこちらから!
https://youtu.be/WjOJD7s17yQ(外部リンク)

次回4月の放送は、来週火曜日公開予定です!お楽しみに!

銚子警察署インターネットラジオ ☆を逃がすな!2月「1年を振り返って、そして今年!」移動交番

☆を逃がすな!2月は銚子警察署移動交番の皆さんにお越しいただきました!
1年間の活動を振り返り、それぞれに経験したことや感じたことをお話くださいました。

リスナーの皆さんには、ぜひ警察の皆さんのあたたかなお人柄と、地域の安全を担う熱い責任感を感じていただければうれしいです。

まずは、移動交番でできることをおさらい。
・各種届け出の受理や各種相談への対応
・子供たちの見守り活動や安全教室の実施
・高齢者への防犯講話や交通安全指導
・各種広報活動

ベテランリスナーの皆さんにはおそらくお馴染みかもしれませんが、移動交番には独自のキャラクターがちゃんと存在します。
その名も「いわっしー」君!&「いわしみず」さん。
もちろん銚子市の魚「いわし」にちなんで名づけられているそうです。
いわっしーくんの風船もあるそうですよ!

移動交番で一番感じたこととは、なんといっても人との関りだそうです。
千葉科学大のスターラビッツ、市役所、銚子電鉄、ウォッセなど多くの方々にご協力をいただいているそうです。

110番の日のキャンペーンにはウッド村ファームのリコちゃんも協力してくれたそうです。
リコちゃん、モデルさん体形で、制服がとてもお似合いだったそうです。
ちなみに、110番の日は、110番の適性利用を呼びかけるものです。
緊急性のないものは、#9110という専用ダイアルがありますので、上手に活用してくださいね!

今回の放送でご紹介いただいた市民の皆さんとの数々のエピソードはどれも印象的でした。


演歌歌手の松山恵子さんとの思い出を胸にしまっている男性のこと、大河ドラマで話題の韋駄天・金栗四三と競争したことがある!と94才の大先輩のことなど、本当に驚きました。
金栗四三さんが、銚子に来たことがあるなんて、全く想像もしませんでした。

昭和13年か14年の頃、当時の中学の各クラスからの代表者が出て、ヤマサ醤油前の公正市民館前から高神のお寺まで競争したそうですよ!

移動交番の皆さんが、思いもかけない銚子の様々なエピソードを引き出してくれることがうれしいですね!

ぜひ、ゆっくりと放送を聞いてみてください。
https://youtu.be/urtpsIRBMpg

冬の交通安全運動!銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」

銚子警察署「☆を逃がすな!」
9月銚子警察署で勤務されている宮内交通課長がはじめてお話してくださいました!
パーソナリティは、阿尾希世美さん(ボーモ阿尾取締役)

「銚子といえば、第一に「魚」、漁港のイメージがあり、魚料理はおいしいことに加え、他ではなかなか見ることができない風力発電機、屛風ヶ浦などの珍しい古代の地層、醤油工場など歴史ある建物も数多く所在し、見どころいっぱい」とうれしいコメントからスタートしました。

交通課長、という視点では、銚子は「新旧が共存した交通環境」と感じていらっしゃるそうです。

銚子駅を中心として、東西には国道356号線、南北には国道126号線という主要国道があるほか、海沿いにはドーバーラインのようなバイパスもあり、機能的な新しい道路がある一方で、市内には至るところに昔ながらの風情ある町並みが共存しているので、地元の私たちには、馴染みのある道路環境でも、市外から観光等でいらした方々には、慎重な運転が必要な場所もある、というご指摘はなるほど、と改めて感じました。

ルールを守る、お互いを思い合うことで、安全で快適な交通環境になり、それが安心できる安全なまち、という意味になるのだと感じます。

「冬の交通安全運動」は12月10日(月)~19日(水)までの10日間。
スローガンは「その一杯 愛車も走る凶器に 早変わり」

年末になるとお酒を飲む機会も増えます。「酒酔い運転」「酒気帯び運転」はもちろん、「車両等の提供禁止」「種類の提供禁止」「同乗の禁止」も心に留めておきたい大切なことです。

