Category: 学生・おとなインターンシップ (page 2 of 6)

平成30年度 DELKUI2期生が地域に残してくれたもの

市内で偶然にお会いした受入れ企業さんに「日報ロスです」と言われました。
22日の成果報告会翌日、インターン生が銚子を発った後、事務局では報告書の作成に追われました。
事業を改めて振り返るともちろん課題はありますが、その価値に驚きます。
振り返りながら本事業の意義を検証していきたいと思います。

【地方創生インターンシップ DELKUI2期生 成果報告会】
日時:3月22日(金)午後5時~午後7時

場所:銚子市勤労コミュニティセンター2階

内容:外部人材を活用した事業力向上についての成果報告

【1】 企業:(有)ボーモ阿尾 インターン生:杉崎莉々(立教大学 経営学部経営学科 1年)

【2】 企業:(株)サントノーレ インターン生:内芝桃子(静岡大学 農学部 共生バイオサイエンス学科 修士1年) 及び、兼業・副業人材”YOSOMON”の活用を通して

【3】 企業:(株)浜鈴総芸 インターン生:奥村芙美子(公立鳥取環境大学 環境学科2年)/土門美菜(慶應義塾大学 商学部商学科 2年)

【4】 企業:(株)銚子大洋自動車教習所 インターン生:熊谷ほのか(横浜国立大学 経営学部 経営学科 2年)

【5】企業:櫻井謙二商店 兼業・副業人材”YOSOMON”の活用を通して

当日は関係者の他、地元銚子の中学生と高校生が参加してくれていました。
中学生、高校生の感想も心強くまた頼もしく感じられるものでした。
アンケートの一部をご紹介いたします。

<印象に残っていること>
・学生の方が考えているだけでなく、働いている人たちにも影響を与えていることがすごいと思いました。
・世の中にはいろいろなアイディアがあっておもしろいと思いました。
・学生だけでなく、企業にもメリットがある事なんだなと思った。また学生がいることで企業の雰囲気が明るくなるのは素晴らしいメリットだと思った。SNSの利用は現代社会に合っていると思った。
・どの学生も自分の課題について考え取り組んでいました。またその課題をひとつの視点から見て考えるのではなく、さまざまな視点から考え自分なりの答えを導き出していました。私は経済や経営の学部のある大学への進学を考えているので、今回の成果報告会に参加して良かったです。学生の考えた課題について、取り組むやる気など本当にすごいと思いました。皆さん、人前で自分の意見を堂々と述べていらっしゃいました!!

<インターン生へメッセージ>
・中学生として自分の地元である銚子の発展を目指して他の地域から1ヵ月間インターンシップ生として参加して頂いたことをとても嬉しく思います。色々なことを提案したり、自らの将来について考えることができるインターンシップを私も経験してみたいと思いました。ありがとうございました。これからも頑張ってください。
・限られた期間の中で仮説から実証、フィールドワーク、情報の整理など多くの量の業務をこなしてすごいと思いました。
・一人ひとりの発表内容が濃く、とても聞きごたえがあるもので、とてもおもしろかったです。1ヵ月おつかれさまでした。ありがとうございました。これからも頑張ってください。

<事務局_B>

☻ENTAKU1DAY 研修を行いました!(後編)

こちらの記事では、3月13日(水)に行ったENTAKU1DAY研修を「ENTAKU1DAY 研修を行いました!(前編)」に引き続き、後半の様子を紹介してまいります♪

円卓1DAY研修の後半のプログラムは以下の通りです!

〈円卓1DAY研修 後半プログラム〉

13:00~13:55 銚子私立第二中学校を訪問

14:30~15:30 ヤマサ醤油工場見学

16:00~17:00 市長との意見交換

 

では、銚子市立第二中学校で行った在学生とDELKUI生との交流から紹介させていただきます♪

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

【  銚子市立第二中学校を訪問 】

午後の部最初のプログラムは、銚子市立第二中学校の2年生の皆さんとインターン生での交流の時間です。

この時間は中学生の皆さんによる「365日の紙飛行機」と「ひまわりの約束」の合唱からスタート。

土門さん(浜鈴総芸)「中学生の合唱が本当に上手で、歌が始まった瞬間に泣きそうになりました。将来教師にでもならない限り、あんな経験はできないと思っていたので、今日のことはずっと忘れないようにしたいです。」

内芝さん(サントノーレ)「見ず知らずのインターン生に、手を抜かずに真面目に合唱してくれる素直さに驚かされました。」

 

合唱のあとは、各DELKUI生がそれぞれの企業で取り組んでいるプロジェクトの発表を行いました。

杉崎さん(ボーモ阿尾)「体育館での発表ということで緊張した」

熊谷さん(銚子大洋自動車教習所)「中学生にも私たちの活動を分かってもらえるように、丁寧に説明することを心がけて発表しました」

       

そして、対話の時間には、中学生から「どうして大学に入ったのですか?」や「銚子は不便じゃないですか?」など、様々な質問が飛び交いました。

中学生「なぜインターンで銚子にきたのですか?」

ーー熊谷さん(銚子大洋自動車教習所)「プロジェクト内容が自分の挑戦したいことにマッチしていたという理由もあるが、実際に銚子に来てみて、銚子で頑張ってる方と出会いお話しさせていただくことから、モノづくり・仕事に対する考え方やモットー、大事にしていること生き方 などを知ることができて『その考え方 見方があるのか』と思うようになった」

草野校長との撮影。

銚子第二中学校のみなさま、ありがとうございました。

 

 

【 ヤマサ醤油工場見学 】

つづいて、中学校訪問の後は、ヤマサの醤油工場を見学です。

工場の敷地内にあるシアターで動画上映鑑賞したのち、醤油ソフトとみたらしソフトをいただきました。

 

 

【 越川市長と意見交換 】

 

円卓1DAY研修の最後には、銚子市市長の越川信一氏とDELKUI生との意見交換を行いました。

この意見交換会で、DELKUI生の活動内容を中心に対話しました。昨年のDELKUI生とは違い、今年度のDELKUI生は市長との機会にあまり緊張せず取り組むことができたそうです。

杉崎さん(ボーモ阿尾)「市長さんのイメージが、THEシェアドリーダーシップという感じだった。」

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

円卓1DAY研修の1日で、銚子市の様々な側面を体験し、交流し、学ぶことで、地域を知ることができました。

ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

 

以上、円卓1DAY研修の紹介でした。

 

 

【インターンR】

☻ENTAKU1DAY 研修を行いました!(前編)

ENTAKU1DAY研修は、普段は各々の企業で業務に取り組んでいるDELKUI生が、まるっと1日で、5名全員一緒に地域を学ぶ日です♪

この研修は昨年度も開催し好評でしたが、今年度はより体験型のメニューを追加しバージョンアップしました。

1日の流れは以下の通りです。

 

〈円卓1DAY研修 プログラム〉

8:00~10:00 銚子漁港見学(第一、第二、第三市場)

10:30~12:30 キャベツ収穫体験・調理体験

昼食 C´s marina

13:00~13:55 第二中学校で中学生と交流

14:30~15:30 ヤマサ醤油工場見学

16:00~17:00 越川市長との意見交換

この記事では、前半プログラムの様子をDELKUI生の感想とともに紹介させていただきます♪

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

【 銚子漁港見学(第一、第二、第三市場) 】

   

午前8時 最初の訪問先、第一魚市場では水揚げ、第二・第三魚市場では魚種も豊富、活気ある市場の様子を間近に感じることができました。

 

奥村さん(浜鈴総芸)「第一漁港から第三漁港まで見た中で、第二漁港が一番楽しかったです。様々な種類の魚を見ることができた第三漁港も楽しかったもですが、大きな船からトラックに乗せるときの漁師さんの声のかけ方・動き方や、漁船を間近で見ることができました。」

杉崎さん(ボーモ阿尾)「魚をたくさん見れたのが一番楽しかった。」

 

【 キャベツ収穫体験・調理体験 】

つづいて、アフロきゃべつこと、Hennery Farm代表・坂尾英彦さんの畑でキャベツ収穫・調理体験。

実際に、全員アフロヘアになり、キャベツの大きさや硬さを感じながら手作業で収穫しました!

 

 

内芝さん(サントノーレ)「私は自分の体を動かして実際に触れて感じることが好きなので体験型であったことはとても楽しかったです。特にアフロきゃべつの収穫体験で『アフロを被るだけでこんなに面白くなるんだ!』というのがとても印象的でした。同じ収穫体験をするにしても、記憶に濃く刻まれる体験であったと思います。」

 

 

 

【 昼食  C´s marina 】

C’s marinaにて収穫したキャベツの調理と昼食です。

坂尾さんの奥様もご一緒していただき、内緒でお二人の馴れ初めも教えて頂きました…!!

 

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

以上、前編では、午前中の第一~第三漁港の見学とキャベツ収穫・調理体験を通して、大きな産業である銚子の漁業と農業を学んだ様子を紹介しましたがいかがでしたか?