放送では、「酒酔い」と「酒気帯び」のおおまかな定義や、罰則の違いなど詳しく教えていただきました。
ぜひ、ご確認ください。

平成30年も残りあとわずか。交通安全は、一人ひとりの心がけと行動から!
良い年末、そして新しい年を気持ちよく迎えられるよう、忙しいとはやる時こそ深呼吸。
ホッとしながら笑顔で過ごしたいですね。

銚子警察署☆を逃がすな!11月「移動交番からのお知らせ」

銚子警察署インターネットラジオ番組「☆を逃がすな!」
11月のテーマは「移動交番からのお知らせ!」です。

市民にすっかりお馴染みになった移動交番!
カラフルな車体の移動交番車を見つけると、子どもたちから、ご年配の方までが気軽に立ち寄り、身近な話をいろいろと聞かせてくれるそうです。

番組では、初登場の移動交番勤務員の山本警部補、相談員の鈴木さん、そして女性警察官の須藤さん3名それぞれからお話をうかがいいたしました。


今年の3月から移動交番勤務をされている山本さん。
茨城県稲敷市のご出身です。
銚子警察署での勤務は2回目で3年目。
ずっと以前、昭和の終わりごろに4年間勤務されており、昔からのお知り合いもいらっしゃって、銚子のこともよくご存じです!

過去には自動車警ら隊に所属されていたこともあったそうで、その頃のちょっと怖いエピソードも教えてくださいました。
移動交番では「毎日が勉強」とおっしゃいます。
子供たちが事故に合わないためにどうしたらわかりやすく、安全の大切さを伝えられるか? お年寄りの方が詐欺被害に遭わないためには、どうしたらいいのか?など日々のニュース、事件事故発生や新しい手口などの情報を参考に、工夫してお話するように努めているそうです。

ところで、山本さんが手にもっているもの、なんだかわかりますか?
拡大することこちら!

実は、山本さん手作りの「とうがらし味噌」なんです。
山本さん「とうがらし味噌」マスターでもあります(^-^)
番組の中で、詳しくお話くださってますが、ネット上でも数多くレシピが公開されていますが、山本さんの「とうがらし味噌」は5年かけて納得する味にたどり着いたそうです。
番組終了後、早速いただきましたが、口に入れた瞬間のまろやかな甘さからぐっと辛さが際立ってやみつきになる味です。
移動交番車を見かけましたら、ぜひ「とうがらし味噌」のことを話題にしてみてくださいね!


そして今年警察官を退職されて、銚子警察で、移動交番相談員として勤務されている鈴木さん。
ご出身は福島県。過去には、マブチ事件や市橋事件など大きな事件にも携わっていたそうです。

そして、須藤さんからは、移動交番からの緊急連絡として千葉県警が「電話de詐欺は、電話de対策」をスローガンに各種講話をはじめとする注意喚起を行っているお話をうかがいました。

移動交番車には、詐欺に関するチラシや防犯啓発グッズ、詐欺グループと被害者の電話口でのやりとりを録音した音声や、詐欺被害に遭われてしまった方々の手記をまとめた冊子などが準備されているそうです。

番組を聞きました!と言って話かけていただければ、さらに詳しくお話を聞かせていただけるはずです。

安心と感じる暮らしには日常の会話の量がとても大切です。
先ほどの「とうがらし味噌」もそのひとつ。会話のきっかけは決して特別なものではなくてよいのです。
(「とうがらし味噌」は特別に美味しいですが♫)
ご家族同士の何気ない会話や、お隣近所の方々と笑顔でご挨拶する日常が、緊急時に必ずいきてくるのではないでしょうか。どうぞ、今日の番組も話題にしていただけましたら幸いです。

銚子警察署☆を逃がすな!9月「安全な毎日のために一人ひとりができること」

9月の銚子警察署☆を逃がすな! は、地域課 武田課長がお話されています。(告知が遅れてごめんなさい!)

パーソナリティは、阿尾さん。

地域課ならではの多岐にわたる異なる分野のお話の一つひとつを、市民の目線で丁寧にアドバイスしてくれる武田課長!収録では、穏やかでいて、ユーモアあふれる優しい語りがとても印象的でした。

防犯対策を含め、安心な暮らしには、誰かに言われたことをやらされているのではなく、一人ひとりが気づいて行動できること、情報を共有し合うことがとても大事、というお話です。

とはいえ、それは決して大げさなことではなく、例えば、この放送で知ったことを話題に誰かと話したり、家族や友人に伝えることから始めてみましょう、というご提案。

例えば、「最近、銚子では架空請求のハガキが多いらしいよ」とか、「玉砂利って音がするから泥棒も嫌うし、いいよね」とか生活の中の細やかな話を共有しながら、ちょっと困ったことがあった時には、一人で抱え込まずにまず相談してみよう思える雰囲気が生活に、地域に浸透すると良いですね!

放送はこちらから!

台風情報は新しいものを!銚子警察署インターネットラジオ「☆を逃がすな!」

台風情報が気になりますね。情報は常にあたらしいもの、信頼できるものを確認することが大切です。

現在、市内では雨、風が徐々に強くなってきていますが、報道では「今夜から」と言われているので、まだなんとなく外出できそうな気分になってしまう方がいるかもしれません。
「今のうちに」とか「早く済ませちゃおう!」とか。
それは、ちょっとストップです。
冷静に考え、今日はぐっと我慢しましょう。

今年の天候は、暑さも危険なほどでしたし、前回の台風のルートもいつも通りではありませんでした。
「今なら大丈夫?」の判断は危険です。

どうか「それ本当に今日じゃなきゃダメ?」と問いかけできるだけ外出せずに過ごしましょう!

関係各所の皆様。大変ご苦労様です。
作業等も、どうぞ無理せず、できるだけ慎重に。

本日8月8日の銚子警察署インターネットラジオは、14時から下記のURLから配信いたしました。
アーカイブで聴いていただくことができます。

http://www.ustream.tv/channel/sukikuru で配信!
https://www.ustream.tv/broadcaster/7413981

午後2時 銚子市では、台風の接近に備えて自主的に避難する方のために、市内6カ所の「自主避難所」を開設しています。
避難される方は、食料や毛布を持参し、身支度を整え、安全を確保の上、避難してください。
<銚子市自主避難所>
●第二中学校
●市体育館
●海上小学校
●船木小学校
●豊里小学校
●豊岡農村婦人の家

さて、放送の内容を簡単にご紹介いたします。
テーマは大規模災害(津波)対応について
山武警察署から3月に赴任されたばかりの沼山警備課長、パーソナリティはビーナスさわっちこと、澤田裕江さん(銚子大洋自動車教習所)です。

5月1日の妙見宮の富士まつりを皮切りに、7月15日の白幡神社の祭礼、21日は浅間神社、27日には川口神社祭礼、5日の神輿パレードと、お天気にも恵まれ、熱気あふれるお祭りが事故なく無事に終えて一安心の警備課から、9月1日「防災の日」に合わせ、8月30日(木)から9月5日(水)まで「防災週間」と位置づけているとのご紹介をいただきました。

市民として日ごろから心がけておきたいのは、「自分が住んでいる場所を正確に知っておくこと。」
そして、「どのように情報を入手するかを考えること。」とのこと。
銚子市では、防災行政無線、防災ラジオ、防災ちょうしメール配信を介して災害情報が発信されていますが、加えて、地域に暮らす方々とのつながりこそ、防災の備えの第一歩とのご紹介。大切なことと思います。

また、3月1日、6月1日、9月1日、12月1日の年4回の防災用品点検の日を活用して、以前の番組でご紹介があった食料備蓄のローリングストックという考え方を実践するのも意識の向上には効果的だと思います。

銚子では子どもたちを中心に理解が広がっている「稲むらの日」のお話、そして11月5日の津波防災の日のお話もありました。

首都直下型地震、南海トラフ地震による津波被害想定などから、まさに「備えあれば憂いなし」の言葉が浮かびます。
日ごろから「それが自分の命は自分で守る。命を守る行動を取る。」の気持ちで、一人ひとりが防災意識を高くもち、声を掛け合い行動することを改めて心がけていきたいと感じます。

銚子警察署☆を逃がすな!7月「落とし物、忘れ物を減らす環境づくりについて」

今月のご担当は、会計課 吉次課長。
パーソナリティは、ボーモ阿尾 取締役の阿尾希世美さんです!