引き続き、午後の第二中学校での在学生と交流・ヤマサ醤油工場見学・越川市長との意見交換の様子を「ENTAKU1DAY 研修を行いました!(後編)」で紹介してまいります! ぜひ、ご覧ください(^^)♪

 

 

【インターンR】

☻DELKUI2期活動中!ちょっと キックオフ研修を振り返ってみます!

円卓インターンの中島です!
DELKUI2期生は、今週それぞれのプロジェクトごとに中間研修が行われています。
これまでの活動を振り返る意味でも、私もちょっとスタートのところを思い出してご報告してみようと思います。

先月2月22日(金)
今年度は昨年度から1人増えたDELKUI2期の5人が銚子に集結、
キックオフ研修が行われました。

私も参加することができました。

このキックオフ研修は、DELKUIの5人に加え、この1カ月を共に駆け抜ける各企業の方々やコーディネーター・サポーター陣もかけつけ、実りあるインターンになるためをさまざまな角度から検証する機会でもあります。

プログラムには「人生モチベーショングラでお互いを知る時間」「どんなインターンが理想か?」「役立つビジネスマナーって?」の構成で、わたしは

 

プログラムの後半は、受け入れ企業さんとDELKUI生が改めて対話し、各企業でのゴール設定、プロジェクトの進め方などを相談します。
この対話の中では、家で調べた事や思っていたのと違う部分を発見。
最初に気づけてよかったという声もありました。(^^)/
今まで全く出会う事のなかった企業と大学生が出会い、同じ方向を向いて進んでいく1カ月です。直接会って、対話して、すり合わせることで、互いに安心・信頼してプロジェクトを進めていける大切な作業だと実感しました。こうして、DELKUI2期は、インターンとして最初の一歩を踏み出しました!! (^▽^)/

*番外編*
キックオフ研修の後には懇親会も開催!🍚🐟
銚子の美味しいお刺身と天ぷらに舌鼓♪DELKUI生は、各々の担当企業以外の方とも交流し、銚子の方々の面白さや優しさに触れてもらえたみたいです…‼‼うれしい!

また、その時に銚子信用金庫理事長の松岡さんがおっしゃっていた「女子は、頑張ろうと決めたら、頑張りすぎてしまう事がある。」という言葉が印象に残っています。
今期DELKUI生は、5名全員が女子!!!
銚子まで“インターン”をしに来て、周囲の方々がサポートしてくださるなか「頑張りたい」「成果を残さなきゃ!」などと思ったり、「○○さんに相談したいけど忙しそうだな」「最終的なゴール目標はあるけど、それまでの道筋がイメージできない…。」などと感じることがあります。そして、そこに悩んでいたら、プロジェクトがうまく進まないと焦るかもしれません。

でもそんなときにこそ、松岡理事長の言葉を思い出して、深呼吸して肩の力を抜くと、俯瞰して自分を見つめ直すことが出来るんじゃないかなと思いました。

私も

1カ月で、たくさんの初めて見る景色、たくさんの関わる人、たくさんの仕事、たくさんの美味しいべもの、そしてたくさんの経験をしたDELKUI生に出会えるんじゃないかとワクワクが高まります♪

 

3月22日(金)の成果報告会まで頑張るぞ―――!📣🏁

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

○DELKUI2期生 成果報告会
3月22日(金)17時~
銚子市勤労コミュニティセンター2階
どなたでもご参観いただけます!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【インターンR】

DELKUI2期生の目に映る銚子

2月24日、良く晴れた日曜日。
DELKUI2期生は、受け入れ先企業のひとつ「銚子大洋自動車教習所」さんが自社のプロジェクトと連動し実施された銚子観光ツアーに参加させていただきました。

09:10 インターン生ツアー出発
10:00 地球が丸く見える丘展望館

10:40 犬吠埼灯台

11:35 ハーブガーデン ポケットで昼食
13:05 wo’sse & ポートタワー見学
14:10 満願寺見学
15:05 銚子マリーナでジオパーク遊歩道見学


15:30 銚子海洋研究所のフリッパー号見学
16:19 銚子電鉄銚子行き乗車

16:35 銚子着 教習所へ

上記の写真はすべて、銚子大洋自動車教習所さんにインターン中の熊谷ほのかさんが撮影したものです。

熊谷さんは「銚子は本当に良いところ!地球展望館は、あの高さで、外の空気を感じながら自分がぐるっと一周回って地域の全体が見えるなんて場所、はじめてでした。

屛風ヶ浦の雄大さも圧倒されましたし、浜辺でみつけた小さな貝のカタチが砕けてなくてそのまま流れ着いていて、それは銚子付近の潮流と海岸の特長でもあるらしく、そんな発見も素敵だと思いました。」

「大学の学びの中で知った馬路村のワーキングホリデーに2週間参加したことがあります。その時も、とても良い経験ができたと感じました。
今回はより本格的な1ヵ月の実践型インターンですが、『銚子の魅力を外からの視点を含めて発見する』『合宿生に銚子の魅力が伝わる観光プランの作成』『銚子大洋自動車教習所を選ぶ決め手またはひと押しになる新しいPRコンテンツとしてHPに掲載する』という業務の目標と、『受け入れ企業さんとのコミュニケーションを大切にする』『計画的に行動する』『これまでの学びや経験のつながりを活かす』『インターン期間中に社員さん全員とお話しする』という自分自身の成長目標をもって前向きに取り組んでいきます!」と話してくれました。

DELKUI2期生の目に映る銚子は、どのような町に見えているのだろう?
その想像から気づくことが少なくなさそうです。

【事務局_B】

☻よろしくお願いします!銚子大好きNEW円卓インターンの中島です!

こんにちは!

そしてはじめまして。

昨日から銚子円卓会議のインターンに入りました、中島と申します^^

 

私は、神奈川県出身の大学2年生で、昨年度のDELKUI1期生です。(ちょうど1年前!)

その時は、銚子海洋研究所さんで1ヶ月インターンをさせて頂き、

たくさんの経験と成長をすると同時に、

たくさんの銚子の人・もの・空気・景色に出会い触れ合いました。

そして、気がついたら銚子が大好きになっていました!!(^▽^)/

 

今年は、銚子が愛おしすぎたのとDELKUI2期と仲良くなりたい・Cheerしたい思いが溢れ、インターンをさせて頂けることになりました・・・!

DELKUIインターンでは、“新たな環境”で期間限定の正社員として“仕事をする”という過程で

出会う感情や出来事はポジティブなものも、思うようにならないこともあるんじゃないかなぁ。と思います。

でも、その過程で自分自身が一皮むけたり、一つでもポジティブな思い出を今年もつくれたら幸せです。

・・・そして、その思い出をつくるには楽しくて、優しくて、豊かな銚子人の存在が掛け替えのないものです!!!

銚子には、出る杭を伸ばす風土がある!!!!

ので、昨年同様、まだはそれ以上に、

DELKUIメンバーは銚子で出会う方々と仲良くなりたい思っております(^O^)!

 

これから3月22日(金)の成果報告会まで、DELKUI2期のみんなと銚子人と歩んでければと思っております(^‐^)-☆

どうぞ宜しくお願い致します!

 

&

今まで記事を書いていたむっちゃんから無事業務を引き継ぎました!!

むっちゃんありがとう!!!

☆題名に「☻」のついている記事はインターンが書いたものです!

むっちゃんからの引継ぎ事項の一部でした!

 

【R】

 

 

☻DELKUI2期生全員集合!

こんにちは。

今日DELKUI2期生が全員到着します!

すでに業務を開始している人もいますが、5人全員が顔を合わせるのは今日が初です!

そして企業さんや銚子の関係者、DELKUI2期生が一堂に会する、キックオフ研修が明後日に迫ってきました。

わたしにとってはその日が最終日になります。この2週間は本当にあっという間で、たくさんの経験をさせていただきました。

ここでさせていただいた仕事内容は明日の投稿でシェアしたいと思います。

残り2日、全員がいいスタートダッシュを切れるように引き続きサポートを頑張りたいです。

写真は今日到着した(有)ボーモ阿尾にお世話になる杉崎莉々さん(写真右)です。

早速(有)ボーモ阿尾の阿尾さん(写真左)と事務局で打ち合わせをしていました(^^♪

業務後は親睦を深めようということで、「カレー女子会」を開催する予定です!

いろいろな話で盛り上がること間違いなしですね!とても楽しみです!

 

また明日もお楽しみに!!

 

【M】

☻DELKUI2期生との初対面!!

こんにちは。

昨日から続々とDELKUI2期生が銚子にやってきています!

出身地や大学が異なる同じ世代の大学生が集まるということで、とてもワクワクした気持ちでいっぱいです。

このインターンに参加することが決まってから、5名のDELKUI2期生それぞれのプロジェクトの内容について読ませていただきました。

率直に受けた印象は、私よりも銚子をよく知っている!ということでした。例えば、もちろんその受け入れ企業さんについてもそうですが、銚子市の魅力についてなどもです。

皆さんと一緒に自分自身も銚子を学びなおす、新たな良さを発見する時間にしたいと思います。

写真は昨日、DELKUI2期生の中で一番乗りで銚子に到着した

左から(株)銚子大洋自動車教習所でお世話になる『ほのぴー』こと熊谷ほのかさん、

そして(株)浜鈴総芸さんでお世話になる『ふーみん』こと奥村芙美子さんです!