テーマを見て、なるほど、と思いました。

忘れ物や、落とし物は、「本人の意識と行動の問題」とされるのが当たり前になっている気がします。
しかし、ご年配の方が増えている地方の都市では、「本人のせい」ではなく、「支えての意識」も含めて、大切な生活環境という視点が大切ですし、ますます求められてもいることと、と改めて感じます。

吉次課長は専門的な言葉で「施設占有者」への呼びかけをしてくださいました。

「施設占有者」とは、まちの商店、スーパーやコンビニなどお客様をお迎えする場所や、電車やバスなどの交通機関を管理している管理者のことですが、実際に銚子署管内の代表的な施設占有者である、JR銚子駅、イオン銚子店、銀行などからの忘れ物、落とし物の届けが多いそうです。

電話de詐欺の対策でよく言われることですが、日常のコミュニケーションが豊かであることが、犯罪を防ぐもっとも有効な手段!
実は、落とし物、忘れ物など身近な困りごとの解消にも、日常の生活インフラを提供する側のコミュニケーション意識が重要ということに気づきます。

誰もが気持ちよく暮らせる、気づかい、思いやりがそこここに感じられる日常が、安全で安心なまちの姿であると思います。


詳しくは放送をぜひ、お聞きください!

銚子警察署☆を逃がすな!6月 「未来を担う子どもを、みんなで守り育てよう!」

入梅いわしが美味しい季節です。

今月のテーマは「子どもの安全・安心」!
夏休みまであと1ヵ月。楽しい夏休みを迎えられるよう、安全対策についてお話をうかがいました!

 

ご担当は、3月8日銚子に赴任されはじめてのインターネットラジオ放送へのご出演の川本雄大生活安全課長。
パーソナリティは、阿尾希世美さんです。(ボーモ阿尾 取締役)

さて!

皆さんは「いかのおすし」というキーワードをご存じですか?
では、「ひまわり」はいかがでしょうか?

どちらも子供たちに覚えてもらいたい危険を回避するための「合言葉」です。

いか・・・「いかない」の「いか」 知らない人について「いかない!」
の・・・「乗らない」の「の」 知らない人の車には「乗らない!」
お・・・「大声を出す」の「お」 何かあったら「大きな声を出す!」
す・・・「すぐ逃げる」の「す」 怖い思いをしたら大人のいる方に「すぐに逃げる!」
し・・・「知らせる」の「し」 家の人、近くにいる人に「知らせる!」

わかりやすく、すぐに覚えられますね!
それでも、”お母さんが呼んでるよ!””犬を一緒に探してくれない?”など、言葉巧みに誘いかけてくることがあるかもしれません。
日ごろから、家族でしっかりとコミュニケーションをとり、知らない人にはついていかないようにしたいですね。

そして、もう一つの合言葉。
「ひまわり」のご紹介もありました。

ひ・・・ひとりだけになるところの「ひ」
ま・・・まわりからみえないところの「ま」
わ・・・わかれ道、裏道があるところの「わ」
り・・・利用されていない空き家や空き地があるところの「り」

これはいずれも、危険な場所です。
わかりやすく子どもでも覚えやすいですよね!

その他、子どもたちの目線になって、改めて通学路や生活道路などを大人が意識して見直すことの大切さや、大人自身が気を付けたい「電話de詐欺」のことなど、ぜひ放送をお聞きください!

銚子市内、昨年は統計開始以降、過去最高の21件も被害が発生し、被害総額も7千3百万円と高額だったそうです。
今年は被害の認知はゼロ件ですが、架空請求のハガキや、電話、メールなどの届け出は決して少なくないようです。少しでもおかしいな、と思ったら落ち着いて、家族、お友達、そして警察に相談しましょう!

Older posts