お天気にも恵まれ、絶好のインターン生出迎え日和となりました。

銚子市という文字の下で撮りたいあまり、駅のトイレの前でというおかしな構図になってしまいましたが・・・

おふたりとも話しやすくふんわりとした雰囲気が印象的でした。

熊谷さんは今日から業務開始ということで、体調だけは崩さないように気をつけてほしいです。

一方で奥村さんは業務開始が相方の土門さんの到着後のため、数日間は一緒に事務局のほうで最終準備をしています。

そして(株)サントノーレさんでインターン予定の『うっちー』こと内芝桃子さん(写真右)本日到着しました。

苺の研究をしているといううっちーにはウエルカム苺を用意してお迎えしました!

みんな興味のある分野がそれぞれで異なり、初めて聞くような話や意外性を発見でき毎日がとても新鮮で楽しいです。

あと2名の到着も待ち遠しいです(o^^o)

 

またDELKUI2期生の近況などアップしていきます。

【M】

☻DELKUI2期生のキックオフまであと1週間!

こんにちは。

いよいよ地方創生インターンシップDELKUIのキックオフまで残り1週間となりました!

事務局は受け入れ態勢やインターンの宿泊先などの最終準備に追われ、あわただしい1日をおくっています。

昨日、このインターン生の受け入れ先の1つとしてご協力いただいている(有)ボーモ阿尾の阿尾さんや、昨年度の受入企業さんの(有)根本商店の根本さん、また地元企業で外国人の受入などにも詳しい(株)境の境さんにお会いする機会がありました。

大学生の私にとって、事業をされている方々と直接お話しする機会は全くと言っていいほどなく、今回のこの機会はたいへん貴重な経験になりました。

どの方も共通してお話しになられていたのは、「銚子のような外国人労働者を受け入れているところは、今後もっと言語や生活のサポートを仕事としてする人が必要になってくる。」ということでした。

今何を考えていて何が必要になってくるのかという声を、銚子の事業の最先端で活躍する方々から直接伺うことができ、自分自身の今後について考えるきっかけになりました。

また、ボランティアとしてではなくそれを仕事としてというのは、なかなか難しいのが現状であり、そのためにできることは何か、それを考えていくことがこれからの課題だと思います。

それではまた月曜日!よい週末をお過ごしください。

 

【M】

☻お買い物をするだけで銚子に貢献!?

こんにちは!

今日は改めて「犬吠WAONカード」について紹介したいと思います!
みなさん「犬吠WAONカード」はお持ちでしょうか?

犬吠埼灯台とハッピーワオンが目印のWAONカードです。

私が「犬吠埼WAONカード」を利用する理由について3つお話したいと思います。
まず、このカードを使ってお買い物をして頂くと、その金額の0.1%が銚子市へ寄付されます。
銚子市内のお店に限らず、全国どこでご使用になられてもです!

銚子市外に住む私のような大学生も、支払いの際に「犬吠埼WAON」を選択するだけで
気軽に銚子市の力になれるところに魅力を感じるからです。

2つ目は、事前にチャージ(=入金)を済ませておくだけで、キャッシュレスでスマートなお買い物ができます。

わたしはレジ前で小銭を探すとき、なんだかいつも焦ってしまいますが、WAONを使うとスムーズに支払いができついつい使いたくなってしまうところです。

最後は、地元銚子のオールスターズと呼ばれるお店では、犬吠WAONでお支払いいただくと地域通貨「すきくるスター」が貯まり、使えること!
使えるお店、オールスターズは「ちょうしノート」でご紹介中です。
そちらも併せてご確認ください。

 

本日の事務局の様子です。

今日はバレンタインデーということもあり、Sさんから頂いたアドバイスで、ガトーショコラを作って持って来ました。
なんとこれ炊飯器で作れるんです!

お菓子作りのプロKさんや甘いものには目がないNさんにも、美味しいの声をいただきとても嬉しかったです。

今日のステーションでは、インターン生準備のほか、犬吠WAONカードを使ったお得で楽しい企画について意見を出し合いました。

昼ごはんもみんなそれぞれお弁当を持ち寄って色々な話をします。いまわたしたちのトレンドは動物占いです(^^)

みなさんもぜひ調べてみてください。

またあした更新します。

【M】

Older posts Newer posts